FileZilla

晴れ6年くらい使ってきたFTPクライアント「NextFTP」。 とても使いやすいのだけど、ついにNextFTPから別のFTPクライアントに乗り換えるタイミングがやってきた。
乗り換えるFTPクライアントは「FileZilla」というもの。
オープンソースで開発されていて、マルチプラットフォームなFTPクライアント。

NextFTPのままでもよかったのだけど、SFTP未対応なのと、やはりマルチプラットフォームはありがたい。 使うOSが異なっても、FTPクライアント自体の操作はほとんど同じ操作で行うことができる。

FileZillaに乗り換えるにあたって、いくつか懸念点はあった。
まず、パーミッションの数値表記。 これはFTPサーバーによるらしく、数値表記のサーバーもあれば、rwx表記のサーバーもあった。 まぁこれはあまり使う箇所ではないので妥協。
他は、ダブルクリックの動作。 理想の動作としては、ローカルのファイルをダブルクリックしたら、関連付けられたプログラムで開く。 phpファイルやhtmlファイルの場合は、テキストエディタといった具合。 リモートのファイルをダブルクリックしたら、ダウンロードして開く。
FileZillaでは全く同じ動作は実現できず。
ローカルの動作は同じなのだけど、リモートの動作が違う。 テンポラリーフォルダにダウンロードして、そこで開いてしまう。 直接ローカルで指定したディレクトリに放り込んでほしいのだけど…… まぁこれは一度ダウンロードして、その後開く、という動作で対応することに。

そして、一番の問題点。 FileZillaから直接エクスプローラーを開きたい。
会社の人のマシンでは、ディレクトリを右クリックして「開く」でエクスプローラーが開くのだけど、その人以外の環境では何も起こらない。
何が違うのかわからず、結局今現在でもエクスプローラーを直接開くことができていない。

だが、だんだんFileZillaの素晴らしさがわかってきた。 慣れたらメチャメチャ使いやすくていいね、これ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。