アフガニスタン人とレッスン

晴れ今日は金曜日なのでモーニングへ。 多分3週間ぶりかな。 いつものメニューを食べながら、最近全然できていない読書を楽しむ。
モーニング

朝食後はポストに葉書を出しに行き、ガソリンを入れて帰ってきた。 来月上旬にトライアスロンがあるのだけど、アワードパーティの参加可否を葉書で返事しなくてはならない。
昨年は返事するのを忘れてて、出発前日に送付されてきた書類を見直していたら返信期日をとっくに過ぎている葉書が出てきて、急いで事務局に電話して参加する旨を伝えた覚えがある。
今年は、きちんと忘れずに投函したので安心だ。

夜は自転車トレーニングへ。 今日も足がすごい重くて、一番短い18.6kmも坂道があってイヤだなぁと思っていて、高松空港方面には向かうけど、空港までの坂道を上らず戻ってくるコースにしてしまった。
13.8kmを34分37秒だった。 自転車で34分だと、全然運動した気がしないな……

英会話は2レッスンしたのだけど、1人はアフガニスタンの先生だった。 アフガニスタン人と話したのも初めてで、話した国リストがまた1つ増えてしまった。
アフガニスタンって紛争とかアルカイダとか砂漠のイメージしかないのだけど、実際はどんなところなのだろうか。

今シーズン初のトライアスロン練習会

晴れ朝はスマホのアラームで6時50分に起床するつもりだったが、眠さに耐えられずもう一度寝てしまう。 2度目のアラームが7時10分になるので、それでなんとか起きる…… 今日はトライアスロン練習会があるのだけど、それに参加する為にこんなに早く起きなくてはならないのだ。
正直行くのが面倒なのだけど、次のトライアスロンレースまで、あと3週間しかないのと、今シーズンはまだ一度も泳ぐ練習をしてないし、個人的にだと追い込むトレーニングがなかなかできないので、こういう場に身をおいて無理やりトレーニングをするしかないのだ。
朝ごはんは夕飯の残りの焼き鯖を半身食べて、飲み物は2Lのアクエリアスを持って、7時45分くらいに出発。

トライアスロンの練習会は「トライアスロンショップ Demoto」に集合なのだけど、お店までは自転車で自走していく。
約10kmくらいの道のりなのだけど、バイク練習で足を酷使するので、お店まではなるべく力を使わずに行きたい。 ゆっくりのペースで走って35分程で到着。

まずはバイクトレーニング。 庵治半島の「高尻海岸」まで、片道21kmくらい。 アップダウンが激しいコースで、皆にはいつもついていけないのだが、今日も自分のペースで頑張って走っていこう。
国道11号線を西に向かって走っていくところで、既についていくのがきつかった。 路面が綺麗でスピードも出るのだけど、時速37kmくらいで走っていたので、かなりきつかった……
庵治半島に入って、支所があるところまでは先頭も比較的ゆっくり走ってくれてた(それでもついていけないスピードだった)のだけど、最後の信号を超えてからは、皆が全力で走っていく。
一瞬で皆が見えなくなって、一人で庵治の坂道と戦いながら走っていった。 ボロボロになった状態で高尻海岸に到着。
数分休憩して、今走ってきた道を戻っていく。 帰りはもう足が残っておらず、さらにペースが落ちてしまった。
途中で時計止めてないのだけど、42kmを2時間06分38秒だった。 これは男子マラソンの前の前の日本記録とほぼ同じ。 こちらは自転車で休憩しているとはいえ、こんなスピードでマラソン走るのだもんな…
高尻海岸

次はジョギングトレーニング。 スイムトレーニングをする「大的場」まで走っていく。 バイクで足がボロボロだったけど、先頭の人に離されないようにピッタリくっついていく。
途中でかなり呼吸が苦しかったが、そもそも3kmくらいしか距離がないので、心が折れる前に到着してくれてよかった。
5.22, 4.22, 3.58と、かなりきついペースだった…… 3kmを13分32秒で、キロ4分35秒ペースだった。

汗だくになって到着した大的場だが、海はとても冷たかった。 水が冷たすぎて足が痛くて、足の痛みが原因で陸に上がりたいほど。 手も冷たいのだが足よりはマシだった。
それと赤いクラゲが多くて、それが非常に恐怖だった。 これは毒のあるクラゲなので、触れると痺れる。 泳いでいる最中に避けることもできないので、2度も顔に触手が当たってしまい、顔がヒリヒリした状態でトレーニングをしなくてはならなかった。
ヒリヒリは1~2時間程度で取れるので問題ないと言えば問題ないのだけど、水の冷たさよりクラゲの痛さの方が怖かった…… 泳いだ距離は1000mくらい?
大的場

帰りのジョグはゆっくりと、3.3kmを21分04秒、キロ6分27秒ペースだった。
これで今日の練習は終了。 家まで自転車でのんびりと走って帰って、14時前に帰宅。 帰宅してからシャワーを浴びてウェットスーツなどを洗ったらグロッキーに。
昼ごはん食べてないのでインスタントラーメン食べたのだけど、その後は眠すぎて全く動けなかった。

そんな時に限って、家のインターネットがおかしくて、何度もWi-Fi親機やルータやNTTのネットワーク機器を再起動する羽目になった。
NTTの接続機器「RT-500KI」の「接続先設定(IPv4 PPPoE)」というページの「メインセッション」にプロバイダのIDPW、我が家の場合だとOCNのIDとパスワードが設定されている。
だが、ステータスが「PPP認証エラー」となっている。 つまり、これはIDPWが間違っていることを意味していると思うのだけど、そもそもIDPWはOCN契約した12年くらい前から一度も変わっておらず、接続機器のコントロールパネルにログインもしてないので勝手に切り替わるということはない。 朝までも繋がっていたし。
となると疑うのがOCN側の障害なのだが、OCNの障害情報ページ見ても何も書かれていない。 IDPWが書かれてる書類探し出して再設定したりするが変わらず……
原因不明だが、ひたすら「接続」ボタンを押すこと1時間位、ずっと「PPP認証エラー」だったのが、突然「接続中」になって、正常な状態に戻った。

夜はメチャメチャ眠くて、三女を寝かしながら一緒に寝てしまうことは防げたけれど、全然起きていることができずに24時になる前に寝てしまった。

友達とモーニング

晴れ今朝は友達とモーニングに行く約束をしているので、9時に「珈琲蔵人 珈蔵」で待ち合わせ。 この喫茶店は前職時代に毎週水曜日に通っていたお店。 ここの本棚に置いてある「科学雑誌ニュートン」を読むようになって、いろいろ宇宙のこととか人体のこととかに興味が湧いてきたのだ。 そんなきっかけを作ってくれた喫茶店だが、今はこちらまで来ることがあまりないので、半年に1回くらいのペースまで来店頻度が落ちている。 友達はGoogleの口コミで書かれていた「タバコの臭い」が気になっていたようだが、2017年から完全禁煙になっているのに半年前に書かれたタバコに関する口コミは、アンチが書いたとしか思えないような感じだな…… 今日は、朝ごはんを食べながら楽しく会話をしていたのだけど、実験的に会話を全て録音してみた。 録音機材など持っているわけではないので、AndroidとiPhoneをテーブルの上に置いて、それぞれ別々のアプリで録音してみた。 どれくらい声が拾えて、どれくらい雑音が入るのかをチェックするため。
かなり遠い目標になるのだけど、後々Podcast番組をやってみたいとか思っていたりする……ただ優先度は非常に低いので、そのままやらずに終わる可能性が高いが。
度々意識高い系の話題になりがちだけど、結局の所好きなことを仕事にするのが一番で、好きなことをやっている人に、それが好きじゃない人がやっても勝ち目はないという結論が堂々めぐりしている感じがする。
自分が50歳になったとき、何ができているかというのを考えていたが、50歳って遠いようであっという間だと思う。 自分が高松に引っ越してきた時間と同じ時間が経過したら、もう50歳目前。 多分あっという間にその時は訪れてしまうな。
モーニング

夜は自転車のトレーニングへ。 今日は足が非常に疲れていたので、高松空港を経由する18.6kmコース。 足が全然動かないので、一生懸命漕ぐこともできず、上り坂も早々に一番軽いギアに入れたりしながら走っていった。 明らかにいつもよりペースも遅いのだけど、18.6kmを48分48秒で、ここ最近の練習と比較しても3分程度遅いだけだった。 てっきりもっと遅いと思っていたのだが。

夜はネイティブキャンプで英会話を2レッスン。 久々に5分間単語クイズ初級をやったのだけど、だんだん単語が難しくなってきた。
難しくなってきたと言っても「produce」「opposite」「medicine」「cheer」「comfortable」のような単語。 だが、自分の頭の中で「opposite」「medicine」「comfortable」は学校で習った記憶がなく(多分忘れてるだけ)、大人になってから始めた英語学習で覚えた単語なので、難しく感じるのだろう。 しかしこれで初級だからな…… 上級の問題を見ることはできるのだけど、今の所見る気もしない。

ふれあいパークみの

晴れスマホのアラームで8時半くらいに起床。 メチャメチャ眠いが、今日は二度寝するわけにはいかない……
長女はバスケだが、それ以外の5人で行動できる日が今日しかなく、何処かに遊びに行くことになっていた。 だが、遊びに行く場所が決まっておらず、昨夜行ったことのない公園を探していたら、三豊にある「ふれあいパークみの」という場所が比較的遊具が充実していて行ったことがない公園なので、そこに行くことになった。

10時過ぎに家を出発、まだ誰も朝ごはんを食べてないので、うどんを朝・昼ご飯がわりにすることに。 三豊方面に向けて走っている途中で、いいうどん屋を考えていたのだけど、過去に一度だけ行ったことのある「麦香」に行くことに。
この店の近辺には「長田うどん」「小縣家」といった強豪店があるが、麦香もかなり混んでいて、まだ11時になっていないのに5組くらい行列が出来ていた。 駐車場は満車で、邪魔にならない隅に止めようと思っていたら、反対車線の裏の空き地が臨時駐車場になっていたので、そこに止めることができた。
鶏天ぶっかけうどんを食べたが、記憶にあるうどんより、遥かに美味しかった。 うどんはしっかりとコシがあり、素晴らしかった。
鶏天ぶっかけ

「ふれあいパークみの」は道の駅になっていて、大混雑していた。 近くには四国88霊場の1つ「弥谷寺」があり、道の駅にはプール付きの温泉施設が併設されており、巨大な公園も併設されている。 温泉は1,500円もするので高くて入ることはできないが……
この公園はローラー滑り台が2つと、角度がえげつない滑り台が3種類、あとはアスレチック的なロープが張られ階段やトンネルみたいなのがあったり、芝生広場があったり。
ローラー滑り台はきちんとメンテナンスしているのか、ローラーなのにかなりの速度で滑ることができる。 角度のえげつないすべり台は危険だ…… 本当にブレーキかけずに行くと着地時に吹き飛ぶくらいスピードが出る。 三女は最初怖がっていて全然やらなかったが、着地時に受け止めてあげることで恐怖心を克服したらしく、その後は楽しく遊んでいた。
この公園には12~17時位まで滞在していた。 日なたは暑かったが、日陰は気持ちいい気温だった。

帰りは丸亀の「焼肉五苑」で夕飯を食べて帰る。 17時半くらいに入店したのだが、ゴールデンウィークなので大混雑だった。

今夜はジョギングは無しで、夜はパソコンをやって楽しむが、今夜も27時就寝になってしまった。 毎日27時就寝はやばい。 ゴールデンウィークも明日で最後なので、生活リズムを元に戻さなくては。

みろく自然公園

晴れだんだんと起きる時間が遅くなっている感じがするが、今日も11時に起床。 今日は特にどこにも行く予定がないのだけど、ずっと家にいるのももったいない。
いろいろ調べた結果、「みろく自然公園」というところにアスレチックがあるので、そこに遊びに行くことにした。
この公園、およそ9年前も2010/06/06に訪れたことがあったが、その後何かの情報でアスレチックが老朽化していて全撤去になったと記憶していたのだけど、実は全撤去になっていなくて、一部遊べなくなっているだけで、アスレチック自体は存続しているみたい。
なので、このアスレチックを攻略するのを目的でやったきたのだ。

起きたのが遅く、必然的に家を出るのも遅くなってしまい、到着したのは14時半くらいだった。 だが、アスレチックの数は少なくて、1時間もかからずに全部回り切ることができた。
過去のブログにも書いてあったが、それから9年たった今、メンテナンスされているとはいえ、アスレチックは危険な感じだった……
アスレチックで遊んだあとは、遊具のある広場で17時過ぎまで遊んでクタクタに。 近くの池には野生の亀がいたり、かなりワイルドな感じだった。
みろく自然公園

夜はジョギングへ。 ポッドキャストを聞きながら9.6kmコースを走ってきた。 走る前から、日常生活の時点で足が重いのを感じていたので、キロ6分を意識して走ってきた。
一番速い区間で5.54、一番遅い区間で6.06で、ほぼ一定のペースを守って走ることが出来たと思う。
9.6kmを57分31秒で、キロ5分59秒ペースだった。

明日は家族で遊びに行くので、朝は11時まで寝ているわけにはいかず、8時半くらいには起きなくてはならない。 だが、今夜も27時位まで起きていてしまって、果たして明日起きることが出来るだろうか……

福岡町のプール

晴れ朝、目が覚めたら、なんと11時だった…… 寝たのが遅かったのでこの時間に起きるのは当然なのだけど、いつも通り9時前くらいには起きられると思っていたのに……
今日は子供たちと福岡町の市民プールに行く。 本当は仏生山のプールに行こうと思ったのだけど、長期工事で7月まで利用できないみたい。 かわなべスポーツセンターのプールは狭いし温浴がないので、福岡町にすることにしたのだ。

ゴールデンウィークだから混んでるかなと思ったけど、そんなに混んでいなくて、快適にプールを楽しんできた。
プールの水温は30度と表記されていたのだけどけっこう寒かった…… 温浴プールで10分以上温まってからプールを後にした。
普通の25mプールで、ビート板とヘルパーくらいしか遊ぶものが無いので、1時間くらいしか滞在しなかった。
プールのロッカーはコインロッカーなのだけど、ここがちょっとトラップっぽかった。 普通にお金を入れて、帰るときにはコインが返却されてくるタイプのロッカーなのだが、いくら100円玉を入れようとしても入らないし、お金を入れないと鍵が回らない。 使おうとしているロッカーがおかしいのかと思って、他のロッカーも試したが変わらず…… よく説明書きを読んだら、100円玉じゃなくて50円玉で利用するタイプのロッカーだった。
これは完全に先入観に捕らわれたトラップだった。 まさか1回50円だったとは……

プール後はグラッチェで軽く食事をする。 もう夕方なので、あまり量を食べると夕飯が食べられなくなってしまうので。
3人で2枚のピザを食べ、それぞれドリンクバーでジュースを飲んで満足してきた。
ピザ

夜はロードバイクのトレーニングへ。 32.6kmコースを走ってきたのだけど、前半は一定のケイデンスを意識しながら走ってきた。
上り坂が終わって、ラスト7kmくらいからはペースアップして、走ることに意識する。 大体時速34kmくらいで走り続けて、さすがにラスト1kmはきつくて時速32kmくらいに落ち込んだけど、いい感じで最後を追い込むことができた。
32.6kmを1時間16分37秒だった。

今夜もいろいろやっていたら、寝たのは27時位になってしまった。

ゴールデンウィーク5日目

雨のち曇り昨夜寝たのが27時を過ぎていたのだけど、朝はそんなに眠くなく8時半くらいには起床。
今日も天気が悪く、どこにも行くことができないかもしれない。 午前中は雨が降り続いていて、昼前に雨が止んだので、三女とどこかに出かけようと思った。
だが、雨上がりなので公園は濡れていて遊べないし、イオンやゆめタウンといったショッピングセンターは激混みだろうし無駄なお金も使っちゃうだろうし…… 行くところが全然ないのだけど、室内で遊ぶことができる「こどもの国」に行くことにした。

まずはお昼ご飯を「味らく」で食べる。 あんかけラーメンを食べたのだけど、いつもより塩味が薄い感じがした、ラーメン自体は熱々で美味しかった。
このお店は結構利用するのだけど、食べログでは全然レビューがついておらず、情報もあまり無い謎に満ちたお店だ。 そんなお店だが、2019年1月に食べログでレビューが付いているのに気づいた。
レビューに書いてあるけど、外観は非常に怪しいんだよな。 中が一切見えないし、営業しているのかも不明、外からだとメニューも不明なので……
だが、70歳位のご主人は、おとなしめのとても優しそうな人で、いつも美味しい料理を提供してくれる。 値段も安いし、今日も三女のラーメンが390円で、自分のあんかけラーメンが570円で、960円で2人前だしな。
あんかけラーメン

こどもの国はとても混んでおり、正面駐車場、正面上の駐車場、西ウイングの駐車場は満車で止めることが出来なかった。 西ウイングの奥側の駐車場にかろうじて止めることが出来たが、メイン館までは500mくらい歩かなくてはならない。 やはり雨だから皆遊びにくるのかなぁ。
雨上がりで地面が濡れていたり、一部遊具が濡れていたりしたが、外でも遊べるくらいだった。

サイクリングセンターは大行列で、三女が「並びたくない」というので、レンタルサイクルは乗らなかった。 チケットを買うだけで10分以上かかりそうだ……
室内の工作ルームで遊んだり、外側に配備されている龍の道を歩いたり、展示されている飛行機に乗ったり、なんだかんで4時間くらいは滞在してたのかな。
閉園の17時まで遊んでいた。

帰宅してからはジョギングへ。 今日もペースを意識せず、9.6km走ってきた。 足の疲れはかなり取れてる感じがするけれど、気がするだけで実際は足が重くて思うように走れないので、焦らず回復を待とう。
9.6kmを51分09秒で、キロ5分19秒ペースだった。 ラスト1kmだけ少しペースを上げたので4分台に突入できたが、他の区間はずっと5分台の走りだった。

夜はネイティブキャンプで英会話を2レッスンと、あとはパソコンやっていたら、今日も寝るのが27時になってしまった。

鳥取観光

晴れ朝6時50分に起床。 昨夜は22時前に寝てしまったので、9時間くらいたっぷりと寝ることができた。
朝ごはんは7時に指定してあったので、すぐに朝ごはんを食べに行く。 普段、起床後10分で朝ごはんなんて絶対食べられないのだけど、今日はモリモリと食べることが出来て、朝からご飯3杯もおかわりしてしまった。
かなり食べてお腹がいっぱい。
朝ごはん

食後は、荷物をまとめてすぐにチェックアウト。 今日は1日観光を楽しもう。
昨日見つけた「余部橋梁」を見に行く。
その途中に「鎧駅」というメチャメチャ格好いい名前の駅があったので、寄り道して見てきた。
鎧駅 鎧駅からの景色

余部橋梁は明治45年、およそ100年前に、JRが路線を繋げるために未開の地「余部」に鉄橋を建築したのが始まりだという。 日本海の厳しい気候と波しぶきに耐えなくてはならないので、技師がアメリカに視察に行き、この技術を持って帰ってきたという。 まだ重機などがほとんど無い明治時代、橋の建築では殉職者も出たらしい。 橋が完成して、JRの線路が繋がったのはいいが、この余部集落に駅がない。 せっかく橋ができたのに、ここに住んでいる人々は、橋まで上がり、線路を4kmほど歩いて隣の「鎧駅」から電車に乗っていたらしい。 住民からの陳情もあり、昭和35年くらいになって、ようやく駅が完成したとのことだった。
写真も何枚も残っており、歴史を感じる建造物だった。 観光客は結構来ていて賑わっていた。
余部橋梁 余部橋梁

余部橋梁の見学が終わったので、次は鳥取砂丘を目指す。 鳥取砂丘までは50kmほどで、高速道の無料区間があるので1時間もかからないみたい。 思っていたよりかなり近い。
ゴールデンウィークなので鳥取砂丘は大混雑だと思うし、駐車場に止められるか心配だ。 そんなことを気にしながらGoogleMapのナビに鳥取砂丘をセットして案内してもらっていたら、砂の博物館とかあるメインの広場ではなく、砂丘の南端「市営浜坂駐車場」という場所に案内された。 砂の博物館の方は駐車場の大渋滞が見えていたのだけど、こちらは渋滞どころか駐車場は70%くらいしか埋まってなく、簡単に止められてラッキー。
ラクダがいたりお土産屋があるのは砂の博物館の方なので、そういうのを楽しみたいのなら駐車場渋滞を待ってでもそちらに止めたほうがいいだろうけれど、自分はそういうのは興味なく、単に鳥取砂丘に来たかっただけなので、こちらでOK。 むしろこちらの方が都合がいい。

鳥取砂丘は2004年に原付旅をしている時に、1週間くらい近くの「柳茶屋キャンプ場」という場所で泊まっていた。 そこのキャンプ場も見たいし、そうなると鳥取砂丘の端のこの位置が非常に近い。
とりあえず鳥取砂丘を歩いてきた。 メインの方には人の影がたくさん見える。 端の方も結構人が歩いていて賑わっていた。 海が見える辺りまで行ったら、パラグライダーの体験みたいなのをしていた。
鳥取砂丘の向こう側、近くに見えるけど、歩くと30分以上かかるし以外に遠いしアップダウンもある。 今日はサンダルで来ているので気にならないが、靴で歩いていたら砂が靴の中に入るのがかなり気になるだろう。
鳥取砂丘 鳥取砂丘 パラグライダー

そして柳茶屋キャンプ場へ。 ゴールデンウィークなのでキャンプ場は非常に賑わっていた。 自分が泊まっていた時の面影が全然なくて、こんな場所だったかなぁと考えていた。

その後は鳥取駅付近に移動。 駅近くのコインパーキングに駐車してお昼ご飯を食べる場所を探す。 適当に歩いていたら「駅前市場」という産直とレストランが一緒になったような施設があったので、そこで食べることに。 「いちば定食」という1,100円の料理を食べたのだけど、結構おかずが多くて美味しかった。
いちば定食

食後は鳥取城に行こうと思って歩いていくのだが、距離が2kmくらいあって、痛い足で2kmは遠かった。 それと今日は常に北風が吹いており、上着を持ってきていないので肌寒かった……
鳥取城は天守閣等は残っておらず、城壁しかない。 日本で唯一の巻石垣があることで有名らしい。 鳥取城から眺める鳥取市内の景色は素晴らしかった。
鳥取城壁 巻石垣 鳥取市内

鳥取城を出たところに「鳥取県立博物館」があったので見ることに、他に行くところも無いので。
特別展で「抽象派」みたいな絵の展示をしていたのだけど、全く理解できなかった。 名前の通り、絵を抽象的に表現する手法らしい。
「アド・ラインハート」という人物の、いかに黒を表現するか、のような有機ELのようなことをしている人たちがいるらしく、そんな訳のわからない絵が数十億で落札されたり、不思議な世界を垣間見ることができた。

帰りは市内循環バスが100円で乗ることができたので、楽々と鳥取駅まで戻ってくることができた。
鳥取駅でお土産を購入して、近くの商店街を歩いていたら「チャップリン喫茶」という喫茶店があったので、ここでデザートタイム。
シフォンケーキ+コーヒーセットを注文して、しばしくつろぐ。
チャップリン喫茶 シンフォンケーキセット

さて、そろそろ帰らなくてはならないな。 最後にお風呂に入りたいので「鳥取ぽかぽか温泉」でスッキリ。
同じ敷地内にあった「うどんまる」というセルフのうどん屋で、蕎麦を食べる。
味は普通だったが、この店は注意書きばかりで少々不快だった。 単なる張り紙ではなく、明らかに注意書きだったので。
「ここは入口です、出口ではありません」「お茶ボタンは2回押さないで」「テーブル・座敷は2人以上で」「ネギは取り放題じゃありません」「忘れ物はないですか」「特盛はできません」など。
蕎麦

高松までの帰路は、鳥取南IC~智頭IC~までは高速道路の無料区間で。 ナビ通りに走っていたらそこで一般道に降ろされ、国道53号線を津山方面に30kmほど走る。 津山ICから再び高速道路に乗り、中国道→岡山道→山陽道→瀬戸中央道→高松道と走ってきて、高松まで到着。
高松に着いたのは21時半くらいだった。 荷物の片付けをして、非常に疲れていたので22時位に寝てしまった。