参議院選挙の期日前投票

雨9時過ぎに起床。 朝ごはんは友達と喫茶店に食べに行こうと「CAFE 珈琲生活」に行ったが満車&満席だったので店に入らず諦めて「cafe EST」へ。 ここでホットサンドのモーニングを食べてくつろぐ。
モーニング

家に帰ってからはだらりとして喋って、来月キャンプに行くことが決まった。 友達はここ数ヶ月くらい、キャンプにハマっており、キャンプ歴数ヶ月なのに数十万円くらいの装備品を揃えていて、装備は全て貸してくれるので一緒に行くことになった。 けっこう近場でできる場所があるらしいのでそこで。 お金は食材くらいしかかからないようなので、長男と三女と一緒に行くことになった。 来月が楽しみだ。 友達は昼過ぎに帰っていった。

お昼は三女とマクドナルドに行き、そのあと図書館へ。 まさかの2日連続で図書館へ。 本当は今日、虫取りに行く予定だったのだが、雨のため中止。 家にいてもやることがなく、自分も昨日飲んであまり動けないので…… 図書館の隣は市役所の出張所で、参議院議員選挙の期日前投票の会場になっているので、投票も行ってきた。

家に帰ってからは眠すぎて2時間位昼寝をした後、英会話レッスンしたりパソコン作業したり。
雨なのでジョギングにも行かず、今日は特に何もすることなく、1日が終わってしまった。

飲みに行く

曇りのち雨今日は三女のスイミング、年に数回ある写真撮影ができる日で、プールサイドに入ってスマホで写真やビデオを撮ってきた。 プールサイドは非常に蒸し暑く、気温は多分30度くらい。 見学者が入ると非常に暑いが、泳いでいる先生や子供たちは気持ちいいくらいの温度なのだろう。
スイミング後はくら寿司へ。 今日で3週間連続で来ているが、今日も会計は1,300円くらいだった。

その後はスポーツデポとヤマダ電機へ。 スポーツデポでは、スポーツデポブランドの5本指ソックスを4足分購入。 普段のジョギング、大会、トライアスロンでは常に5本指ソックスを履いている。 最初は少し値の張る靴下を履いたりしていたが、靴下自体は消耗品だし、高い靴下でも効果を実感したことはなかった。 なので、安くてそこそこの品質であればいいので、ここに行き着いた。 1足あたり400円なので、コストパフォーマンスも非常に良い。
ジョギング用靴下

ヤマダ電機ではパソコンのマウスを見ていたのだけど、欲しくなってしまったので我慢する。 実はつい1週間くらい前に、エレコムの「M-XGM20DL」というマウスを購入している。 このシリーズのマウスで、有線のSサイズを仕事用のパソコンで使っており、非常に使いやすいから同じシリーズにした。
だが、サイズを勘違いしていて誤ってMサイズを購入してしまった。 有線無線は、無線にしようと思って無線を購入した。 で、使っていたのだけど、サイズがMなので持ちにくいのと、無線マウスのため、乾電池の重量とMサイズの重量で、従来のマウスより20gくらい重くなってしまった。 たった20gと思うのだけど、その20gがけっこう致命的で、最近マウスを非常に使う作業をしていて、それで一瞬で手が疲れてくる。 なので、買い直したい気持ちが湧いてきているのだけど、ここは我慢。 さすがに無駄すぎる…… しばらくの期間は、前まで使っていたマウスに戻って作業する。

帰りは図書館に寄って、三女の本を借り換えてきた。

今日は夕方から、かなり昔に前職で一緒に仕事をした人と飲みに行く約束になっている。 先週、突然5年ぶりくらいに電話がかかってきて、電話帳に登録されていなかったので「誰ですか?」と聞いたら「○○です」と言ったので、それで判明した。 電話帳は2年位連絡を取ってない人はバシバシ消しているので、20人くらいしか登録がない。 そもそも友達などとはLINEとかFacebookで連絡を取るので、電話で話す人なんてほとんどいない。 で、久々なので飲みに行くことになって、1週間後の今日と決まっていた。

今夜はうちに泊まっていくので、車で家までやってきて、妻に田町まで送ってもらい飲みへ。 店は決めてなく、適当に見つけた「宮崎県日南市 じとっこ組合」という店で21時20分くらいまで楽しむ。 鳥料理がけっこう美味しかった。
鳥料理

それから商店街沿いにあるスペインバル「BAR MAR」へ。 ここに来るのも初めてだった。 スペインバルは大盛り上がりなので、これくらいの規模の店だと、1人では非常に入りにくくて、今まで来ることができなかった。 食べる機会が滅多に無いエスカルゴがあったので食べようと思ったのに、欠品中だったのでムール貝になってしまった。 ムール貝も食べる機会は非常に少ないが……貝がかなり小ぶりだった。 砂肝のアヒージョはとても美味しかった。 この店は23時位に出る。
ムール貝 砂肝のアヒージョ

それからラーメンを食べようとウロウロしていて発見した「志津」というラーメン屋へ。
ラーメンを食べながら瓶ビールを飲んでお腹いっぱい。 ここのラーメンのチャーシューは非常に美味しかった。 「夜仲そば」のチャーシューと似たような感じで味は濃いのにとろけるような柔らかさだ。
志津 ラーメン

終電の時間を過ぎてしまったので、もったいないのだけどタクシーで帰宅。 帰宅時間は意外に早くて24時半くらい。 元同僚の友達はあまり飲まないらしく、飲みすぎて死にそうになっていた。 自分の中の印象でも、一緒に働いていた時代に飲んでいる印象が全然なかったし。 友達はシャワーを浴びる気力も無く寝てしまったが、自分はシャワー浴びてから寝室でパソコンやって、26時位に寝た。

サンポート高松トライアスロン2019

晴れ朝4時50分に起床。 昨夜は早く寝たので、それほど苦なくこの時間に起きることができた。 だが、もっと寝ててもいいよ、と言われたらまだ数時間寝られるくらいには眠いが……
今日はサンポート高松トライアスロンが開催される。 昨年は大雨で中止になってしまった大会で2年越しでの参加となる。 既に準備は済ませているので、トライスーツに着替え、腕にナンバリングシールを張ってから出発。 途中のコンビニでおにぎり、パン、コーヒーを購入してサンポートを目指す。

サンポートに到着したのは5時半くらいだったと思うのだけど、既に駐車場は満車で、地下駐車場へと案内された。 地下駐車場は有料なのだけど、6~12時間は定額料金で、その金額のチケットをもらったので実質無料で止めることができる。 地下1Fは既に満車で地下2Fに止めたが、こちらはまだ数台しか止まっていなかった。
駐車場に止めた後は、まずトイレへ。 この大会は使えるトイレが少ないので、なるべく早い時間に行っておいたほうがいい。
トイレを済ませ、自転車の準備をして、トランジバッグに必要な荷物を全て詰め、ウェットスーツはチェックを受けないといけないので持って歩く。

受付で健康チェックシート提出、ウェットスーツ検査、リストバンドのQRコードチェックをしてもらい、アンクルバンドをもらう。 これを足首に装着して、計測マットの上を通過する際のタイムを記録していく。
トランジッションエリアに到着したのが6時25分くらいだった。 スイムウォームアップは6時半~45分までの15分間。 あまり時間がないので、すぐにウェットスーツを装着する。 ウェットスーツを装着する際は、肩周りや首周りにワセリンのような潤滑油を塗って、肌とウェットスーツの摩擦を減らすのだけど、今使っているスプレータイプのワセリンは2014年に購入したもので、もう5年も使っている。 250mの缶ジュースほどの高さで半分くらいの直径なので、それほど量は入ってないと思うのだけど、使う機会があまりないため、未だに使い続けている。 が、あまり古いものを使い続けるのも微妙なので、次の大会からは違うワセリンを用意しようかな。
トランジッションエリア

ウェットスーツを装着し、ゴーグル、耳栓、スイムキャップを持って、スイム会場へ。 もうここには戻ってこない、このままウォームアップを終えて、開会式をして、スタートは7時。
今日の水温は21.6度とアナウンスがあり、その水温はけっこう冷たいのだけど、思っていたよりは冷たく感じずに助かった。 軽く100mくらい泳いでウォームアップは終了。

開会式で高松市長から挨拶があった。 市長は市役所のリレーチームで出場して、スイムを担当するらしい。 市長は朝早くから大変だな……
7時になり、第一ウェーブがスタートしていく。 自分は第二ウェーブなので7時02分スタート。 第一ウェーブがスタートした後、すぐに水の中に入り、スタートラインに整列する。 フローティングスタートといって、水の中に浮いた状態で待機しスタートする方式。 水深はどれくらいかわからないのだけど、足つかないし、目視で底は確認できないので、3m以上はありそう。

あっという間に2分経過し、第二ウェーブがスタートする。 ポジションは中間あたりに陣取ったのだけど、今回はかなりバトルに巻き込まれた。 泳ぎ始めて1分くらいで右前にいた人の手が、自分のゴーグルに直撃する。 それでゴーグルがずれて、右目に水が入ってきてしまう。 その直後に、自分の左手が、左側にいた人の頭にヒット。 ゴーグルがずれた状態なので直したいが、混雑が解消されるまでは、そのまま泳ぐ。 2分くらい泳いだだろうか、一瞬泳ぐのをやめて浮いた状態になり、ゴーグルをかけ直して、再び泳ぎ始める。
高松の海はあまり綺麗ではなく、海底が全然見えない。 一応直前にゴミ掃除等はしてくれているので、そういった汚さはないのだけど、水の色だけはどうにもならないな……
スイムコースは長方形で、長辺が350m、短辺が25mくらい、極端な縦長な1周750mのコースを2周回となっている。 途中で陸には上がらず、一気に1,500m泳ぎ切らなくてはならない。
途中で、第三ウェーブ、第四ウェーブの選手たちにも抜かれながら、けっこう余力を残した状態でスイムフィニッシュ。
時計が見当たらなかったのでタイムはわからなかった。 陸に上がってトランジッションエリアまで200mくらい走っていく。 走りながらウェットスーツの上を脱ぎ、スイムキャップ、ゴーグル、耳栓を外して、トランジッションエリアの自分のバイクラックへ。 ウェットスーツの下半身を脱ぐのは苦労するので、完全に座り込んで脱ぐことにしている。 脱いで、タオルで足を拭いて、靴下を履いて、バイク用のビンディングシューズを履く。 ゼッケンベルトを背中側に装着し、ヘルメットをかぶり、バイクをラックから下ろして、乗車ラインまでバイクを押しながら走っていく。
乗車ラインを越えて、バイクに乗り込んで、いよいよ2種目目のバイクが始まった。

バイクは昨年中止になった大会からコースレイアウトが変更になっており、4.4km×9周のコースとなっている。 前までは5km×8周で市役所の前でUターンとかしていたのだけど、落車が多かったり、直角カーブが多すぎてスピードにのれない等の問題もあったため、1周増えるが直線が多いコースに変更になっている。 周回数が多いので、数え間違えはしないようにしなくては。
サイクルコンピュータもあるので、大丈夫だとは思うが、万が一トラブルでサイクルコンピュータが途中で機能しなくなることもあるので。
先月の愛南大会でバイクの最終周回を頑張り過ぎた反省から、今回はバイクはあまり頑張りすぎないよう意識していく。 ケイデンスは90前後を意識して、太ももへの負荷をなるべく下げて走っていく。 往路は時速30kmくらい、復路は時速31.5kmくらいのスピードで走っていく。 このスピードはけっこう遅いので、他の選手達にバンバン抜かされていく。 もちろん自分より遅い選手もいるんどえ、自分も抜かすのだが、抜かすより抜かれる方が圧倒的に多い。 5周目までがけっこう長くて、ようやく半分の20kmにたどり着いた感じがした。 7~9周目はさすがに疲れが溜まってきていて、全体的な時速も1kmほど落ちてきた。
だが、ここでダンシングで頑張ったりすると、前回の二の舞なので、そういうことは避けて走っていく。
最終周回が終わり、降車ラインの前でバイクを下り、トランジッションエリアの自分のラックまでバイクを押しながら走っていく。

ランへのトランジッション、バイクをラックにかけ、靴を履き替える。 ヘルメットを脱いで、走り出す直前にバイク用のボトルから数口飲んで給水する。 普段はキャップはかぶらないのだが、今日はかなり暑いので一応準備しておいたキャップをかぶって、最終種目のランへと走り出していく。
余力を残してバイクを終えることができたので、ランの出だしもそれほどきつくはなかった。 ランは2.5kmの4周回。 とりあえず最初の1周は様子見なので、あまりペースをあげずに淡々と走っていく。 けっこう暑くて喉が乾く。
1周目を終えて2周目へ。 2周目では、おしっこに行きたいのが気になりだした。 トイレは途中にあるのだが、トイレに寄ったら30秒以上はロスすると思う。 競技時間的にはあと30分くらいだろうけど、一歩一歩の振動ごとに膀胱が気になるような感じ。 まぁゴールするまで我慢しながら走ろう。 我慢しながら走るというのは、気にしていることになるので、そちらに意識がいかないように走るのが難しいが……
3周目は2周目と同じくらいのペースを維持して走れていたと思う。 ラスト1周のラスト1.5kmくらいは、一応ラストスパートっぽいことをしたが、けっこう体力も脚もきつくて、あまりスピードは上げられなかったような感じだった…… そして、最後の直線を走りきってゴール。

ゴール後は疲れたのもあったが、とにかく暑かった…… アンクルバンドを回収してもらい、氷の入ったビニールとアクエリアスをもらう。 テント広場に移動して少し休憩。 トライアスロンショップのチームメンバーと一緒に、まだレースを続けている仲間を応援したりして、チームで最後のメンバーがゴールするまで応援してきた。
最後のメンバーは、トライアスロンショップの奥さんなのだけど、本当は昨年の高松トライアスロンがデビュー戦の予定だった。 しかし直前に自転車で転倒して鎖骨を骨折してしまい、出場が危ぶまれていた。 トライアスロンショップの夫は自転車を片手で運転やギアチェンジできるように改造して、なんとか大会に出られるよう頑張っていた。 だが、大会は大雨で中止に……
それから1年間練習を続けて、ようやく今日、トライアスロンデビュー&ゴールすることができた。
あとで聞いた話だと、スイム1周終わった時点でタイムが危うく、もう1周泳いだら関門に引っかかって競技が続けられなくなりそうだったので、1周目でスイムを辞め、結果的にはDNFという形だけど、競技を続ける方を選んだみたい。 バイクも40km走りきり、ランもフラフラになって何度も歩いたりしていたが、最後まで自力で走りきり、ラストはチームのメンバーたちと一緒にゴール。
2年間の努力が報われて素晴らしい瞬間だった。
書道

その後はテント広場でカレーを食べて、うどんを食べて、残った金券で買えるだけアクエリアスを購入して持って帰る。 荷物をまとめて車に載せて、会場を後にすることに。
カレー うどん

帰宅後は荷物の整理やウェットスーツを洗ったりしてから、2時間くらいパソコン作業を。 昨日・今日と全然できていないので……
16時半からはトライアスロンショップで打ち上げがあるので、空港通り駅から電車で片原町駅へ。 そこから徒歩で10分くらい。 今日の大会に出た人も出てない人も、ボランティアで頑張ってくれた人も、トライアスロン愛好家も、いろいろな人が集まって楽しい打ち上げパーティとなった。
時間は無制限みたいな感じなのだけど、いつも遅くまでいすぎてしまうので、21時位には帰ることにする。

今回のトライアスロン、正直スイムとバイクは練習不足だった。
記録は2時間45分29秒で427人中221位。 スイムが34分37秒で323位、バイクが1時間24分40秒で300位、ランが46分32秒で93位。 スイムもバイクも下から4分の1くらいの順位なので、明らかにこの2種目は弱い。 逆にランだけ順位がいいので、弱い2種目をランでカバーしているような感じだった。 スイムは前回よりも3分近くタイムを落としているし……
もっと年間通してスイムとバイクの練習できればいいのだけどな、なかなかモチベーションがわかずに練習をすることができない。
これで、今シーズンのトライアスロンは終了だが、来シーズンに向けて、なんとか練習を頑張っていきたい。

夜は眠すぎて22時過ぎには就寝。

トライアスロン アジアカップ

晴れ朝6時に起床。 昨夜寝たのが26時40分くらいなので、3時間ちょっとしか寝てなくて、非常に眠い。 だが、今日は昼寝をせずに、この眠い状態を維持して、夜早く寝なくてはならない。 明日のトライアスロン大会は、朝7時スタートなので、朝5時半くらいには会場に入っておきたい。 そのためには夜早く寝るしか、朝早く起きる方法がないので……
高松中央通りは6時半から交通規制が入り、そこにたどり着いた時点で6時半だったので、もう規制されていた。 高松北警察署近くのコインパーキングに駐車して、サンポートへ。

海沿いのフェンス沿いで男子エリートのスタートを待つ。 出場選手は40名くらいで、1人1人英語でアナウンスされて紹介されている。 アジアカップは「スプリント」と言われるタイプのレースで、スイムが750m、バイクが20km、ランが5kmで、オリンピックで開催されるトライアスロンの距離の半分となっている。 短距離なため、レースのスピードや流れは非常に速く一瞬も見逃すことができない。
スイム750mは一瞬で終わるので、終わりそうな頃にバイクが通るエリアに移動して観戦。 バイクも凄まじいスピードで走る。 他のバイクとの距離は10cmくらいしかなかったりするので、クシャミとかしたら接触しそうな距離感だ…… トップ選手たちはバイクを集団で走る。 第一集団は8名、第二集団は12名くらいだったかな? 実況の人が説明してくれていたのだけど、バイクは集団で協力して進んでいくことが多いとのこと。
今回の場合だと、第一集団の8名で協力しあって、第二集団に吸収されないように。 なぜそんなことをするのかというと、第一集団の8名のまま最後のラン競技に移れれば、よほどのことが無い限り8位以内は保証される。 だが、第二集団に吸収されて20名になってしまうと、8位以内に入るのも難しくなってしまう。 なので、先頭で逃げ切るグループは全員で協力しあって、後方から追いかけるグループも全員で協力しあって進んでいくとのことだった。 頻繁に先頭が入れ替わりみんなを引っ張っていく。 そんな感じでレースは進んでいった。
トップ選手たちはトランジッションもメチャメチャ速く、バイクを終えてランに移るまで5秒くらい? しかもランの出だしはキロ3分くらいのスピードで飛び出していく。 凄まじい…… 今回の勝負はランで決着が着いた。
スイム

そして、8時20分からは女子の競技が開始されるのだけど、三女のスイミングがあるので最後まで観戦することができない。 コインパーキングまでの移動を考えたら、スイムは見ずに中央通りでバイク競技の一部だけ見られればいいかなと思って、そちらへ移動。 途中、ミニストップで朝ご飯とコーヒーを買って、店内のイートインスペースで食べてから観戦をする。
女子とはいえ、バイクは速く、目の前で迫力のあるレースを見ることが出来て良かった。

それからすぐに家に帰り、三女をスイミングに連れていく。 スイミングは12時に終わったのだけど、急いでまたサンポートへ。
今度は、アワードパーティーと夜じゃなく昼なので前昼祭とでもいうのだろうか? そういうイベントが12時~13時半まで開催されているので、それに参加するために。
大型テント広場ではお弁当とうどんの出店があり、トライアスロン参加者は無料チケットが2,500円分くらい送られてきていたので、それらを使って三女とお昼ご飯を食べる。
パーティー終了後は、14時から競技説明会。 明日のレースのための説明会の参加が必須なので。 14時から説明会なのだけど、人が多すぎて入れなさそうな予感はしていたので13時半くらいから列に並んで待っていた。 予想通り人が入りきれないほど押し寄せて、真ん中の通路や壁際にはずらりと人が。 少しでも参加者を入れるために、説明会に関係のない審判は退室するように、とアナウンスが流れるほど押し詰めだった。

トライアスロン関係の手続き等が終わってからは、15時半くらいから峰山公園でちょっとだけ遊んできた。 芝生広場にはバッタが大量にいたので、それを捕まえて遊んだり、裸足で芝生を踏みしめたり。

帰宅してからは、明日の準備をして、21時には三女と一緒にベッドに入る。 明日は5時前には起きなくてはならないので、この時間に寝れば十分な睡眠時間が確保できる。 その為に、今日は3時間睡眠で耐えていたので……

安田佳生という人の言葉で

早起きするには前の日に早く寝るのではない。 寝ようと思っても寝られないでしょ。
前の日に早く起きれば、自然と夜眠くなるので、早く寝ることができる。

といったニュアンスのものがある。
「早く起きる為に、早く起きる」というと矛盾している感じはするが、今日はそれを実践できたわけだ。
落語家が話す言葉でも「お金はお金があるところに集まるので、お金を貯めるには、まずお金持ちになる」といって笑いを取っている落語家もいた。(Youtube

レース前最後のジョギング

曇り今日は金曜日なので3週間ぶりくらいに喫茶店へ。 今は忙しくて読めないから図書館で本を借りていない、なのでやることはスマホいじるか、Kindleに入っている英語文法の本を読むくらいしかなかった……
久々に行ったら店頭に張り紙がしてあり、しばらくの期間営業時間が短縮されるとのことだった。 老夫婦だし、そろそろ引退へと向かっていくのだろうか…… そういえば、家の近所、コープの斜め向かいあたりにあった喫茶店もいつの間にかなくなっていた……
モーニング

夜はジョギングへ。 レース前最後のトレーニングとなる。 今日はスローペースで行くことを決めているので、6kmコースをキロ6分を目指して走ってきた。
タイム読み上げは1km毎なので、途中での状況がわからないのだけど、ものすごい安定したペースで走ることができた。
6.02, 5.55, 5.59, 5.56, 6.00, 5.56とほとんどブレずに6kmを35分45秒で、キロ5分58秒ペースだった。

あとは日曜日の本番に向けて、明日体調を整えるのみ。 ちなみに明日はトライアスロンのアジアカップを見に行きたいのだが、朝起きられるだろうか…… 男子エリートは朝7時スタートだ。

VOXY試乗

雨のち曇り今日は長男のスイミングの大会が、高松西部運動公園の50mプールで行われる。 天気は雨だが、プールの大会なので中止とかはならないみたい。 プロとかの大会だと、全て室内だけど、屋外のプール大会もあるんだね。 屋外のプールというと、高飛び込みのイメージが強かった。
妻と三女と大会を見に行ったのだけど、外は強い雨風で傘があまり役にたたない状況。 屋外プールなので、観覧席も外で、雨風をしのげる場所がない。 雨の中なんとか観戦しようとしていたのだけど、偶然にも長男の競技の直前に雨は止んで、傘なしで見ることができた。 50m背泳ぎに出たのだけど、50mくらいのちょっと遅めのタイムだった。 短い距離のスイミングだと、レースがたった数十秒で終わってしまうので、見ごたえがあまりないな。 戦略などもなく、ただひたすら全力で泳ぐだけだし。 プロレベルになったら、50mの中でも戦略とかあるのかもしれないが……
プール

お昼は「てら屋」へ。 釜揚げ醤油うどんと、春菊みたいな野菜の天ぷらを食べてお腹いっぱい。
釜揚げ醤油うどん

それからネッツトヨタへ。 今乗っているVOXYを購入してから10年が経ち、走行距離も16万kmとなって、最近ちょこちょこ車の調子がおかしくなってきている。 先月はラジエータが故障してオーバーヒートしてレッカーされていったし、最近はエンジンのベルト部分から音が鳴り出している。 修理し続ければ乗れるのだろうけど、どこまで直し続けて乗るのかも問題なので、この一ヶ月くらいで見積もりやら、銀行のローン審査やらをしていた。
で、金曜日に銀行のカーローンの仮審査が完了して、とりあえず2.25%という安い金利で借りることができることが決まった。 なので、今日は車を買うつもりでやってきた。
とりあえず一度も乗ってないので試乗して、ローンの話をする。 ネッツの営業マンは自社の残価設定のローンを勧めてくるのだけど、金利が3.8%。 5年後に車を返す代わりに残金の支払いが免除になる残価設定ローンというのがあるのだけど、今までの車もそうだけど5年で返すことはないと思う。 なので残価設定にしたとしても、5年後に100万近い金額を一括で払うか、最長3年までローンを延ばすかを選択を迫られる。
となると、3.8%という金利は非常に高く、2.25%で7年借りた場合と3.8%で7年借りた場合で25万近く金額に差が出てくる。
来週銀行に行って諸手続きをしてくるので、それ次第だが、多分車買うことになるのだろうな、月々5万円の6年ローン、払いきれるだろうか… 仮審査は340万で出してるけど、実際の価格は325万になったので、月々の支払いが1,000円くらいは減るかもしれないが。
しかし、車も10年も経つと進化するものだな、電気自動車や自動運転じゃないから、それほどテクノロジーの塊なわけではないだろうけれど、標準装備や性能が上がっているのは感じた。

長男のスイミングの大会が終わるのは夕方なので、それまで国分寺の「如意輪寺公園」に遊びに行ってきた。 雨上がりのため誰もおらず、だけど地面はもう乾いていたので楽しく1時間半くらい遊ぶことができた。
昨日ジョギング頑張ったので、今日はトレーニング休み。 結果的に夜は降っていなかったので走ることはできたかもしれないが、それは昨日の時点ではギャンブルだったしな。
なので、夜は楽しくパソコン作業して過ごしていた。

I7 TWS

晴れ朝は英会話レッスン。 SIDE by SIDEをやっているのだけど、ブック2になりレベルがガクンと上がり苦戦中。 今日は副詞を扱った。
loud -> loudly, bad -> badly, well -> better, carefully -> more carefully、のようなやつ。 まぁわかったようなわからなかったような…… 先生はカメルーンの男性講師だったのだけど、名前が「Joseph」という。 先生や単語によっては「j」は「ジ」の発音じゃなくて「ユ」の発音だったりするのがよくわからない。 この先生は「ジ」の発音で「ジョセフ」だった。
前に千葉県について学ぶ教材で「九十九里浜」というのが出てきて「Kujukurihama」と英語で書かれていたのだけど、それを学んだフィリピンの先生は「クユークリハマ」と読んでいた。 これは英語の方言的なものなのだろうか?

夜はジョギングへ。 キロ5分半厳守で、9.6km走りに行ってきた。 今日からジョギング中には新しいアイテムを使っている。 それはAirpodsもどきの中国製のBluetoothイヤホン「I7 TWS」。
アリエクスプレスで500円くらいで購入したものだ。 本家は20,000近い値段がするのだが、模造品はこんなに安いとは。 当然性能は比べ物にならないくらい悪いと思うが、左右独立タイプの無線イヤホンが欲しかったので、試しにどんなものかと思って買ってみたのだ。
作りは当然ちゃっちく、ケースはおもちゃのよう、ボタンもすぐ押せなくなりそうだけど、付属されているUSBケーブルはパソコンに挿すのが恐ろしいような感じ。 イヤホン自体も安物のプラスチック感がある。
音質は、普段使っている1,480円くらいで購入したエレコムのイヤホンジャックに挿すタイプの有線イヤホンと違いがわからなかった。
聞いているのは音楽ではなくPodcastだから、そもそも音楽みたいに音質を求めるものじゃないから違いがわからないだけかもしれないけど、自分の用途では最高音質だ。
Backspace.fm聞いていると、Airpodsは「耳から落ちる」と言われていたので、ジョギング中に落ちないか心配だったが、自分は全く落ちる気配せず、ジョギングで結構身体が動いていて振動もきているけど、全く問題なかった。
あとは耐久性が不明だけど、500円だし半年もってくれれば御の字ではないだろうか。 もし1ヶ月で壊れても、毎月新品購入しても3年でAirpods1つと同等の金額となる。 Airpodsは3年も持たないだろうし。
中国製なので、耳の中で爆発はしないでほしい。
無線は非常に快適で、ポケットの中でスマホに挿しているイヤホンのコネクタ部分に負荷がかかってないか、スマホのポジションを気にしたり直す必要がなくなったのが非常にありがたかった。

そんな新しい環境でのジョギングは9.6kmを52分32秒、キロ5分28秒ペースだった。
I7 TWS I7 TWS

4時間昼寝

曇り今日はトライアスロンの練習会に行こうと思って準備をしておいたのだけど、朝起きたら天気も悪く肌寒いし、練習会に行く気分ではなくなってしまったので、ドタキャンになってしまった。 ただ、次のレースまで2週間なので、参加者は多いと思うので1人くらいいなくなっても問題はないだろうけれど。
そして、今日はミニバスの体験会があり、それに三女が参加するので、様子を見に行ってきた。 ミニバスの練習を最初から最後まで見るのは、もう数年ぶりな気がする。
体験会は20名くらいの子供たちが体験に来ていて、フットワークしたりフリースローしたり、自由にボールで遊んだりと楽しんでいた。
見ている間、パイプイスに座っていたのだけど、半袖ハーフパンツで来てしまったので肌寒かったのと、11時過ぎてから猛烈な眠気で大変だった……

終わってからは「三十一番」で赤鬼ラーメンを食べる。 「激辛赤鬼ラーメン」にも挑戦してみたいが、赤鬼がちょうどいいくらいの辛さなので、挑戦するのが怖い。
赤鬼ラーメン

家に帰ってきて、しばらくはパソコンやっていたのだけど、睡魔に耐えられずベッドに行って寝てしまった。
14時半くらい~19時位まで4時間位昼寝をしてしまっていた。 1週間の疲れがどっときた感じだ。

特に何もしなかった日曜日の夜はジョギングへ。 走行距離が微妙なので、今日は14.7kmコースを走りに行くことに。 ペースは5分半で設定して走ってきた。
あまり遅く走っても意味がないので、調子が悪くないときは、遅くてもこれくらいのペースで走っておきたい。
5.36, 5.26, 5.29, 5.34, 5.46, 5.26, 5.27, 5.32, 5.28, 5.25, 5.27, 5.26, 5.25, 5.25, 5.15と、極端に速くも遅くもならず、だいたい平均的なペースで走ることができた。
14.7kmを1時間20分52秒で、キロ5分29秒ペースだった。