アデノウイルスの不思議

曇り目の状態が一向に回復しない、というか徐々に悪くなっていっている。 「発症から7~10日でピークを迎える」みたいなことが書かれていたのだけど、今まさにその通りに事が進んでいる。 三女は目が真っ赤になった翌日に病院に連れて行って、2日後には充血はかなり治っていたのだけど、大人と子供の免疫力の違いなのだろうか……
しかし、こんなに医学が進んでいるのに、結構メジャーなはずのウイルス「アデノウイルス」に効く薬がないっていのうが信じられない。
Wikipediaで調べると、80nmという極小のウイルスの形が鮮明に写真に撮られていたり、構造がきちんと説明されていたり、遺伝子のコピー方法とかまで書かれていて、かなり解明は進んでいるような気がするのだけど…… 構造とか全て知っていても薬は開発できないようなものなのだろうか……

お昼は昨日放送された、サッカーの日本対コスタリカを見ながら食べる。 日本は森保一監督になってから初めての試合。 ワールドカップを戦ったメンバーはほとんど招集されず、一気に若返りを図った日本チーム。
一方のコスタリカもワールドカップから一新を図り、メンバーのほとんどを変えてきた。 コスタリカには、レアルマドリードで活躍しているキーパー「ケイラー・ナバス」がいるので、彼のプレイを見られるのかと思って期待していたのだけど、どうやら代表に招集されなかったみたいだ……
しかし、レアルマドリードはすごい。 世界一のお金持ちチームなのもあって、世界最強クラスの強さなのだけど、ワールドカップを終えてから、ゴールキーパーにベルギー代表のクルトワが加入した。 ワールドカップでは最優秀GKにも選ばれているし、日本戦では強敵だった。 そんな世界最強クラスのキーパーを2人も揃えている。
思い返せば前々回のブラジルワールドカップでも、日本と対戦したコロンビアで大活躍したハメス・ロドリゲス、ドイツ優勝の立役者であるクロースを、ワールドカップ直後に獲得するなど、旬な選手をすぐに獲得している。
こういう戦略はソフトバンクと似ている。 ソフトバンクと言ってもスポーツチームではなく、携帯電話会社の方。 旬な俳優をすぐにCMに起用する手法。 お金があるからできる事で、ちょっとずるいなぁと思う。

夜は軽くジョギングへ。 丹後ウルトラマラソン直前で、今日は3.8kmを意識してゆっくり走ってきた。 3.8kmを24分43秒で、キロ6分29秒ペースだった。
今夜もマインクラフトやったが、目が微妙なのと日々の疲れのためか、プレイ中に猛烈に眠くなり25時15分くらいに就寝。

MISTを読み終えた

晴れ三女を保育園に送っていった後は、マクドナルドで読書。 先週からずっと読んでいた「MIST」をようやく読み終えることができた。 が、結末はあっけない終わり方だったのが少し残念。 殺人事件がメインの話だけど、ハイカラ堂がどうなったのかが、数文字で描かれているだけで、もっとその辺りにも触れてほしかった。

夜は自転車のトレーニングへ。 最近週1ペースになっているバイクトレーニングだけど、今日はランだと疲労が蓄積するのでバイクで慣らす目的でバイクにした。 レースが近いので、トレーニングしつつ疲労を回復しなくてはならない。 ケイデンスはそこそこ意識しつつ、だけど疲れたらいけないのであまり追い込めず。
32.6kmを1時間18分08秒だった。 不思議なことに、自転車で走っている間は、目の不快感がかなり減少しているような感じがした。 スポーツのアドレナリンとかで興奮しているからだろうか? それとも運転操作などに気を使って、目にまで気が回ってないのだろうか…… よくわからないが、トレーニング中はマシなのは良かった。

夜は妻が作った梅酒を飲みながらマインクラフトやっていたが、目に負荷をかけるゲームも止めたほうがいいのかなぁ。 だけど、スマホもTVも本も目に負荷をかけるので、負荷をかけないものって筋トレとか寝るくらいしかない気がする。

歯医者と眼科

曇り今日は9時から歯医者の予約を入れていたので、いつもより早めに家を出て、三女を保育園に送っていき、すぐに歯医者へ向かう。 約1年ぶりになってしまったが、歯の定期検診にやってきた。 電動歯ブラシの技術を借りながら、きちんと歯磨きしているつもりなのだけど、一箇所小さな虫歯が発見された。 最初院長が全部の歯をざっと見渡して、その後副院長が歯茎のチェックをして、最後歯科衛生士が歯石取りをしていたのだけど、その歯科衛生士が発見した。 先に診た先生方は発見できなかったのに。 小さな虫歯なので麻酔なしでやられたが、削ってる時痛かったなぁ…… といっても、20秒くらいだっただろうけれど……

その後、仕事をしていたのだけど、昨日から調子が悪い目が原因で、あまり仕事にも身が入らなかったので、業務時間中だけど断りを入れて眼科に行くことに。 家の近所の眼科に行ったのだけど、11時50分くらいに受付をしたのだが、呼ばれたのが12時40分で、診察・薬を処方してもらって、帰宅したのは13時20分だった。 メチャメチャ混んでいたので……
結局三女と同じ「はやり目」だった…三点 多分、三女から感染したのだろうな。 潜伏期間が7日間くらいあるし、「アデノウイルス」の特効薬がないため、直接ウイルスを殺す目薬ではなく、他の病気にならないように「殺菌」する為だけらしい。 しかし「ウイルス」って不思議だな、特効薬がないのが多いのね。
つい数年前に話題になった「エボラ出血熱」「ジカ熱」「MERS」「SARS」等、これらはウイルスが原因なのだけど、特効薬が見つかっていない。 そのため、感染したら自分の免疫力を上げて自然治癒を待つしかない。 「アデノウイルス」は、先述したウイルスのように、死亡したり重篤化はしないけれど、同じように特効薬がないので、待つしかない。 免疫力を高めるために栄養のある食べ物を食べて、多く睡眠をとって、疲れるようなことをしない…… そんな江戸時代みたいな事をして治さなくてはならない……

次女も体調不良で家にいるのだけど、昼過ぎからは次女を病院に連れて行かなくてはならなくなった。 既に仕事を1時間半も抜けているので、さらに抜けるのが非常に微妙だった……

目の調子は悪いが、体の調子は悪くないので、夜はジョギングへ。 新しいプーマの「スピードライト」を履いての初ジョギング。 足入れ感覚はメチャメチャ良くて、全然ストレスを感じない。 だが、走り出してみたら3kmくらいで、左足の裏の筋が張り出して痛くなった。 これが靴が原因化どうかの因果関係は、1回走っただけじゃわからないが……
9.6kmを52分35秒で、キロ5分29秒ペースだった。

大雨のこどもの国

雨今日は朝から激しい雨が降っている。 雨でも遊べる、こどもの国に長男と三女と行くことにした。 マルナカで飲み物やお菓子を購入して、図書館で予約した本を受け取ってきた。
今回借りたのは「白銀を踏み荒らせ」「スパイクス」の2冊。
「白銀を踏み荒らせ」は、雫井脩介の作品で、先日読んだ「栄光一途」の続編にあたる作品らしい。
「スパイクス」は、あさのあつこの作品で、これもだいぶ前に読んだ「ランナー」の続編にあたる作品。
どちらも、続編だが、それぞれ面白かった作品の続きなので楽しみだ。 その前に「MIST」を読み終えなければいけない。

大雨だけど、こどもの国には思っていたより人がいた。 「クレヨンしんちゃん」のプラネタリウムが見たいと言われたが、上映は14時半から。 まだ12時前なので、だいぶ時間があるな。 美術工房、科学工房で作品を作って遊んだり、双眼鏡で飛行機を見たり、音楽ルームで遊んだりして時間をつぶす。
13時半からはイベントで「忍者ごっこ」みたいなのがあったので参加してきた。 忍者の動きをした軽い体操みたいな事をやったり、館内に逃げた悪い忍者を探したり、1時間くらいとても楽しそうに参加していた。
「クレヨンしんちゃん」のプラネタリウムを見終えてから帰宅。 雨はだいぶ小降りになっていた。

帰ったら長女の友達が遊びに来ていて、なぜか泊まるらしい。 夕飯は、キャベツと肉団子のケチャップ炒めみたいなものと、何品か作って食べる。

今日は夕方くらいから、目に違和感を感じていた。 もしかしたら三女の結膜炎が感染ったのかも…… 症状が明らかにそんな感じだ……
明日は9時から歯医者の予約を入れてあるので、早く家を出発しなくてはならない。

プーマ スピードライト

曇りときどき雨今日は三女のスイミング。 スイミング後は、くら寿司へお昼ご飯を食べに行く。 昨日三女に「明日スイミング終わったらお寿司食べたい」と言われたので、E-PARKで予約しておいたのだ。 寿司を食べるので、いつもスイミング後に食べているセブンティーンアイスは無しになったけれど。
くら寿司では2人で14皿+味噌汁で1600円くらいだった。

その後は文房具を買いにレインボー通りの「文具マイスター Papier」へ。 もともと「文具生活」だったお店。 内装はそのまま、店名だけ変わったみたい。 前はフランチャイズかチェーン店だったと思うのだけど、独立でもしたのだろうか?
幼稚園で使っている消しゴムが行方不明になったので、それを買いに来ただけなのだけど、小麦粘土のお弁当が作れるセット、みたいなおもちゃが売っていて、それが欲しいと言い出した。 結局それを買ってあげたのだけど、代わりに消しゴムはキャラクターのではなく、ただのピンクのカバーがしてあるだけのやつになった。 が、それで納得していた。 よほど小麦粘土のお弁当が作れるセットが欲しかったのだろうか。
全然関係ないけれど、店の前にはスマホを持った大量の人たちが。 どうやらポケモンGOでイベントがやっているらしく、伝説のポケモンが入手できるみたい? ポケモンGOがリリースされた直後は夜なのに店の前に100人近く集まっていたのを彷彿させるような光景だった。

次はスポーツデポでジョギングシューズを見る。 丹後ウルトラマラソンのシューズ、やっぱり購入することにした。 グレードはサブ4レベルのもので探していて、一番しっくりきたのが、プーマの「スピードライト」というモデルで、幅が3Eのやつ。 サイズは悩んだが、ちょっと大きめの28.5cmにした。 値段も9,000円くらいとアシックスやナイキの同グレードと比べればお手頃価格。 プーマは、ジョギングシューズ界隈ではメジャーなシューズではないが、個人的には結構相性がいい感じがする。
プーマ スピードライト

家に帰ってからは、さっそく小麦粘土で遊んでいた。 箱の見本はさすがに綺麗にお弁当が作られているのだけど、いざ作ってみると、なかなか難しいらしい。 型があるので形を作るのは簡単なのだが、粘土をその型から取り出すのが難しい。 爪楊枝で取ると微妙に崩れる。 説明書には「他の粘土をくっつけて引っ張って取る」と書かれていたが、全然取れなかった。

今日はトレーニングに行かず、帰ってきた15時位から、夕飯とお風呂を挟んで、26時半くらいまで、ずっとパソコンをやっていた。 今作っているものがあって、ひたすらPhotoshopとかを触っていた。 普段はテキストエディタがメインの道具なのだけど、今日は色の付いているアプリケーションを触っていたので、とても疲れた……

雨の中軽くジョギング

曇りのち雨今日は金曜日なので、いつもの喫茶店でいつものモーニングを食べる。 本は池井戸潤の「MIST」というのを読んでいるのだけど、どんどんと人が死んでいってやばい。 池井戸潤の五作品目の本なのだけど、銀行がほとんど絡まない本格的なミステリー作品となっている。 ただ、ここまで読んだ印象だと、本格的な推理ミステリーよりも、池井戸潤の知識や経験をふんだんに活かした銀行が思いっきり絡む系の話のほうが面白い感じがする。 本格的な推理ミステリーは、猛者がたくさんいるので、そこで競い合うのは大変だろう。 読んでいて、面白いは面白いのだけど、秦建日子の推理ミステリーのように、軽い感じがする。 秦建日子のように軽い感じだけど、軽い方に突き抜けているのは、それはそれで面白いし、雫井脩介や堂場瞬一のように本格派だと読み応えがある。 まぁ自分がどうのこうのいう問題ではなく、その後の池井戸潤の作品は銀行系に思いっきりシフトしているので、初期の作品だし、作風が定まっていなかっただけなのかもしれない。
モーニング

夜は自転車のトレーニングに行きたかったのだけど、雨のため自転車は断念。 軽くジョギングだけすることにした。
ポツポツと雨の降る中、3.8kmを22分49秒で、キロ6分01秒ペースだった。

今日は金曜なので、明日は9時半くらいまでに起きればいいので、楽しく夜更かしをしていた。
パソコンやったり、パソコンでゲームやったりで、26時半くらいに就寝。

靴の選定に悩み中

晴れ朝は三女の眼科へ。 結膜炎はだいぶマシになってきたのだけど、朝起きたときは目が赤くなっている。 もう少し目薬をさし続けないといけないみたい。 ただ、病院の先生はビックリなことに、もう1週間保育園を休ませろと…… たかが結膜炎、と言ったらいけないのかもしれないけれど、結膜炎で2週間も休ませるなんてとんでもないな…… 保育園の先生は結膜炎になっていることを知ってても「休んで下さい」とは言わないし。 目薬が無くなりそうだったので、追加でもらって、「また来週来て下さい」と言われたけど、もうこの病院行くの止めようかな。

夜はジョギングへ。 丹後ウルトラで何のシューズを履くか、まだ悩んでいる。 持っている2足の靴のどちらかで挑むか、時間が無いけど新しいシューズを買うかの3択。
持っている靴で行く場合、数々のマラソン大会で活躍してくれた、ナイキの「エアペガサス33」か、プーマの「スピード300 RS イグナイト」のどちらかになる。 もう1足、アディダスの靴も持っているが、それはサイズが微妙に小さくレースには向かない。
エアペガサス33は、今までの信頼性が抜群なのだけど、走行距離が600kmを超えていて少々不安。
スピード300は、走行距離が500kmを超えていて不安なのと、そもそもスピード重視の靴なので、ソールが薄い。
ここ最近の普段の練習ではスピード300を履いていて、足にはとても馴染んでいるのだけど、60kmのレースにその薄さの靴で耐えられるかがわからない。 もしかしたらフルすら耐えられないかも知れない。
となると、走行距離がより不安だが、ペアペガサス33かなぁ、と思っている。

そんなわけで、今夜は久しぶりにエアペガサス33を履いて走ってみることに。 だが、走ってみて愕然とした…… 最近軽い靴ばかり履いていたため、エアペガサスの靴の重みを感じて、ゆっくり走っているだけなのにとてもきつかった。 片方の靴自体の重さは、エアペガサスが310gくらい、スピード300が240gくらい。 たった60gの違い、されど60gの違いはとても大きく感じてしまった…… もう一度走ってみないとわからないかもしれないけれど、今の時点でエアペガサスで挑む可能性は低くなった。
ますます靴の選定ができなくなってしまった。 3.8kmを23分15秒で、キロ6分11秒ペースだった。

その後は、妻が作った梅酒が出来たみたいなので飲んで見る。 すると、色は薄いが普通の梅酒で美味しかった。 5Lくらいあるのかな、糖分が多そうだけど、しばらくお酒の心配はしないで良さそうだ。
その梅酒を飲みながら、今夜は普段あまり触ることの無いPhotoshopを使った作業を3時間くらいやっていた。

体が重い12.1km

晴れ関空に取り残された人たちは、神戸空港と関空を往復するフェリーで救出が始まったみたい。 フェリーは110人乗りで、取り残されている人は5,000人。 メチャメチャ時間がかかりそうだが…… 「希望者は」ってなっていたので、希望しない人は関空に留まることもできるらしい。 午後になって、橋が通れるようになって、食料の輸送やバスでの救助もされるようになった。 ただ、空港自体は全便欠航で再開の目処はたっていない。 破損した橋もどのように修理するのか、鉄道も影響受けているだろうから、そちらもどうやって修理するのだろうか。

夜はジョギングへ。 出だし1km走った時点で体が重く6分もかかったので、今日はダメだと思った。 だが、ダメでも走らなければいけない状況は、大会では多々あるので、頑張って12.1km走ることにした。 ペースは意識せず、なんとか走り切ることを目標にする。 8kmくらいで結構疲れてきて、9kmくらいでお腹が痛くなりだしてきた。
なんとか走りきって、12.1kmを1時間08分37秒で、キロ5分42秒ペースだった。

その後は、下痢になってしまい、夜はトイレで苦しんだ…… パソコンもテレビも見られず、苦痛な夜となった。