サッカーワールドカップ 日本対ベルギー

晴れいつも通りの月曜日が始まった。 昨日は疲れ果てて早く寝てしまったのに、起きる時間はいつもと変わらず、10時間以上寝たことになる。

今日は、深夜27時にキックオフされる、サッカーワールドカップのベスト8をかけた戦い、日本対ベルギーを見なくてはならない。 試合開始時間が27時と、メチャメチャ遅い時間で、終了時間は29時となる予定。 さすがにずっと起きて観戦してしまったら、寝る時間が朝の5時~8時の3時間しか寝られなくなってしまうので、それだと翌日の仕事に多大なる影響が出てしまう。 なので、まず仮眠をして、27時に起きて、サッカーを見て、また寝る、というパターンがいいだろうと考える。

仕事が終わって帰宅したのが21時位。 トレーニングに行く時間はなさそうなので、先に風呂に入って、三女を寝かしつけてから夜ご飯を食べる。 23時位にベッドに行き就寝。
約4時間の睡眠を経て、27時に起床。 さっそくワールドカップを観戦する。
ベルギーは「赤い悪魔」と言われるほど強いチーム。 現在のFIFAランキングは3位となっていて、今大会の優勝候補と言われている。 そんな巨人にFIFAランク61位の日本が挑む。
個人的予想では得点できないままボコボコに負けると思っていた。 が、予想に反して前半は両チーム無得点のままハーフタイムへ。
終始ベルギーにボールを支配されていて、とても苦しい前半だった。 ベルギーが攻め込む→日本はなんとかクリア→クリアしたボールを奪えずベルギーがパス回し→また攻め込まれる、というのをひたすらと繰り返していた。 よく前半失点しなかったなぁと思った。 日本にはチャンスらしいチャンスは全く無かった。

後半3分、右サイドを全力で前線に走っていった原口に向かい、センターライン付近から柴崎がロングパス。 ベルギー選手はそれをカットできずに原口にボールが渡る。
トラップするか迷い手間取ったように見えたが、ワンクッション置いてからゴール左隅にシュート。 キーパーはそれを捕れず、予想に反して日本がまさかの先制点を入れる。
続く後半7分、エリア手前で香川がボールを受けるがシュートを打てず、前にパスも回せず、すぐ後ろにいた乾にパスを回す。 ゴールまで30mくらいの距離があったが、乾がその位置からシュート。 ボールは無回転のまま外側に逃げていき、ゴール右隅に突き刺さる。 まさか、日本が2-0でリードする場面が見られるとは。

だが、ベルギーに勝つのはそんなに容易いことではなかった。 後半20分にベルギーは2選手を一気に交代、より攻撃的な体制に変化させてきた。
直後の後半24分、ベルギーはコーナーキックからエリア内でヘディング、高く浮いたボールを川島が味方と交錯しながらパンチングで弾く。 それを乾がクリアするが、クリアしたボールが高く上がる。 エリアの左にいたベルギー選手がそれをヘディング。 高く山なりになったボールは、そのままゴール右上に吸い込まれていった。 川島は必死に下がって手を伸ばすがボールに触れずゴール。 まさかのラッキーシュートで、2-1とベルギーに追いつかれてくる。
更に直後の後半29分、先程ゴールのヘディングをした左サイド辺りから鋭いボールが中に飛んでくる。 そこへ頭一つ飛び抜けたノーマークの選手が強烈なヘディングをし、ゴール。
ベルギーの追撃を受け、あっという間に日本は2-2に追いつかれてしまう。

後半36分、日本は得点を入れなければ勝てないわけなので、守備を固めつつ攻撃的な布陣となるように、柴崎を下げ山口を、原口を下げ本田を投入。
だがゴールは奪えず、後半45分となる。 アディッショナルタイムは5分。 このまま延長線に突入するかと思われた、後半48分。
日本はコーナーキックのチャンスを得る。 が、簡単にキーパーにボールをキャッチされる。 ベルギーのキーパーはすぐにボールをリリースし、ベルギーが凄まじいカウンターを見せつけてきた。
自陣ゴール前でボールを受けた選手が、そのままドリブルでセンターラインを超え、そこで右サイドにいる選手にパス。 この選手は完全フリー。 急いで長友がカバーに入るが間に合わず、ワンタッチで中に入れてくる。 長友のマークが外れた、エースストライカーのルカクがエリア内にいる、そこにボールが転がってくる。 長谷部がルカクの正面に重なりシュートコースを塞ぐ。 が、エースストライカーのルカクはシュートを放たず、ボールをスルー。 そこにフリーでナセル・シャドリが飛び込んできた。 昌子が相手ゴール前からずっと全力疾走でボールを追いかけ、シャドリ選手まであと50cmと迫っていたが最後のスライディングが届かず、シャドリ選手は見事にゴールを決める。 アディッショナルタイム終了間際の後半49分の出来事だった。 日本は放心状態で倒れ込み、そのまま試合は終了となり、日本のワールドカップはベスト16で終わった。

試合後のインタビューで西野監督も言っていたが「ベルギーの本気がありました」というほど、最後のベルギーの攻撃はすごかった。 日本は後半終了間際で正直気合が抜けていたのだと思う。 ベルギーはラスト30秒も手を抜かずにあのカウンター。 そして何よりすごかったのが、ルカクのスルー。 改めてリプレイを見ると何度か後ろを振り返りながら走っていて、選手が走り込んでるのが見えていたと思うし、ルカクがスルーする直前、シャドリ選手が右手を上げていたので、ルカクに何かを怒鳴っていたのだと思う。
少しの間は勝利が見えていただけに、この敗戦は非常に残念だった。 もっと日本の戦いが見たかったし、次のブラジル戦はどのような激闘になるのか楽しみだった。


試合終了して、インタビューを少し見て、29時20分くらいには再びベッドに入ったのだけど、空は夜明けで明るかった……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。