東京観光

晴れ何時だかわからないけど、朝方に目が覚める。 ベッドを横に使って、部屋に入ってきたときのまま、うつ伏せに寝ていた。 靴を脱いでちゃんとベッドに入って布団をかけて、再び眠る……
次は、10時くらいに目が覚めた。 同室の人が目覚めたらしく、シャワーを浴びていた。 眠すぎて動けず…… しばらくしてようやく動けるようになったので、トイレを使いにホテルのロビーに下りていく。

トイレ済ませて、部屋に戻ってきてからシャワーを浴びてスッキリ。 昨夜はかなり限界ギリギリまで飲んでしまって、あぶなかったな。 お酒は多少残っているけど、二日酔いとかそんなレベルではないので安心。
11時位にホテルをチェックアウト。 他のメンバーは、新宿御苑付近のホテルに泊まっていたらしく、近くの喫茶店でゆっくりしているらしい。 そこに合流することに。 新宿御苑前のターリーズコーヒーで合流。 ここで朝ご飯を食べる。 ホットドック+紅茶を飲んで、エネルギーをつける。

1人は新幹線で帰って行き、1人は実家が栃木にあるらしく実家に帰っていった。 残っている3人は築地に行くと言っている。 オレは帰りの飛行機まで一人で行動しようかな。 とりあえず、羽田空港で会いましょう、ということで、一人で行動する。 時刻はもうすぐ12時。 飛行機は20時の便なので、それまでいろいろ公道仕様。 まずは目の前にある新宿御苑に行ってみる。 名前や上空からは見たことあると思うけど、行ったことは無いな、多分。
入場料200円払い中に入る。 ちょうど桜のシーズンで、かなり賑わっていた。 外国人が多く、みんな写真を撮ったり芝生の上でくつろいだりしていた。 いろいろと歩きながら園内を散策する。 途中で1人で観光していた中国人のおばさんに写真をお願いされたり。
新宿御苑 巨大な木 森みたい 新宿御苑 新宿御苑 新宿御苑 新宿御苑 新宿御苑 新宿御苑 新宿御苑 新宿御苑 新宿御苑

広すぎて全部見たら時間が無くなってしまうので、半分くらいしか歩けなかった。 新宿門から入り、反対側にある千駄ヶ谷門から出る。 さて、次はどこに行こう。 どこに行くかは決まってないのだけど、とりあえず駅だな。 千駄ヶ谷駅まで歩き、駅前の地図を眺める。 近くに神宮球場と国立競技場があるみたい。 国立競技場は2020年の東京オリンピックに備え、建て替えが始まっているはず。 駅の信号の反対側には東京体育館がある。 ここはバレーボールとかやる場所だよね、たしか。
見てみたいが、おそらく何もやってないと思うので、そのまま電車に乗ることに。 電車に乗っても、どこに行くかは決まっていないのだけど…… 駅の路線図を見る。 千駄ヶ谷は総武線と中央線が走っているらしい。 荻窪方面に行くか、上野方面に行くか。
上野の国立博物館にでも行こうかな、あそこはすごいらしい。

ということで、やってきた総武線に乗って、上野方面を目指す。
総武線

電車の中で路線図を見ながらいろいろと考える。
せっかく東京に来たのだから、どうせなら東京にしかないような場所に行きたい。 国立博物館も東京にしか無いが、なんか違う。 そうだ、宇宙関連の施設に行こう!! ということで、急いでスマホで、「東京 宇宙 博物館」とかのワードで検索する。 最初に見つけたのが「日本科学未来館」という場所。 だが、場所が江東区でけっこう遠い。 他のやつを調べる。 すると「宇宙ミュージアムテンキュー」というのがあった。 調べてると、水道橋にあるじゃないか。 水道橋はこの電車の通り道。 入場券が時間ごとの整理券らしく、売り切れてないか調べたら大丈夫そうだった。 ここに行くことに決めた。 水道橋で電車を下りて、テンキューに向かって歩いて行く。 テンキューは「黄色いビル」という、水道橋の目印にあるみたい。 黄色いビルの正体はJRAだったのでちょっとがっかりだったけれど、目印としてはいいのかな。

水道橋といえば東京ドーム。 ちょうどチケット屋とかもあって「14時試合開始 巨人VSヤクルト」みたいなのを発見した。 今日は14時から試合があるのか!? これはチャンス、野球も見られるかもしれない。 だけど、まずはテンキューへ。
当日券を購入し、13時~入れることに。
テンキュー入場券

すぐに13時になり、中へ。 あまり詳しく調べてないので、ここが何の施設なのかあまりわかっていなかった。 最初にはプロジェクションマッピングの、不思議な映像を5分ほど見る。 次の部屋では、直径10mくらいのスクリーンが、4K画質で映像を映し出すらしく、その映像を10分くらい見る。 ここまでは写真撮影が禁止だった。 そしてここからが宇宙だった。 宇宙とは、惑星とは、イトカワとは、探査機とはなど、いろいろなテーマ毎に壁がわかれていて、かなり細かい説明までしてある。 テンキューはこれだけの施設なのだけど、ここからが本番みたいな感じ。
ミッションラリーといって、300円お金がかかるのだけど、宇宙の説明の部屋に隠されたヒントを頼りに、クロスワードパズルみたいなのを解くミッション。 難易度がかなり高く「大人でも30分~1時間はかかります」と書かれていた。 さっそく挑戦。 クロスワードは20問くらい。 ぱっと見るが全くわからない…… 壁に書かれた大量の資料のどこかに答えが書いてある。 「○○1号は人類初の人工衛星になった」という問題などあったが、これはかなり簡単な方で、人間が開発した探査機の年表に小さな字で書かれていた。 あっちの部屋をウロウロ、こっちの部屋をウロルオ、問題の答えを探して歩き続けること1時間半以上…… 残り5問くらいまではなんとか解けなのだけど、ここから先がどうしてもわからず、係員にヒントを求めた。 そして、なんとかクロスワードは完成したのだけど、完成したクロスワードに隠された文字が、更にミッションになっていて、クロスワード完成したあとも30分くらいかかった。
そんなで、ミッションクリア。 これに参加しなかったら、ただの映像見て、資料見て終わりなのだけど、これに参加することによって、密度が一気に上る。 逆に言うと、ミッションラリーやらなかったら、1,800円の入場料金は高すぎだし、30分もしないで見終わってしまうだろう。
ただ、ミッションやってしまったら、二度目はないかもしれない……

その後は、東京ドームへ。 巨人VSヤクルト戦を見に行く。 チケット売り場でチケットを購入するが、ほとんどの席が売り切れで、残っているのが特典付きC席2,800円と、立ち見の1,000円だった。 もう試合途中だし、最後まで観戦もできないと思うので、立ち見のチケットを購入。
東京ドームの中へ。 東京ドームに来るのは、記憶の中では3回くらい。 2回は、確か読売新聞の継続か何かでもらった巨人戦のチケットだったと思う。 小学生の頃、家族で見に来た記憶がある。
そして、1回はオールスターゲーム。 イチローが日本で大活躍していた頃、9回にピッチャーイチローとうシーンがあった。 それを生で目撃した記憶がある。 それが中学校で野球部に所属していた時の話。
そして、今回で4回目。 立ち見はかなり混んでおり、1塁側はかなりの人だったので、3塁側に回る。
東京ドーム チケット

今年のヤクルトはものすごい調子がよく、昨日までの開幕から14試合、いずれも3失点以内、59年ぶりの記録を破っている。 そして今日は15戦目。 5回途中から見始めたのだけど、0-0の均衡した試合。
6回も両チーム無失点で終わる。 そして7回。 どんな場面からだったか忘れてしまったけど、タイムリーヒットをで1-0と先制点を入れる。 ヤクルトの応援団はトレードマークのビニール傘がすごかった。
そして、7回裏、巨人はラッキーセブンの攻撃。 ここで投手陣が乱れる。 フォアボール出しまくりでピッチャーが次々と変わる。 押し出し、押し出し、でどんどん点数を入れられていき、1-4と逆転される。
8回の表の攻撃、ヤクルトは単調な攻撃で終わってしまった。 時間があまりないので、観戦はこのあたりで終了。 結局8回裏にも追加点を取られて、ヤクルトは敗戦したみたい。
巨人VSヤクルト戦 ヤクルト応援団 巨人応援団 スタンドの様子

時刻は17時過ぎ、そろそろ羽田空港方面に移動しておかないと行けないな。 鉄道の路線などが全然わからないので、東京ドームから一番近くにあった「後楽園駅」に行く。 後楽園駅は丸ノ内線と南北線が乗り入れているみたい。 路線図を見ていたら、新橋に行くのが、羽田空港に向かうのに便利だな。 新橋は丸ノ内線でも南北線でも1回乗り換えないと行けないみたい。 どちらでもいいのだけど、なんとなくで、丸ノ内線に乗った。
丸ノ内線に乗って何駅か通過し、銀座駅へ。 銀座駅で銀座線に乗り換えて、1駅目。 新橋に到着した。

新橋で何かご飯を食べよう。 ラーメンとかでいいのだけどなぁ。 電車の中で新橋のラーメン屋を調べていたら、福岡の一蘭があった。 けど、わざわざ新橋にまで来て、一蘭もないな。 しかも値段がめちゃめちゃ高いらしい。
適当に駅前を歩いていたら、「ラーメン北斗」という店があった。 ここに入ってみよう。
いろいろメニューはあったが「昭和の味噌ラーメン」の大盛りを注文。 出てきたラメーンは大盛りで、もやしが大量にのっていた。 味はしびれるような味がした。 ニンニクがきついのかわからないけど、なんか口がピリピリとする。 ピリピリするけど、味は美味しかった。

お腹もいっぱいになったので、羽田空港に向かわなくては。 都営地下鉄浅草線の新橋駅から、羽田空港直通の電車があるので、それに乗って羽田空港へ。 エアポート快速みたいなやつで、羽田まではあっという間に到着。 羽田で、午前中に別れた人たちと合流。 ここでまだ時間があったので、おみやげ買ったり、飛行機の写真を撮ったりして楽しむ。
羽田空港 羽田空港 羽田空港

そして20時発のANAで高松へ。 会議や観光に疲れ果て、帰りの機内ではドリンクの時間以外ずっと寝ていた……

今回の東京出張、会議漬けだと思っていたけど、観光できてかなりラッキーだった!
東京は見どころが多すぎるので、突然暇になっても、適当に電車に乗っているだけで、見るものがたくさんあるので面白い。 あいにくショッピングには興味が全く無いけれど、それでも十分に楽しめる。

高校野球 香川県予選 決勝

雨のち晴れ夕べは速く寝たが、相当疲れていたらしく、8時くらいまでぐっすりと眠ることができた。 体中が日焼けでヒリヒリして痛いけれど。

今日は高校野球の決勝戦、坂出商業VS大手前高松の試合がある。 もちろん見に行く予定。
だが、10時くらいから突然の土砂降り。 激しい雨が降ってしまい、このままじゃ試合は中止か?とか考えた。 がしばらくして雨は止み、晴れ間がのぞいてきた。 このままなら試合はできるかな?

途中でうどんを食べて、12時過ぎくらいにレクザムスタジアムに到着。 入場券売り場には長蛇の列ができていた。 さすが決勝戦…… 少し早い時間に到着してよかった。 入場券を購入し、スタンドへ。 行列を作っていた人たちは、ほとんどが最上段の日陰に陣取っていた。 日陰が欲しかったから、早くから並んでいたのか、よかった。
オレは、昨日と同じ、NHKカメラの横の席を確保。 今日は家から、アクエリアスの2Lペットボトルを持ってきているので水分の準備は万端。

試合は13時開始なので、しばし待つ。 昨日日焼けした場所が真っ赤になっており、さらに今日も日差しが強い。 ジリジリと肌が焼ける。 各チーム7分ずつのシートノックを終え、選手の名前が呼ばれ、いよいよ試合が始まった。

坂出商業の先攻。
初回からいきなり、ワンナウト一塁三塁になり、大手前高松はピンチになる。 が、ショートゴロをきっちりとダブルプレイでアウトにし、無失点で初回を切り抜ける。
その裏、送りバントなどで、ワンナウト二塁と、得点圏にランナーを進めるが、点は入らず。

二回表もランナーが出て、ツーアウト一塁二塁になるが、大手前はしのぐ。
二回裏、あっという間に大手前はスリーアウトを取られる。

三回表は無得点、三回裏、大手前の攻撃はデッドボールと送りバントで、ワンナウト二塁に。 次の打者はヒットエンドランを決め、二塁ランナーがホームイン。 大手前高松が先制点を入れる!
そこからも攻め、ツーアウト一塁三塁となる。 当然のように、一塁走者は盗塁をする。 キャッチャーは反応が少し遅れたが二塁に送球。 タイミングはセーフだし、ショートがボールをはじいてしまい、その間に三塁ランナーがホームイン。 3回終えた時点で0-2で大手前高松がリード。

四回、五回は両校無得点。
六回表、坂出商業の攻撃は、内野安打、送りバントでワンナウト二塁。 右中間を破るスリーベースで一点返し、1-2となる。 なおワンナウト三塁。 次の打者は浅いセンターフライ。 三塁走者はタッチアップの構えをするが浅すぎたためすぐ塁に戻る。 センターはタッチアップに備え、ホームに送球。 その送球がすごかった。 ノーバウンドのレーザービームで、キャッチャーのタッチする場所にストライク。 高校生なのにイチロー並の返球を見せてくれた。 その返球を見て、会場がどよめく。 続く打者はセカンドゴロに倒れ、大手前高松は最小失点でしのいだ。

六回裏、大手前高松の攻撃は、センター前ヒット、送りバント、三盗、フォアボールで、ワンナウト一塁三塁となる。 次の打者がライト前ヒットを打ち、追加点を入れる! なお、ワンナウト一塁三塁。
だが、次の打者がスクイズ失敗、次の打者がセカンドゴロでスリーアウト。 得点のチャンスだったのに、得点を入れきれなかった。

七回表、坂出商業の攻撃はサード内野安打、送りバントで、ワンナウト二塁。 ここでベンチが動く。 次の九番打者に代打を送る。 が、ショートゴロ、ツーアウト二塁となる。
一番打者、ヒットエンドランを決め、二塁ランナーホームイン。 打者は二塁へ進む。 得点は2-3。
次の打者はフォアボールを選び、ツーアウト一塁二塁。 ここから坂出商業のクリーンナップを迎える。
三番打者はセンター前ヒット。 二塁ランナーは三塁を回る動作を示すが、またまたセンターからの好返球が返ってくる。 続く四番打者。 三遊間を抜けるヒットで1点返し3-3。 まだ満塁。
次の打者はライトフライに倒れ、大手前は何とか同点でしのいだ。

七回裏は無得点で終わる。
八回表、坂出商業の攻撃。 ワンナウト一塁となり、次の打者がライト前ヒット。 一塁ランナーは二塁を回り、三塁を目指す。 ライトは三塁へ送球。 これもまた素晴らしい送球で、三塁でタッチアウト。 大手前の外野手は強肩とコントロールがすごい。
八回表、裏は無得点で終わる。

そしていよいよ九回表、坂出商業の攻撃が始まる。
打順は一番から。 ファールフライ、ファーストゴロと、あっさりとツーアウトを取る。
次の三番打者はライトフェンス直撃の二塁打。 続く四番は、フォアボール。
そして五番打者。 打ったボールはファーストへ転がる。 打ち取った、と思われたその瞬間、バウンドがイレギュラーし、一塁手の顔の上を抜けていく…… 二者生還し、打者は三塁へ。 次の打者はセカンドゴロでスリーアウト。 坂出商業を運も味方につけ、二得点をあげ5-3と、この試合初のリードとなる。

九回裏、大手前の攻撃、空振り三振、内野安打、ライトフライでツーアウト一塁となる。 そして次の打者はファーストのファールフライに倒れ、ゲームセット。
坂出商業がじわじわと追い上げ、20年ぶり8回目の優勝を決めた。 大手前高松を応援していたのでちょっと残念な結果となってしまった。 坂出商業には香川県代表として、立派に戦ってきてもらいたい。
優勝の瞬間

今日は1.7MLくらい水分を取り、日焼けがさらに増した。 夕飯とかを食べた後、三女を寝かしつけていたら22時くらいに一緒に寝てしまった。 この土日は灼熱の中野球観戦して、とても疲れた。
そして方と膝付近が、日焼けで痛すぎる。

高校野球 香川県予選 準決勝

晴れ昨日帰ってきたのが遅かったのだが、8時前くらいにうるさくて目が覚める…… めちゃくちゃ眠いが、せっかく起きてしまったのだから、朝早くから行動しないともったいない。
まずはシャワーを浴びてスッキリ。

先週、レクザムスタジアム横の公園に行ったとき、高校野球の音が聞こえてきてすごい楽しそうだった。 そうだ、今日は高校野球観戦に行こう。

ということで、11時開始の試合に間に合うように出発。 途中、コンビニで1Lのお茶と巻きずし、おにぎりを購入し、うどん「根っこ」でかけ小を食べて、レクザムスタジアムに向かう。
駐車場は大混雑で、かろうじて臨時駐車場に止めることができた。

試合の入場券は500円。 公式パンフレットも300円で売っていたのでそれも購入。 球場は意外に空いており、ほとんどの人は最上段の日陰の部分にいた。 せっかくなので最前列でみたいな。 なので、バックネット裏の最前列で観戦。 RSK、KSB、NHKのカメラが中心に陣取り、その右側のイスに座った。 特等席ではないか。 ただ直射日光だけど。

試合は11時から始まる。 桜井VS坂出商業。
どちらも野球は有名な高校じゃないと思うけれど、応援するなら桜井だな。 桜井は家から遠くないし、よく通る、サン・フラワーロード沿いにあるので。

試合を観戦する。 めちゃめちゃ暑い…… 高校野球はプロと違って、一球一球の流れが速いので見ていて面白い。 ちょっとでも目を離すと試合が進んでしまう。

桜井が先制点を入れるが、すぐに坂出商業が追いつく。 坂出商業がじわじわと得点を入れていき、7-2のまま、九回を迎える。 九回表、坂出商業の攻撃。 桜井のピッチャーは全力のストレートを投げ続ける。
5点差で負けている状況、この裏で追いつかなければ、野球部の夏は終わる。 つまり、この九回が、高校生活最後、もしくは人生最後に投球になるかもしれない。 最後は歯を食いしばりながら、半分泣いてるように見えながら全力投球で九回をしめる。
その裏、桜井最後の攻撃。 2点返すが、そこでゲームセット。 桜井高校の夏は終わった。 坂出商業が決勝へ進出。

そして第二試合。 尽誠学園VS大手前高松。
尽誠学園は、野球が有名な強豪校。 部員数90名、そのほとんどが県外からの野球学生だ。 そんな尽誠学園に挑むのが、大手前高松。 大手前高松は中高一貫教育で有名な、頭のいい高校。 野球部ができてまだ5年目らしい。 そんな高校が香川最強に等しい尽誠学園に挑む。 どんな野球を見せてくれるのか楽しみだ。

意外にも先制点は大手前高松。 その後、両校が点を入れていき、追いついたら突き放したりを繰り返し、8回裏終了時点で、4-7で大手前高松が勝っている。
あっさりツーアウトまで取り、あと1人で決勝進出が決まるという場面。 ピッチャーは緊張したのか、フォアボールを与えてしまう。 ツーアウト一塁。 ここで尽誠の四番が登場。 強豪校の尽誠学園の中でレギュラーを取るだけでも難しいのに、そこの四番に座る男。 さぞかし努力してきたのだろう。 その四番が、土壇場で、レフトスタンドへのツーランホームランを打つ。 得点は6-7と、1点差に。 だが、もうツーアウト、そしてランナー無し。
尽誠の五番打者。 ライトオーバーのツーベースで、ツーアウト二塁。 単打で同点に追いつけるチャンスがやってきた。
尽誠の六番打者へは代打が送られる。 その代打が右中間へのツーベース! 一気に同点に追いつき、なお二塁。 単打で逆転できるチャンス。 だが、次の打者はライトフライに終わった。
九回ツーアウトランナー無しから、ギリギリで尽誠学園が追いついた。 すごい野球、まさに強豪校。
その裏の攻撃で、大手前は得点を入れることができず、延長戦に。

延長戦は、両校とも点が入らず、延長13回まで進む。
ワンナウトから、左中間を破る三塁打で、一気に勝ち越しのチャンスになる。 尽誠学園の一番打者は敬遠。 ワンナウト一塁三塁。 当然、一塁ランナーは盗塁し、ワンナウト二塁三塁。 二番打者は浅めのセンターフライに。 三塁ランナーはタッチアップを試みるが、浅すぎたため三塁ベースに戻る。 ツーアウト二塁三塁、次の打者はファーストゴロに倒れる。
大手前はピンチをしのいだ!

13回裏、先頭打者が二遊間を抜けるヒットを打ち、ノーアウト一塁。 ここで大手前が仕掛けてくる。 ヒットエンドランを見事決めてきて、ノーアウト一塁三塁。 内野は前進守備になるが、次の打者を敬遠し満塁策を取る。 一塁三塁、もしくは二塁三塁より、満塁の方が守りやすい。 どちらにしろヒット打たれた時点で終わりなので、一塁三塁だろうが満塁だろうが、変わらない。 満塁だと内野ゴロを取ったら、ホームに返球すればフォースアウトになる、ランナーにタッチしないでもアウトになる。 だが、一塁三塁だと、タッチしないとアウトにならないので、ランナーがホームに突入してこないと、ホームには投げられない。 しかもタッチが必要。 ファーストに投げると、三塁ランナーが走ってくる可能性がある。
なので、こういう場面では満塁策を取る。 内野は前進守備でバックホーム体制。
次の打者は、前進守備のセカンドの左を抜けていくヒットを打ちサヨナラ勝ち!!!
大手前高松が、強豪の尽誠学園を破り、香川県予選の決勝戦進出を決めた! すごい試合だった! まさに野球は9回ツーアウトから。 高校野球、面白いなぁ。
高校野球 高校野球 高校野球

試合が終わり興奮する中家に帰る。 11時~17時まで、炎天下の下にいたのでめちゃめちゃ日焼けした。 水分はお茶1L、アクエリアス500ML、水500MLの、計2L飲み干した。
ずっと炎天下にいたので、体力を奪われ、家に帰ってからはめちゃめちゃ眠く、三女を寝かしつけながら21時過ぎには寝てしまった。

W杯4試合

曇り9時過ぎに起床。 今日も一日子守の日となっている。 昨日飲み会で、車を置いてきてしまったので、取りに行かなくてはいけない。
長男は近所の子供たちと遊ばせておけばいいけど、さすがに三女を置いていくわけにはいかない。
抱っこひもで三女を抱っこして、折り畳み自転車で車まで向かうことに。 結構快適で、三女は風と揺れが気持ち良かったのか、すぐに寝てしまった。

車に折り畳み自転車を収容して、100円ショップで、スマホの画面保護シートを購入して、きむらで魚を購入。
今日購入したのは、ツバスが480円と、サバが5匹で480円。 これらで夕飯を作ろうかな。

家に帰ってから、まずは携帯の入れ替え。 昨晩、携帯補償お届けサービスのスマホが届いた。 古い携帯は黄色い封筒に入れて返送すればOK。 あとは新しい携帯を自分でセットアップするだけ。
データはほぼSDに保存しているので、特に問題なかった。 アプリのインストールだけ大量にあって、それらのログイン設定の処理が面倒だったな。 画面保護シートも貼って新しいスマホに乗り換え完了。
スマホ 携帯補償お届けサービス 保護シート

その後はたまりに溜まったW杯のサッカーを見る。
まずはフランス対ナイジェリア。 あまり印象に残らない試合だった、試合は2-0でフランスが勝った。 フランスはベスト8進出決定。

続いて、ドイツ対アルジェリア。
どちらも点を入れることができずに、0-0のまま延長戦へ。
延長開始早々、ドイツが先制点を入れる。 アルジェリアは攻め込むが、得点を入れることができない。
延長後半終了間際、ドイツがダメ押しの2点目を決める。 これで勝負あり、かと思った。 が、その1分後、アルジェリアが執念のゴールを決める。 土壇場で2-1になった。 さぁ残り1分くらいだけど、追い上げだと、アルジェリア選手は急いでボールをセンターサークルにセットする。 が、無念のタイムアップ。 ドイツがベスト8進出。

続いて、アルゼンチン対スイス。 これもなかなか点が入らず、0-0のまま延長戦へ。
試合開始直後からそうだったのだけど、ひたすらアルゼンチンが攻め込んでいる。 延長後半終了間際、アルゼンチンのメッシがボールを受け、ドリブル、相手選手をかわし、右前の方にパス。 それをきっちりと決め、アルゼンチンが延長終了間際に1点リード、そのまま試合終了し、アルゼンチンがベスト8進出決定。

最後に、ベルギー対アメリカ。 これも点が入らず、0-0のまま延長戦へ。 ベルギーが終始猛攻で、ベルギーの31本目のシュートでようやく点が入った。 その直後、ベルギーのダメ押しの2点目。 だがアメリカも食い下がる。
延長後半開始直後、1点返し、さぁ反撃だとなったが、時間が足りず、ベルギーが2-1でベスト8進出決定。

これでベスト8が出そろった。
ブラジル、コロンビア、オランダ、コスタリカ、フランス、ドイツ、アルゼンチン、ベルギー。
今回の決勝トーナメント、1回戦の8試合のうち5試合が延長戦、2試合がPK戦。 それだけ各国の力が均衡しているということなのだろうか。 かなり見応えがあるが、延長戦の戦いはどちらのチームもつらそうだ。

サッカー以外では夕飯の準備をしていた。 先ほど購入した魚を全てさばく。 量が多くて全部は食べきれないので、残った分は全て冷凍する。 さばくのも大分上手くなった気がする。
さばいた魚はフライに。 他には、どうしてもかぼちゃが食べたかったので、かぼちゃの煮つけを作って冷蔵庫で冷やしておく。 キュウリの見切り品があったので、キュウリの酢の物を作る。 がタコもワカメも無い、寂しい酢の物に。 トマト、キュウリ、ジャガイモでサラダを作る。 味噌汁は玉ねぎの味噌汁。
これらのメニューを作るだけで、2時間半くらいかかった……
ツバス、サバ 内臓と頭を取る 三枚おろし サバを全ておろす ツバスは骨を取って小さく

サバのフライはサクサクで美味しくて結構好評だったが、かぼちゃはあまり人気が無かった……
子供たちにはもっと和食を食べてもらいたい。

日本対コロンビア

晴れグループリーグ最終戦、日本対コロンビアの試合観戦の為、5時に起床。 4時50分には起きられず5時になってしまった。
なので、朝ご飯は前半には作れなかった。

前半17分、自陣のペナルティエリア内で、DFの今野がイエローカードをもらうファウルをしてしまい、PKを与えてしまう。 しっかりとPKを決められて先制点を許してしまう。
日本はボール支配し、何度も何度も攻め込むが点を取れず。 今日はいつもより、皆がシュートを打っていたように感じた。 W杯初出場の青山も、「青山が奪う」「青山いいですね」とベタ褒めしていた。
前半アディショナルタイム、本田のクロスに岡崎がヘッディングで合わせ、同点ゴールを決める。 直後にハーフタイムへ。

同時刻にキックオフされた、グループCのもう一試合、ギリシャ対コートジボワール。 コートジボワールは勝ちで決勝トーナメント進出が決定、ギリシャも勝ちで決勝トーナメント進出が決定、引き分けの場合は日本の試合結果次第だけど、コートジボワールが行ける可能性の方が高い。

そんな状況で始まった試合だが、ギリシャが先制点を入れ、1-0で前半終了。 ただ、ギリシャは交代枠3名のうち、2名を負傷交代してしまっている。 残る交代枠は1名。 コートジボワールは英雄ドログバが先発出場している。
このペースで行ってもらって、ギリシャが勝利した場合、日本がコロンビアに勝利すれば、決勝トーナメント進出が決定する。

期待の中始まった後半。 10分に追加点、27分に追加点、終了間際にも追加点を決められ1-4で負けてしまった。
一方のギリシャ戦。 日本が負けた情報は伝わってないと思うけれど、後半終了間際で1-1の同点。 このままいけば、コートジボワールが決勝トーナメントに進出できる。
だが、後半アディショナルタイム、ギリシャが攻め込んでいる中、相手のペナルティエリア内で倒され、PKを取る。
もうアディショナルタイムで時間が無いので、これを決めれば決勝トーナメント進出、外せば敗退のような状況。
この中で、PKを取った選手自らがPKを蹴る。 見事にゴールを決め、直後に試合終了。
劇的な形で、ギリシャが決勝トーナメント進出を決定させた。

FIFAランクでいうと、コロンビアが8位、ギリシャが12位、コートジボワールが23位、日本が47位。 結果的にはその上位2チームが順当に勝ち進んだ感じ。


日本敗戦のショックから立ち直ろうと、パソコンをやっていたのだけど、三女がパソコンの電源ボタンを押してしまい、強制的にWindowsがシャットダウン画面になって、そのまま電源オフになってしまった。
未保存のデータなどないのでそのまま電源付けようとしたのだが、電源がうんともすんとも言わない。 あれ???
電源ケーブルを抜き差ししても電源がつかない。 パソコンの横を開けてみると、マザーボードのランプは点灯している。 が、電源がつかない。 もう一度ケーブルを抜き差ししてつけてみるが、反応がないのではなく、0.2秒くらいで落ちてしまっているようだ。 一度落ちると、電気の供給をいったん遮断しないと、再度の電源ボタンが効かない。 電源本体か、マザーボードが怪しい感じだが、調べる時間がなかったのでそのまま出社。


今日は朝早く起きたので、17時くらいから目がショボショボとしてきた。
夜は会社のみんなと3kmのジョギングをして帰宅。

家に帰ってから、電源の調査を行う。 とりあえず電源を取り外す。 2FにあるXPマシンを下におろし、電源を外し、壊れた可能性のある電源を取り付け起動させてみる。 すると、同様に一瞬で落ちる。 これで電源だとほぼ断定。 一応XPマシンについている電源を、壊れた電源のマシンのマザーボードにだけ繋いで電源を入れてみる。
すると正常にファンは回り続ける。 故障箇所が断定できた。 壊れたのが電源でよかった。
これがマザーボードだったらかなりの出費になってしまっただろう。

明日、電源を買いに行かなくては。

その後、録画したサッカーを見た。
ナイジェリア対ボスニア、ロシア対ベルギーを見たが、ベルギー戦の最後の方、眠すぎて寝てしまった。
後半終了間際のゴールシーンと、試合終了部分を見逃してしまったが、大事な試合でないのでもういいや。

日本対ギリシャ

晴れ今日はワールドカップのグループリーグ2戦目、日本対ギリシャの試合がある。
7時キックオフなので、6時50分くらいに起床し、朝ご飯のパンや紅茶、ヨーグルトを準備して観戦する。
朝ご飯

ワントップの大迫はそのまま、香川は控えでキックオフ。
日本得意のパスまわしでボールを繋ぐが、なかなかきちんとシュートまで持っていけなかった。 ボール支配率は70%くらいだったので、ほとんど日本がボールを持っている状態なのだが、1点も取る事ができない。 ギリシャも数少ないチャンスをモノに出来ず、結局0-0の引き分けで終わってしまった。
同じリーグのコロンビア対コートジボワールは、コロンビアが勝利したので、決勝トーナメント進出が決定している。
残りはあと1試合、日本対コロンビア、コートジボワール対ギリシャ。
コロンビア以外の3チームは、どのチームも決勝トーナメントに出場できる可能性が残されている。
条件としてはコートジボワールが一番有利で、勝利すればグループリーグ突破が決定。
コートジボワールが引き分けた場合、日本がコロンビアに引き分け以下で突破が決定。

一方ギリシャの場合、コートジボワールに勝利するのが絶対条件。 かつ、日本対コロンビアの試合結果による。
日本が引き分け以下の場合、突破が決定。 日本が勝利した場合、得失点差で決まるのだが、日本は-1、ギリシャは-3、なので、日本より2得点差以上ではないといけないのだが、得失点差が同じ場合は得点数で決まるので、日本と同じ得失点差だと行けない可能性もある。
が、日本の相手はグループ最強のコロンビア。 なので、ギリシャは勝てばほぼ確定するような感じ。

そして我らの日本の条件。
コロンビアに勝利が是対条件。 かつ、ギリシャがコートジボワールに引き分け以上。
日本の得失点差は-1、ギリシャは-3、コートジボワールは0。 ギリシャが引き分け以上なので、コートジボワールの得失点差が0より大きくなる事は無い。 肝心なのはギリシャの得失点差との勝負。 日本の方が2点リードしているので、日本がコロンビアに勝つ前提なので、最低でも+1点で、得失点差は0になる。 ギリシャは3点差以上でコートジボワールに勝利しなければ日本が出られる。
だが、相手はコロンビア。 コロンビアは進出が決定しているので、経験を積ませる為に、若手の選手などを出してくれないだろうか。 そうすればもしかしたら勝利できるかもしれない……

夜は他の試合を見る。
スペイン対チリ。 前回王者のスペインがチリに敗れる。 チリはスペインの猛攻に耐え、2-0で勝利。 これでグループBはオランダとチリが結晶トーナメント進出が決定。 残る試合はオランダ対チリ、メキシコ対オーストラリアだが、メキシコとオーストラリアはもう敗退が決定しているので大して盛り上がらないだろう。 オランダとチリは、勝った方が一位通過、同点なら得失点差でオランダが一位通過、チリが二位通過となる。

他はカメルーン対クロアチア。
カメルーンの選手が前半にレッドカード退場になり、数的有利なクロアチアがゴールラッシュ。
4-0で勝利した。
グループAおなかなか面白く、残る試合はブラジル対カメルーン、クロアチア対メキシコ。
カメルーンはグループリーグ敗退が決定している。 ブラジルとメキシコが勝ち点4、クロアチアが勝ち点3。
ブラジルは引き分け以上で決勝トーナメント進出が決定。
メキシコとクロアチアでは勝った方が決勝トーナメント進出決定。 引き分けた場合は、メキシコが決勝トーナメント進出決定。 もしブラジルが負けたら、クロアチアが決勝トーナメント進出決定。 まぁブラジルが負ける事はないだろうから、メキシコとクロアチアの直接対決で決まる、面白い!!
クロアチアは後が無い状態なので、全力で勝ちにくるだろう。 個人的にはクロアチアに勝利してほしい。

W杯観戦3試合

曇りときどき雨今日もW杯観戦をする。 妻が飲みに出かけているので、夕飯食べながらサッカーを見て、子供たちを寝かしてからもサッカーを見る。

まずは、アルゼンチン対ボスニアボスニア・ヘルツェゴビナを観戦。
ボスニアはワールドカップ初出場らしく、試合は負けてしまったのだけど、歴史的なワールドカップ初ゴールが生まれた。

続いて、ドイツ対ポルトガルを観戦。
ドイツが4-0で圧勝した。 ポルトガルにはあの有名な「クリスチアーノ・ロナウド」が所属する。 前半途中で、ポルトガルの「ペペ」という選手が、相手選手に頭突きをし、一発レッドカードで退場となった。

3試合目は、ベルギー対アルジェリア。
ベルギーは「赤い悪魔」と呼ばれるようなチーム。 以前に日本も対戦してるのを見たことある。
試合内容はよく覚えてないが、ベルギーが2-1で勝利。

そして4試合目、ロシア対韓国。
日本と韓国はいろいろと因縁の対決になることが多いので、ライバルの韓国の動向が気になるので観戦。
前半途中までしか見てないが、0-0の状態だった。

現在の視聴リストは、
・ロシア対韓国
・ブラジル対メキシコ

残り2試合になったが、明日朝になったら3試合追加されている。 録画機の残り録画時間は5試合保存していると、4時間程度。 追いつくか!?

ワールドカップ 日本VSコートジボワール

晴れ7時前くらいに起床。 今日は妻が長女のバスケの練習試合に行くので、家で子守をする予定になっている。
今日はワールドカップの日本戦があるので、オレにとっても都合がいい。

こんなに早く起きてしまったので、まずはイングランドVSイタリアの生放送を見る。 イタリアが先制し、イングランドが追いつく。 この追いついた際に、イングランドのスタッフが大喜びしすぎて、足を脱臼して担架で運ばれたみたい。
アナウンサーも珍しい、と言っていた。
試合は、後半にイタリアが追加点を入れ、そのまま勝利。

そしていよいよ日本戦。
日本は前半15分くらいに、本田の左足シュートがゴール左隅に綺麗に決まり先制点。 前半はそのまま逃げ切る。
後半、膠着状態が進むが、後半17分、ついにコートジボワールの英雄ドログバがピッチに入ってきた。
その2分後、右サイドからのセンタリングにヘディングを合わせて決められ、同点に。
さらに2分後、同じような感じで右サイドからのセンタリングにヘディングでゴール右下に押し込まれ、逆転。
英雄ドログバが入ってきてから、あっという間に流れが変わった。
日本はそのまま点を取れず、大事な初戦を落としてしまった。
金曜日にギリシャ戦、翌水曜日にコロンビア戦があるが、これは勝つのが最低条件になりそうだ。

夕方からはプールに泳ぎに行ってきた。 1時間半くらいで2kmほど泳いだ。 今回は真面目にタイムを計ったのだけど、やはり1500m泳ぐのに45分くらいかかってしまう。 どうやったらもっと早く泳げるのだろうか。 どうやったらもっときれいに泳げるのだろうか。
短期間だけでもスイミングスクールに通うべきか…?