はやり目 流行性角結膜炎 11日目

曇り7時位に起床。 だが、三女は妻に送ってもらうので、自分がこんな時間から起きている必要はない。 その為、8時前から二度寝して10時前に再び起きる。 自宅勤務なので通勤時間ベッドからパソコンまで3mの距離、なんなら少しぼーっとしていても全く問題が無い。 監視の目がないので、自堕落な人はひたすら落ちていくだけだと思うのだけど、自宅勤務はまだ1ヶ月だけど、こういう環境も1年半経つので、自分は自堕落では無いと思っている。
パソコンの環境だけど、3台目のモニタとしてつかっているやつ、スリープになると、電源が赤く点滅する。 仕事環境を寝室に置いているので、この点滅が夜鬱陶しい。 その為、仕事終わりにこのモニタの電源を切ることにした。 で、朝つけるのを忘れて、2台のモニタで作業している。 そして3台目がついていないことに気づく。 が、サブのサブくらいの扱いのモニタなので、別についていなくても、あまり影響が無いことに気づいた。 となったら、置いておくのも邪魔だし、撤去してしまってもよいかなぁ、とか思っていたり。
このモニタには、メーラーを置いたり、ログ流しっぱなしのコンソール置いたり、そういう放置するものを置いているだけなので、仕事が詰まっているときは必要かもしれないけど、そうでないときは完全に不要だな。 このモニタが無くなったら、配線が多少スッキリするのでどうしようか考え中。

夜は久しぶりにジョギングへ。 本当に久しぶりで、先週の水曜日以来となる。 1週間以上も休んでいたため、明日は筋肉痛になりそうだな、と思いながら走っていた。 8日ぶりのわりには、そこそこのペースを出すことができたが、後半は失速。 6kmを33分18秒で、キロ5分35秒ペースだった。

目の調子も素晴らしく、夜は盛大に夜更かしをしてしまった。 感染する可能性があるので、妻とも三女とも一緒に寝ておらず、寝室には自分ひとり。 そこにパソコンがあるので、楽しくお酒飲みながら、いくらでも時間を消費できて、寝たのは27時40分くらいになってしまった……

目自体は、右目に異物感自体は残っているが、痛みはほとんどなくなって両目を開けることができている。 ただ、左も右も視界がぼやけた感じは残っている。 左は瞬きを何度もすると視界がクリアになったりするので、単にゴミとかが残っているだけだと思う。 右はそうではなく、角膜の傷が原因なのか炎症が原因なのかわからないが、視力が全然無い。 視力測定とかしてないから具体的にはわからないけれど、スマホを手に持ってめいいっぱい伸ばした状態で、ロック画面の時刻を読むのがやっとのレベル。 右上に表示されている時刻はぼやけて全く見えない。 目が悪い人というのは、両目が常時このような状態なのだろうな。 自分の視力が落ちて、初めてそういう人の気持ちがわかる。 視力は回復するのだろうか。

はやり目 流行性角結膜炎 10日目

晴れ7時過ぎに起床。 現時点でも目の状態が全く変わらず、今日も目が開かない一日になるのかと思うと非常に憂鬱になる。 朝は目やにがびっしりとこびりついていて、きちんと顔を洗わないといけないのだけど、洗面所だと腰を曲げて何分もずっと顔を洗っていないといけなくて、その体勢がきついので、昨日から朝シャワーを浴びて、その時に顔を洗うようにしている。 早起きして朝ごはん食べたが、やることもないので8時過ぎから10時前まで二度寝していた。

仕事をしていくが、今日も非常に厳しい。 昨日病院に行った際「目薬がなくなるか、炎症が治まらなかったらまた来て下さい」と言われたのだけど、ネットで調べる限り、はやり目は医師から「完治」と言われるまできちんと病院に通わないといけないらしい。 周りにうつす可能性があるのも一つの理由だけど、角膜に傷がついて、そこが角膜混濁といって濁った状態になることがよくあるらしい。 それはきちんと治療しないと視力に影響を及ぼしたりするよう。 なので、もう病院に来ないでいい、みたいなニュアンスで言われたので、ちょっと不信感がある。 病院はメチャメチャ混んでいるのだけど、大体がコンタクトやメガネ関連の老人で、病気で来ていた人はほとんどいなかった。 なので、感染力が高いはやり目の患者が来るのが迷惑なのかなぁ、とか思ってしまった。
妻が別の眼科に通っていて、「すごい良い」と言うので、病院変えようかなぁ…… 自然治癒力に任せるしかないので劇的に回復はしないだろうけれど、何かしら目を開けられるようにする方法がありそうな気もする…… そんな事を思って、その眼科に電話して事情を説明したら、「12時までに来てもらったら午前中に診察できますよ」とのことだった。 今は11時過ぎ。 会社に断りを入れて、すぐにその病院に行くことに。 運転の距離がちょっと延びるが、そこはなんとか耐えて眼科に辿り着く。

感染するので、待合室は別室に案内されたが、看護師に細かく問診されて、先生にも細かく聞かれた。 角膜の傷は結構深くて「目を押さえつけてる?」と言われたが、そんなことをしてないし、なるべく触らないようにしている。 「眼帯つけてるとか、強く押さえつけないと、こんな傷つかないよ」と言われたのだが、心当たりが全く無い。 しいて言うなら、寝る時になかなか寝られず横になったりうつ伏せになったりしてるので、うつ伏せ時に目が圧迫されてたりしたのだろうか。
麻酔の目薬というのをさして、眼球に謎の液体みたいなのを擦りつけて、治療は終了した。 目薬は、前の眼科で出されたやつで問題ないので、それをそのまま使ってくださいと。
麻酔の目薬の効果は凄まじく、さしてから2、3秒後には目の痛みは完全に消えた。 こんなに即効性があるのか。 効果は30分くらいしか持たないらしいが……
麻酔が切れないうちに家に帰って、パソコンやったりするが、両目を開けていられるのが素晴らし。 言われた30分を過ぎて、目に異物感が戻ってきてしまったのだけど、痛みがあまりしなくなっている。 まだ麻酔の効果が少し残ってるのかと思ったが、夕方になっても痛みは少なくて、ずっとパソコンをすることができた。 目に塗ったのが何かわからないのだけど、それの効果だろうな。

目が元気になったので、夜は久々に走りに行こうと思ったのだけど、ちょうど雨が降ってきてしまって断念。 おとなしく風呂に入って、土曜日以来の夜パソコンをしていたら、24時半くらいまで起きていてしまった。 完全回復には程遠いけれど、寝たきり生活からは脱却できそうでよかった。

はやり目 流行性角結膜炎 9日目

晴れようやく眼科に行ける日がやってきた。 眼科まで直線の道路を1kmだけど、運転は大丈夫だろうか…… 眼科までの運転はなんとか大丈夫で、8時半に受付。 9時から診療なのに、もう10人以上老人が待っていた。 待合室で10分くらい待っていたら、受付の人に呼ばれて「今日車で来てますか?」と。 運転のこと言われるのかと思ってたら「呼びに行くので車の中で待っていてください」と。 感染するから待合室で待たれるのが不都合なのだな…… 自分的にも車のほうがシート倒して寝ていることが出来て楽なのでありがたかった。
9時15分くらいに呼ばれて診察室へ。 炎症がひどいのと、角膜に上の方にかなり傷が付いていて、これが目を開けると痛みが発生する原因となっているらしい。 だが、治療法はなく、待つだけしかない…… 追加で目薬が処方され「フルオメソロン 0.1%点眼液」というステロイド入りの、炎症を抑えるものが増えた。
先生が言っていたが、ステロイド入りの目薬さしても、炎症が引くのに2日くらいかかると。 目薬がなくなるか、炎症が治まらなかったらまた来て下さい、と言われて終わりになった。

今日の仕事はとても苦痛で、右目が開かないなか、ちょこちょこと作業をしていた。 左目も半分くらい霞んで見えるし、片目じゃ視野が狭くて非常にやりにくいし、目もメチャメチャ疲れて、全然仕事にならなかった。
夜も早く寝ようと21時にはベッドに入って目をつぶっていたのだけど、全然寝られず、結局寝たのは24時位になってしまったと思う。

はやり目 流行性角結膜炎 8日目

晴れ昨日と同じく、最悪な状況が続く。 しかも今日は妻が次女のバスケで大阪に行っているため、早朝から夜まで長男と三女の面倒も見ていなくてはならない。 子供たちは、自分が結膜炎で寝ているのを知っているので、子供たち同士で遊んでいたし、朝ごはんと昼ごはんは用意されていたので、それを食べていた。 夕方までは、昨日と同じくなんとか寝て過ごそうと努力する。
夕方になったのだけど、夕飯をしなくてはならない。 だけど、冷蔵庫の中には何もないし、買い物に行くこともできない。 子供たちにマルナカで買い物をしてきてもらうことに。 お弁当用のハンバーグとコロッケ8個とレタスを頼んで買ってきてもらった。 コロッケは「何でもいい」と言ったら、南京コロッケを買ってきてた。

買ってきてもらったもので軽い夕飯を食べて、夜も床に伏せる。 連日12時間以上寝ているため、今夜も全然寝られず。 iPodに落語を入れてあるので「富くじ」を聞いて、その次の「壺算」を聞いているうちにいつの間にか寝ることに成功していた。
だが、昨日と同じく、夜中に何度も目が覚める。 目が覚めると、太ももの付け根の裏が、成長痛のような謎の痛みに襲われている。 運動しなさすぎかと思って、寝ながら足を動かしたりして、少し刺激を入れたら数分は解消されたので、それで誤魔化しながら何度も寝て何度も起きてを繰り返す。

痛すぎて、左目しか開けることができないので、遠近感がわからない。 家の中でもつまづきそうになるし、物を落としやすい。 深夜の4時半にも目が覚めて、保冷剤を交換しようと冷蔵庫に向かったのだけど、途中に置いてあった子供用のイスが見えずに盛大に蹴っ飛ばしてしまい、足が痛かった。

明日はようやく三連休が終わり、眼科に行けるので、何か解消方法があればいいのだが……

はやり目 流行性角結膜炎 7日目

晴れ7日目にして一番きつい日となった。 朝起きた時に、目やにがびっしりとくっついていて目が開かないのはいつも通りなのだけど、右目を瞬きする度に、小石が目に入っているような異物感を感じて痛すぎて瞬きができない。 瞬きをする度に涙が流れる。 目に何か入っているのじゃないかと思って、何度も鏡みたけど何も入っていない…… 目薬を何度もさして流そうとしても何も変わらない。 もう目を開けていることができず、ひたすらベッドで寝ることしかできなかった。
目を閉じていても、眼球が動く度に痛みが走るし、最悪な状態だ…… しかも最近の夜は早く寝ているので、日中全然眠くなくて、寝付くこともできない……

ラジオでFM香川を流してそれを聞きながらひたすらゴロゴロしているが、辛すぎる…… いつからいつまで起きていて、いつ寝たのかもよくわからないような状態だけど、朝7時に起きてから夜ご飯食べる19時までのうち、5時間位は寝ていたかもしれない。 当然、夜も全然寝ることができず…… 保冷剤で目元を冷やしたり、頭を冷やしたりして、目の痛みを誤魔化そうとするがあまり効果はなく……

いつの間にか夜は寝ていたが、3時間おきくらいに目が覚める……

はやり目 流行性角結膜炎 6日目

晴れ丹後ウルトラマラソンの会場へ向かう予定だったはずの土曜日。 今日は一日中家で引きこもっているしかなかった。 最悪なことに症状は左目にも感染。 頑張って左目には感染らないように注意していたのに…… 眼科の先生に「左目に感染ったら同じ目薬をして」と言われていたので、今日から左目にも点眼していく。
両目ショボショボで、特に右目がヤバイ状態で、パソコンやったり昼寝をしたりして、なんとか一日やり過ごす。

Twitterではフォローワーさんが、丹後ウルトラマラソンの会場について盛り上がっていたりで、とても楽しそうだった。 日本海側の景色はとても綺麗だし、そこを走るチャンスを逃してしまったことが悔しい。 レースに参加できる人は羨ましいなぁ…… 次女の同級生のお父さんも100kmのカテゴリーで行っているはず、頑張ってほしい。

昼間や夕方に寝すぎて夜も全然寝られないので、お酒飲みながらパソコンやって、なんとか酔って寝ることができた。

はやり目 流行性角結膜炎 5日目

曇りときどき雨今日は金曜日だが、喫茶店には行けない。 三女が保育園で応募した、毎日新聞社主催の硬筆展で特選をとって、坂出市民美術館に飾られているのでそれを見に行かなくてはならない。 展示自体は昨日から日曜日までなのだけど、今日しか行ける日がなさそうなので。 人が多いと感染させてしまいそうで不安だが、展示物を触ったりしないし、どこにも触れないので大丈夫だろう。 坂出まで運転できるか不安だったが、涙を流しながらなんとかなった。

坂出市民美術館に来るのは2回目。 たしか長女も特選かなにかで飾られていたのを見に来た覚えがある。 ただ、特選と言っても、それほどたいした賞ではない。 下から銅賞、銀賞、金賞、特選。 特選の上はいろいろ名称があるが、5つくらいあったと思う。 そんな展示を30分くらい見て来た。
帰り道も涙を流しながら帰宅。 仕事も涙を流しながら仕事をしてた。

そして、今日は丹後ウルトラマラソンを棄権することを決めた。 坂出まで往復運転したけれど、非常に厳しい道のりだった。 これが、京丹後まで片道200kmだし、途中で止まることのできない高速道路だし、辿り着くだけで非常に困難。 それに宿泊の問題もあるし、肝心のレース中も目の具合がわからないし。 なので、もろもろキャンセル手続きをする事になってしまった。
オフィシャルツアーで申し込んだ前泊は、催行日前日の為キャンセル料金が40%かかる。 当日のレース後には豊岡市で宿泊しようとしていたのだけど、Booking.comで予約していた為、2日前だとキャンセル料100%かかる。 大会自体も事務局に連絡して「DNSする」と伝えて、参加賞等はレース後に送ってくれるとのことだった。 昨年は台風の影響で中止、今年は自分の体調不良による棄権。 まさかの2年連続参加できない事になるとは…… フルマラソン以上の距離のレースへ挑戦できるのはいつになるだろうか……

夜もやることがないため、お酒を飲んで早々に寝る。

はやり目 流行性角結膜炎 4日目

曇り今日は三女の眼科の日。 三女の目はもう治っていると思うのだけど、自分の目がやばい。 右目が真っ赤に腫れていて充血しているので、眼科で指摘されそうだ…… 診察してもらった結果、三女のはやり目は治っているとのこと。 念の為「日曜までは、夜1回目薬をして下さい」と言われて、治療は終了となった。 自分の目はやはり看護師にしてきされ「お父さんも感染ってるね、どこか病院行ってる?」と聞かれてしまった。
三女を保育園に送っていって、自分は家で仕事をする。 今の所、はやり目だけど、軽い異物感と軽い痒み、とは眼圧が高いのか、眼球がパンパンになってるような感じがするが、それ以外は特に不都合もなく、仕事やパソコンをするのには特に影響はないので助かっている。

夜は、さすがに症状が重くなってきたのでジョギングは無し。 そして、そろそろ決断をしなくてはならないのだけど、丹後ウルトラマラソンに出場できるだろうか??
出場自体は強行すれば行けるだろうけれど、問題は京丹後までの運転と、大会前日にオフィシャルツアーで申し込みした宿で宿泊するのだけど、それが2~4人の相部屋となっている。 それがかなりネック。 自分的には相部屋でもいいのだけど、相部屋の人からしたら、感染症の人が同室だったら非常に迷惑だろう…… まぁ最悪宿泊だけキャンセルして車中泊とかでもいいのだけど、それも含めてきちんと考えないといけないな……

さしている目薬は「レボフロキサシン点眼液1.5% わかもと」というジェネリックの商品。 先発薬名は「クラビット」という商品らしい。 この目薬は「細菌を殺し感染を治療する目薬です」と説明が書かれている。 ウイルスには直接効果はないが、他の症状など二次感染を起こさないための目薬らしい。 果たしていつ治ることやら……