ものすごく寒い一日

曇りときどき雨今日はものすごい寒い。 朝は会社に行くとき強い雨が降っていたのだけど、しばらくしたら青空になったりと変な天気だ。

お昼は本を読んでいたのだけど、途中で眠くなって寝てしまう。
この本、アメフトの話だと思ったのだけど、短編集で、「高校野球」「アメフト」「マラソン」「ラグビー」「プロ野球」の話が詰まっていた。 アメフトとラグビーはルールもよくわからないし、あまり面白くなかったけど、それ以外は読んでいて面白かった。

夜はジョギングへ。 寒いので行くのをどうしようか考えたが、2月最終日だし頑張ろう。
3.8kmしか走らなかったが、20分17秒、キロ5分20秒でゴール。

あっという間に冬が終わって、明日から3月だ。

ストライダー

晴れ今日は一日子守。 次女をバスケに送っていかなくてはいけなかったので、7時40分くらいに起きた、眠い……
次女を小学校まで送っていった後、三女と「源平うどん」で朝ご飯。 いったん家に帰って、少し時間を潰してから、長男と三女とおもちゃを買いに行く。

ストライダー」が欲しくて、売ってそうなトイザラスに行くが売っておらず…… スーパー主催の縁日みたいなのがあったので、くじをやったり、釣りをやったりして楽しむ。 それからゆめタウンへ。 おもちゃ売り場を見るが、ストライダーは売っておらず。
ムラサキスポーツに行ってみたら、1色だけ売っていた。 話を聞いたら、3月上旬にモデルチェンジするらしく、現行モデルはほとんど品切れらしい。 色はオレンジかピンクが良かったのだけど、今日手に入れたかったので、残っていた緑色でいいや。

買い物を済ませた後は、フードコートでお昼ごはん。 リンガーハットの長崎チャンポン麺2倍に、チャーハン餃子セットをつけて3人で食べる。 ちょうどいい量だった。

家に帰ってから、三女にストライダーの練習をさせるが、なかなか難しいのと怖いので、上手く乗れないらしい……
しばらく練習すれば、乗れるようになるかな。 これに乗って遊んでいると、自転車で補助輪取れるのがスムーズにいくらしい。

夜は家族で「風風ラーメン」へ、10週年記念で、特定のラーメンが390円だった。 油そばの大盛りを食べてお腹いっぱい。

夜はジョギングへ。 6kmを33分37秒、キロ5分36秒ペースだった。 昨日の登山で足が筋肉痛になっていて、全然ペースが上がらなかった。

スマホが壊れているため、ご飯の画像を全然撮れないな。 電話用のスマホがあるのだけど、これで写真撮っても、PCに共有させるのが面倒…… もうじき新しいスマホが手に入るので、それまでの我慢だ。

【愛媛】瓶ヶ森【西之川ルート】

晴れのち曇り金曜の深夜24時40分くらいに家を出発。 近くのハローズで買い物をしてから山に向かう。 最初から目的地までたどり着ける予定もないので、明日の朝ごはんを西条の「なか卯」で食べることを前提に、高速のパーキングエリアで仮眠になるかな。
できれば、西条直前のパーキングエリアまで行きたいが…… 高速に乗って西条を目指す。 が、豊浜SAに着いた時はもう眠くてやばかった…… 豊浜SAでトイレに行って、無料のお茶を飲みまくって目を覚ます。 寝るには豊浜は早過ぎる……
そのまま、上分PAを通過し、西条直前の入野PAまでやってきた。 ここで朝まで寝よう。 仮眠中のトラックが大量に止まっていた。
朝7時半に目覚ましをかけて、エンジンを切って、ダウンジャケットを来て、毛布をかけて就寝。

寒くて何度も目が覚め、朝のアラームに起こされる。 眠かったが寒くて起きるしかなかった。
よく考えたらなか卯に行く時間もなさそうなので、コンビニでパンとおにぎりを買って、登山口に向かう。
石鎚山ロープウェイの駐車場を通過して、西之川へ。 そのまま直進して、林道へと入っていく。

今までは林道に入る直前にある空き地に止めていたのだけど、去年くらいから閉鎖されてしまって、止めることができなくなってしまった。 林道は悪路なので、あまり走りたくないのだけど…… しばらく走ると赤谷がある。 緑の森の中に茶色の岩がゴロゴロしている。 周りが緑なので、茶色じゃなく赤くみえるほど、色鮮やか。 そのすぐ先に、路肩が広くなっている場所があるので、そこに駐車して登山の準備をする。 今日は冬山フル装備で挑む。 てっきり雪はほとんど無いと思っていたのだけど、道中見えた石鎚山が思っていたよりも白かったので、上の方は雪がある模様。
駐車地点 赤谷

登山の準備をして出発。 まずは名古瀬登山口まで。 いつも止めていた広場からだと歩いて40分くらいかかるのだけど、ここからだったらもう近い。
すぐに登山口まで到着。 さて、瓶ヶ森に登って行こう。 登山口から急な道を登って、しばらく歩くとまた林道に合流。 林道を歩いて、また登山道へ。 ここからはずっと山道となる。
まだ雪は無いので、普通に歩いて行く。 だんだんと雪が出てきた。 十郎アレに新しい太いロープが設置されていた。 そして、そのロープを使わないと登れないほど斜面は崩落していた。 さて、ここから常住まで、グネグネと高度を上げていく。 一気に汗が噴き出してくる。 今日は暑い……
名古瀬登山口 林道合流 雪が出てきた

常住に到着し、少し休憩をする。 雪も出てきたし、ここでスパッツをつける。 アイゼンはいらないかな。
スパッツを装着して、次は鳥越までの道を歩いて行く。 途中で涸れ沢を登って行く道に変わる。 何度も歩いて見慣れた景色だ。
そしてすぐに鳥越まで到着。 ここまでは問題ない。 問題はここからだ。
常住 登山道 子持権現山 登山道 涸れ沢 巨大な岩に矢印 涸れ沢 鳥越 鳥越

ここから瓶壺までの区間、夏場のコースタイムが1時間となっている。 が、高低差は450mほどあり、谷の右側を歩く前半と、谷の左側を歩く後半で、内容ががらりと変わる。 谷の右側は比較的緩やかな上りがグネグネと続いていく。 谷を渡ると、今度は一直線に登る、ものすごい急な道へと変わる。 2年前の冬場に登っているが、この区間はかなり苦労した。

今回は雪はそれほどでもないから、なんとかなるか。 まずは右側の区間、雪で少し滑りながら登って行く。 途中にあった大木またぎがなくなっていたり、少し道が整備されているような感じだった。 そして谷の左側へ。 一直線に登って行く。 ところどころ立ち止まって休みながら。
鉄のはしごを通過して少し進むと、新しい木の階段が設置されていた。 それを使ってどんどんと登って行くと、また新しいロープが設置されていた。 誰かが整備してくれているのだな、ありがたい。 そして、思っていたよりは苦労せず、瓶壺まで到着。 水は想像していたよりは冷たくなかった。
石鎚山 通りやすくなっている 氷筍 鉄のハシゴ 木の階段 もうすぐ終わる 瓶壺 瓶壺

さぁ、これから男山経由で瓶ヶ森山頂を目指す。 瓶ヶ森駐車場と男山の分岐地点で、足跡がついているのを発見。 足跡はまだ新しいので、今日歩いたのかな? もう下山しているようで、人の姿は見えなかったが、2人くらいで歩いたような足跡だった。
伊予富士方面の素晴らしい景色を見ながら、男山に到着。
緑の景色 男山分岐 瓶ヶ森駐車場 緑の景色 男山山頂 西黒森~伊予富士

そのまま瓶ヶ森を目指す。 上の方は風がけっこう吹いていた。 そして、瓶ヶ森山頂に到着。 ここは休憩するには風が避けられず寒いので、少しおりてから休憩しよう。 瓶ヶ森ヒュッテはボロボロでもう閉鎖されている?? その少し先に木のベンチとテーブルがあったので、そこで休憩することに。 休む場所があるのはありがたい。 雪の上で休むよりしっかりと休めるしな。 さっそくインスタントラーメンを作って、お茶を沸かしておにぎりも食べる。 気温はそれほど低くないはずなのに、全然お湯がわかなかった……
瓶ヶ森山頂 緑の景色 瓶ヶ森ヒュッテ テーブル発見 休憩 緑の景色 インスタントラーメン

お腹もいっぱいになったし、下山しよう。 あまりゆっくりしている時間もない。
瓶壺を通過し、西之川に向かって下りていく、先ほど登ってきた道へ。 下りはかなり慎重に下りていく。 谷を越えて少し歩いたところで、足元が滑り転倒してしまった。 その際、岩角に脛から倒れて強打、ものすごい痛かった…… 30秒くらい痛みが引くのを我慢していたが、足は動くし骨とかは大丈夫っぽい、危なかった。
ブレスサーモの上に、冬用の分厚い靴下を履いて、ズボン、レインコートを履いているので、前部で4枚重ね。 それが脛を守ってくれたのだろう。 これが夏山の格好だったら本当にやばかったかもしれない。 これほど分厚い装備をしていたにもかかわらず脛は腫れ上がり、皮まで向けていた。
白石小屋 つらら 木の橋

鳥越、常住まで一気に降りる。 常住で休んでいたらいきなり雨がザーッと降ってきた。 雨か??
もうすぐ下山できるのに、ここで雨が降るとは…… 樹林帯の中に入れば雨はある程度はしのげるので、休憩を諦めて帰ることに。 雨はしばらくしたら止んでくれたので助かった。 そして、駐車地点まで下山してきた。
常住下の崩落地点 何かの骨 閉鎖された広場

夏は瓶ヶ森林道から山頂まで1時間かからないくらいで登れるので、登山家以外にもファミリーで来ていたり、賑わっている瓶ヶ森は冬になると難易度が一変する。
瓶ヶ森林道は車両は入れないので、下から登らなくてはならない。 西之川、東之川コースとも、歩く人がそれほどいないので、だんだんとコースが荒れてきてしまう。 しかも山頂まで4時間ほどかかるので、決して楽なコースではない。
同じような条件で、徳島の三嶺もどの登山口から登っても3時間程度はかかるので、同じく決して楽な山ではないし、登山口までのアプローチもかなり悪い。 のだが、こちらはかなり人気の山で年中通して人が登っているし、ルートの荒廃も見られない。 三嶺は200名山で瓶ヶ森は300名山なので、人気はその差なのか? それとも僅か1km程度の場所に石鎚山の登山口があるので、そちらに人が流れてしまうのか? 瓶ヶ森は、実力が伴わない頃、夏季に友達と登って散々な目にあった山で、個人的にはかなり思い入れのある山なので、もっと通わないと行けないのと、荒廃しない程度に、もっと人が来てほしいなぁ。
6月の鳥越付近とか、緑がものすごい美しいのでぜひ登ってほしい。

本日のコースタイム
08:52 駐車地点
09:04 名古瀬登山口
09:54~10:08 常住
10:57~11:07 鳥越
11:54~12:03 谷を越えた地点
12:24 瓶壺
13:09 男山山頂
13:27 瓶ヶ森山頂
13:44~14:20 休憩
14:36 瓶壺
15:15 鳥越
15:45~15:48 常住
16:21 名古瀬登山口
16:31 駐車地点

スマホが壊れた

曇り朝起きたら、スマートフォンが操作を受け付けない。 つい先日も、アラームを止めようとしたら何も効かずにアラームを止めることができない現象が起こったばかり。 電源を切ろうと物理ボタンを長押しするが、物理ボタンは聞く。 が、画面タッチが一切反応しない……
仕方なくバッテリーパックを外して強制的にシャットダウン。 で、再起動するが現象は変わらず……
よく見ると、画面右上から左下に薄い線が入っている。 これはまさか画面が割れた??
そういえば、昨夜ジョギングから帰ってきて、家のドアの前でスマホを落としてしまった。 が、その日の夜は普通に使えていたのだけど、翌朝になったらこんな自体に…… 結局スマホはダメっぽい。
画面タッチしまくってたら偶然反応して、機内モードに設定されてしまい、それを解除することができなくなったり……

モーニングに行ったが、写真も取れず……

明日は山に行ける日なので、夜のうちから出発しよう。

風が強く吹いている

晴れ今日は、家に帰ってから「風が強く吹いている」という映画を見た。 題名だけ聞くとあまり面白そうな映画じゃないけど、邦画で、内容は陸上部を作って部員を10人集めて、箱根駅伝に出よう、というもの。
内容はかなり面白かった。 箱根駅伝のシーンなどもあるのだけど、撮影自体は福岡でしたみたいなのだけど、本物の箱根駅伝のコースを走っているのかと思う程作りこまれていた。 ゼッケンやスポンサーも同じだし、中継所では鶴見中継所なども使っており、本物さながらだった。 役者もけっこう走る練習したのか、ペースもすごかった。

こんな面白い映画を見た後は、モチベーションも上がるもので、深夜0時過ぎだったけどジョギングに行ってきた。 さすがに時間が遅すぎるので、6kmコースを走る、今日は最短ペースを狙わずに、キロ5分15秒くらいを維持して走っていく。
後半は下り坂コースなので、キロ5分くらいまで上がり、最後の1kmはラストスパート。 最終的にはキロ5分3秒ペースだった。

そんな時間から走ったので、全体的に遅くなり、今日は木曜日で、明日があるのに寝たのが3時位になってしまった。

ジョギング6km記録更新

曇りときどき雨今日は水曜日なのでモーニングへ。 科学雑誌ニュートンは読み終わってしまったので、新刊が入荷される来週まではお預け。 今読んでいる本を持ち込んでいるので、それを読み進める。 いよいよ物語はクライマックスになってきた。
モーニング

お昼もひたすら本を読む。 そして読み終わった。 この物語はだいぶ面白かった。 テーマがフリークライミングで、馴染みのあるものだったのもあるかもしれない。
舞台はカリフォルニア州のヨセミテだったが、オレもクライマーの頃は一度くらいヨセミテに行ってみたいと思っていた。 が、ビッグルートではなくボルダリングだけど。 10年以上前、プロクライマーの平山ユージがヨセミテのエルニーニョにオンサイトトライし、結果失敗してしまったドキュメンタリーのDVDを見入ったりもした。
そんなヨセミテが舞台。 物語の中での登場人物はものすごいクライミングが上手く、5.13cのルートを簡単と言ったり、5.14cをその日のうちに落としたりしている。 が、現実的には5.13cなんて、登れるのは日本でも100~200人くらいしかいないだろうし、5.14c登れるのなんて、日本で20人くらいしかいないだろう。

夜はジョギングへ。 いつもの6kmコースへ。 今日も出だしからペースを上げていく。 最初の1kmを5分13秒で通過。 前回は5分8秒だったので、それより5秒遅いペースだが、ここから先でペースを上げていこう。 そこからは、4分54秒、4分34秒、4分26秒、4分28秒、4分23秒と、後半に向けてどんどんペースを上げていくことができた。 ラスト1kmは300mくらい緩やかな上り坂の地点があるので、そこがかなりきつかった。 呼吸が死にそうになってゴール。 1週間半前に出した自己記録を14秒更新して、27分54秒、キロ4分38秒でゴールすることができた。 フラフラで死にそうだ……

1ヶ月後に本島マイペースマラソンがあるので、そこへ向けての調整はいい感じで進んでいる。 が、本命は4月の徳島マラソンなので、6kmじゃなく、20km以上、3時間程度のゆっくりペースでいいので、長い時間走るトレーニングもしていかなくてはならない。

レッドJとマイティー・ドッグ

晴れ夜、妖怪ウォッチバスターズで遊ぶ。 去年7月に発売したゲームを、まだ楽しんでいる。 プレイするペースはだいぶ落ちているけれど、それでも毎日遊んでいる。 今は装備作りに忙しい。 前から装備は作っているのだけど、他バージョンと協力しないと手に入らない素材集めを、今日はやった。
レッドJがたまに落とすアイテムがほしいのだけど、オーラの関係で、マイティー・ドッグと交互に繰り返す。 1人で2つの3DSを操作して、というか操作できないので、メインの方の3DSで攻撃などをして、撃破後にサブの3DSを操作する。 当然戦闘中は一再操作が出来ないので、早々に昇天するけれど……
そんなで、必要な素材を2つ手に入れることはできたが、先は長い。 20個以上集めなくてはならない……

夜はジョギングに行こうか悩んでいたが、結局行かず……

ジョギング10.2km

晴れ我が家にインフルエンザがやってきた。 昨日から長女の具合が悪く、朝妻が病院に連れて行ったら、B型インフルエンザとのことだった。 予防接種は打っているみたいだけど、38度前後の熱が出て学校は休むことに。
次女は昨日のマラソンでか、太ももが痛くて、なぜか学校を休むことに。
長男と三女は元気なので、2人を連れて幼稚園と保育園に送っていく。

今日からは車の中で「天空の祝宴」を読み進めていく。 この話はすんなりと、物語の中に入り込むことが出来た。 初日の車の中では20分くらいしか読めなかったが、続きが気になって仕方がない…… お昼も読書に勤しむ。

夜はジョギングへ。 金曜日と同じく、特にコースを決めないで走ることに。 と言っても、最低限の方向性は決めておかないと行けないので、とりあえず、香川中央高校の前まで行って、そこから気分で考えよう。 ゆっくりと走り出して、11分ほどで香川中央高校に到着。 さて、どうしようかな。
夜で真っ暗だけど、香東川のサイクリングロードを北上しようか。 サイクリングロードは街灯がないので真っ暗だった。 地面に何か落ちてないかだけ慎重に見ながら走って行き、そのまま32号のところまで。 32号から歩道にあがり、県道10号線を通って戻ってくる。 一宮寺、一宮駅の横を抜けて、再び大野のマルナカまで。 そこからいつものゴール地点まで走ってフィニッシュ。 10.2kmで、57分21秒、キロ5分37秒ペースだった。 やっぱり練習で10kmくらい走ることができるとだいぶ力になるな。
が、1時間かかるので、なかなか時間が取れないのと、気持ちが乗ってこない……