送り迎えの一日

晴れ今日から3日間、三女の陸上の学童があるので、そこに連れて行くことになっている。 本当は全部で10日くらいあるのだけど、連れていけそうなのが4日しかなく、今日がその1日目。 今日の場所は「三木ウォーキングセンター」という、白山駅から南へ500mほど行った場所。
8時10分くらいに家を出て、車で向かうのだけど、この時間の道路は非常に混んでおり、到着したのは8時55分だった…… 三女を三木ウォーキングセンターで下ろしたあとは、火曜日の打ち合わせでいつものお店へ。 9時からは無理なので9時半に変更してもらっていたが、それにも間に合わず9時40分くらいの到着となった。 先日、これ関係の見積もりを出したのだけど、お客さんの要望がどんどんと膨れ上がっていき、自分で出した金額は70万円を超えた。 これはシステム費用だけなので、ディレクション、デザイン、コーディングは含まれていない。 それらを考えたら2倍くらいにはなるだろうけど、こういう「あれもやりたい、これもやりたい」って人は、たいていの場合、開始せずに終了となる。 なので、この案件は降ってこないだろうな。 自分は打ち合わせに行ってないのでいいのだけど、何度も打ち合わせに行って、結局始まらないので、打ち合わせに行く人は、ただ時間を損するだけだ。 時代が変わってきているので、製作者もお客さんを選べるようになってきている、こういう人はバシバシ切るべきだ。
モーニング

14時半に、トレスタ白山のプールに移動した三女を迎えに行って、19時45分に長男をスイミングスクールに迎えに行って、22時に次女を塾に迎えに行って、と、今日は送迎だらけだ…… 何もしてないのに疲れる……
一方仕事は、コピペの嵐の仕事が舞い込んできて、脳は疲れないけど、眠くなる仕事なので大変だった……

夜はジョギングへ。 昨日の走れない感じを今日も引きずっているので、ロードではなく池の周りの不整地を走りに行ってきた。 1周700mの周回コースなので、好きなタイミングでやめられるけど、とりあえず4kmは走ろうと…… 昨日よりは体は重くなったけど、まだうまい具合に走れない。 左足首も微妙に痛いし。
6.00, 5.44, 5.43, 5.44, 5.51と、4.5kmを26分00秒で、キロ5分49秒ペースだった。 8月は辛い月間になりそうだ。

かかとにトゲが刺さる

晴れ昨日の夕方から、三女が「足が痛い」というので、痛いという場所を見てみたら、かかとにトゲみたいなものが3箇所も刺さっている。 2箇所は深すぎて自分では取れなさそう、1箇所は浅いので取れそうだったが、毛抜きで頑張ったが取れなかったので、朝一で皮膚科に行くことに。
9時開院の病院に、8時45分くらいに行ったのだが、既に10人町…… 9時50分くらいになってようやく呼ばれて診察してもらう。 さすが皮膚科の先生はプロフェッショナルで、2箇所は一瞬で抜いた。 一番深い場所は、針でほじくりだして、ピンセットでつまみだした。 足から3mmくらいのトゲが出てきて、先生は「多分ウニのトゲでしょう」と言っていた。 「深い1箇所は、細菌とかが入る可能性があるので、大丈夫だと思うけど一応薬を出しておきます」と。 足が痛くてかかとをついて歩けなかった三女が、今は全く痛くなくなったので、待ってでも病院に行ってよかった。
昨夜、なんとか自力で解決できないかネットで調べたのだけど、改めてネットの記事はゴミだなと思った。 どこもコピペの嵐で、どのサイトを見ても書いてあることはほぼ同じ。 しかも医学的に全く根拠のないことが多数書かれていた。
「5円玉を押し当てろ」「梅干しを張り付けろ」「はちみつを塗れ」などなど。 丁寧に楽天のはちみつ商品へアフィリエイトリンクが貼ってあったり…… インターネットはゴミにあふれているので、早くGoogleがなんとかしてほしい。

夜はジョギングへ。 数日走ってないので、7.3kmか9.6km走ろうと思っていたのに、走り出したときからふくらはぎが非常に重いことに気づいた。 丸4日走ってないのに、なんでこんなに重いんだろうか…… ペースも出ないし、このまま7.3kmとか走っても意味ないから、6kmにしようと思って走っていくが、6km走るのもきつそうだったので、6km行く途中でコース変更して戻ってきてしまった。
距離はたった4.2kmしかもペースも遅く、5.54, 6.20, 5.53, 5.56で、4.2kmを25分44秒で、キロ6分01秒ペースだった。

おそらく暑いのが原因でいろいろ負のスパイラルになっているのだと思う。 暑いから長い距離が走れない、長い距離を走らないので、長い距離が走れなくなる。 暑いので速いスピードで走れない、速いスピードで走らないので、速いスピードで走れなくなる。 そのために、ロードバイクにトレーニングを移そうと思ったのに、ロードバイクも全然乗ってないし、このままじゃダメだと思うけど、何も動き出せていない。

高松市民プールと高尻海岸

晴れ7時45分くらいに起床。 今日は長男と三女と高松市民プールに行く。 高松市民プールは新型コロナウィルスの影響で、午前が9時~12時、午後が1時~4時の完全入れ替えの2部制になっている。 早く行かないと駐車場に止められなくなるので、8時20分くらいに出発して市民プールへ。
市民プールの駐車場に止めることができたのだけど、入場券売り場は大行列。 9時にならないと開かないし、入るのに20分くらいかかりそうなほど並んでいる。 駐車場側の入口ではなく、正面の入口から入ろうと思って、荷物を持ってそちらに移動したら、入口のところにいた係員に止められる。 「人数制限をしていて、もう午前の部は締め切りました」と。 色々言ったが、最終的には「駐車場に止めており、あちらが混んでいるのでこっちに回ってきた。 一緒に駐車場に行って車見せてもいいですよ」と言ったら、「それならば」ということで入ることができた。 駐車場の入口は、もう車が入れないように警備員が門を閉めているので、ギリギリのタイミングだったんだな、と思った。 後で調べて分かったのだけど、午前午後の2部制で、それぞれの部は200名の人数制限も着いていた。
午後は12時から並ぶ人もいるみたいで、12時45分くらいには、もう締め切られていると言っていた。 今週から夏休みなので、もっと早まるかもしれないと。

人数制限がされた市民プールは非常に快適だった。 200人でこの混み具合なのだとしたら、普段は3倍の600人くらいは入っていそうな感じだった。 これくらいの人数なら快適に遊べるなぁと思ったが、もし次くるとしたら、もっと早く来ないと入れない可能性があると、わかったのが収穫だった。
12時までたっぷりとプールで遊んで、けっこう疲れてしまった。 だが、このあと海に行く約束をしてある。
高松市民プール

本当は今日、市民プールではなく、観音寺の有明浜に行く予定だった。 が、新型コロナウィルスの影響で海の家が開設されていなく、SNSを使って情報収集したが、海水浴場に入れるのかも不明だったので、海は諦めてプールにしたのだ。 だけど、有明浜みたいにそこそこの規模の海水浴場ではなく、庵治にいくつもある小規模な海水浴場ならば「閉鎖」という概念すらないので、前に一度いった高尻海岸に行くことにしてあるのだ。
市民プールの目の前にあるマルナカでお昼ごはんを購入して、車内で食べながら庵治へ。 道の駅むれで、トイレに行ってから高尻海岸へ。

ここは結構混んでおり、路上に20台くらいは車が止まっていた。 レジャーシートを敷いて、先程抜いたばかりの濡れた水着を着て、海で遊ぶ。 海はプールよりは冷たく、胸まで浸かるのに気合が必要だった。 それと海藻が多くて水の中が全然見えない…… 1時間半くらい遊んでいたところで、道路の方にパトカーがやってきた。 どうやら今の期間は、この区間が臨時で駐車禁止になっているらしく、車をどかすように言いにきたのだ。 20台くらいいた車は3台をのぞいて全ていなくなった。 もちろん自分の車も動かさないといけないので、もう帰ることに。 意外に、ここの海が面白くなかったので、子供たちも帰ることに納得してくれてよかった。 やっぱり砂浜や海がきれいな場所で遊びたい。

再び道の駅むれに行き、併設されている公園で遊んでから、帰路につく。
今日は夏っぽい遊びをして疲れ果てた。 まだ16時過ぎだけど、子供たちと風呂に入って、プールや海で使った道具や水着を洗って、夕方はパソコンやっていた。 眠かったので寝てしまいそうだったけれど。
そんなわけで、今日もジョギングは無し。

オーディオブックのポッドキャスト

晴れ今日は三女のスイミング。 朝は8時45分くらいに起きたので、出発するまでの10時10分くらいまでパソコン作業をやろうと思っていたのだけど、急遽ヤマト運輸に行かなくてはならない用事ができてしまったので、ほとんどパソコンできずに荷造りをして、ヤマト運輸へ。 なぜか4人も待っていて、5分以上待たされた…… で、家に帰ってきたらもう10時10分だった……

三女のスイミングの時間は、いつものようにオーディオブックを聞きながらスマホをいじっていた。 audiobook.jpは、音声の本以外にもポッドキャストのコーナーもあり、例えば「ヴォイニッチの科学書」「世界一周!チラ見の世界史」のように、月額課金の有料コンテンツだったり、聞き放題プランに含まれていたりするので、そういった週に1回程度更新される番組を楽しむこともできる。 この辺りはまさにラジオ的な感覚。
そういう番組は、今の所2番組しか購読してなく「PRESIDENT Online 音声版」「新型コロナウィルス感染症(COVID-19)最新情報」を聞いている。 コロナのやつは、先程挙げた「ヴォイニッチの科学書」のパーソナリティがやっているオマケ的な番組なのだけど、テレビやネットニュースからは全く見えない、科学者からの視点を紹介してくれていて、とても役に立つしためになる。

スイミング後は、ゆめタウンへ。 レストラン街の「鎌倉パスタ」で食事をしたが、ちょい高かった……
パスタ

それから、ショピングを楽しんだ。 三女はキャラクターグッズの店を見て楽しんだり、前から「大人っぽい服が欲しい」と言っていたので、ギャル系ばかりの2Fの服屋とかは素通りして、1Fのグローバルワークで自分で服を選んでた。 選ぶというか、マネキンと同じものを買ったのだけど、3着、2パターンの服を買って満足気だった。

一旦帰宅してから、図書館の本を集めて、図書館へ。 本を返して別の本を借りてきた。
今日は久々に夜ご飯を作った。 マルナカで1,000円分の手羽元を購入したので、それに味を付けて唐揚げみたいなやつにした。 クックパッドで調べたレシピだけど。
16時から18時過ぎまで、2時間ほど冷蔵庫に肉を寝かして味を染み込ませていた。 下準備以外も結構時間がかかって、トータルで1時間半くらいはやっていたと思う。
長男のスイミングを迎えに行ってから肉を揚げ、思ったよりは美味しくできた。

今夜はジョギング休み、休んでばかりだな、最近。

リレーのバトン

晴れ小中学校は今日が1学期の最終日。 本来であれば海の日に入る前の平日が終業式だと思うのだけど、新型コロナウィルスの影響で3~5月の3ヶ月間休校になり、勉強の枠が追いついていないので、ずれ込んだ感じになっている。 夏休みも8月最終週の前の週くらいで終わりだったと思うのだけど、お盆明けから学校が始まる。 今年は異例づくしだと思うのだけど、これが異例なのか、常態化するのかは、誰も予測することができない。

今朝はマクドナルドで朝ごはんを食べてきた。
夜は三女の陸上を迎えに綾川競技場へ。 今日はリレーの練習をやっていた。 8月にまた記録会があり、それにはチームでリレーに出るので、それの練習をしているのだ。
リレーに限らず、小学生はまだ専門種目を絞る段階ではないので、100m、1000m、ハードル、走り幅跳び、走り高跳び、リレーと、投擲種目以外は全て練習をしている。 高学年になるとその子の得意な種目というのがわかってくるので、そこから専門性を伸ばしていくみたい。
そんなリレーだけど、監督からは「リレーは失敗して終わらないこと」と言われていた。 失敗というのは失格ということ。 例えばバトンパスゾーンでバトンを渡せず失格、レーンをはみ出して失格など。
小学生レベルのリレーだと、失格にならずに最後まで走りきれれば予選通過できることはあるらしい。 これが、世界陸上とかオリンピックレベルになると、ゴールするだけじゃなく、タイムも求められるのだけど。
だけど、日本のリレーチームが初めてメダルを獲得した北京オリンピックの400mリレーの予選では、強豪のアメリカとイギリスがバトンミスでのまさかの失格で、本来であれば4位だったところを、2位で決勝進出。
そして、決勝では3位で日本初の短距離種目でのメダル獲得となった。(10年後にジャマイカがドーピング違反で失格になり、銀メダルに繰り上げ)
オリンピックでもこんなことがあったので、リレーはバトンパスが非常に難しいのだとわかる。 なので、失格にならない、というのが重要なのも納得できる。

練習は長く、21時過ぎまでやっていたので、帰宅して夕飯を食べて、三女を寝かしつけたのが22時半くらいになってしまった。 その時間から、パソコン作業やらないといけなかったので、全然終わってないけど一区切りついたのが24時位。 さすがにこんな時間から走りに行く気力もなく。 今月残り4日で36km走らないといけない状態から、1kmも走ることなく7月を終えてしまった。

日々の作業時間

晴れ今日は、知り合いから紹介された人の仕事をちょこちょこやっていた。 6月中旬くらいにもらった仕事で、7月中旬が納期で、7月上旬に渡したのだけど、なかなかチェックしてくれず、1週間後に反応が帰ってきて、それを翌日直して、それの返答が2週間後。 そんな感じで、もう8月になるのに、その仕事が終わっていなかったり。 修正とかは簡単にできるのだけど、レスポンスが悪い。 急ぐのか急がないのか分からない案件だな。 今まで経験したサイトや、個人プロジェクトは全てC向けのサイトなのだけど、今回受けたのはB向けのなので、こういうのはまた新しい感じがしてよい。
アクセス数とか負荷とか一切気にしないでいいのは楽だけど、そればっかやっていたらダメになりそうな気はする。

今夜は長男のスイミングに迎えに行っただけで、ジョギングにもロードバイクのトレーニングにも行かず。 家から出たのは、その迎えのためだけだった。

最近記録している、各種タスクの時間だけど、たまに漏れがあるけど、仕事含めて1日にどれくらいパソコンをやっているのかが明確になった。
7/25(土) 7時間36分
7/26(日) 9時間51分
7/27(月) 11時間06分
7/28(火) 13時間29分
7/29(水) 11時間18分
7/30(木) 13時間16分
こんな感じ。 土日はあまり作業ができないのだけど、それでも8時間近くもやっていることになる。 朝2時間、夜4時間はやるので、大体そんなものか、と改めて実感した。
逆に平日が思ったより少ないかも知れない。 多いときで13時間、少なくて11時間、仕事が8時間なので、仕事外で3~4時間しかしてないことになる。
朝が2時間弱、夜はトレーニングに行かなければ4時間、トレーニングに行っても2時間半くらいは取れると思うのだけど。

もうちょい時間を減らして、効果を上げないといけないな、とつくづく感じる。 別に時給の仕事はしてないのだけど、なんとか改善したい。 いっそのこと外に出せればと思うけど、外に出すお金もないし、思い通りにやってくれる人を探すのは非常に難しいだろう。

ロードバイク18.6km

晴れ朝はマクドナルドでモーニング。 もう本を借りてないので、オーディオブックで本を聞きながらスマホをいじっていた。 もう分かってるのだけど、耳を使いながら字を読むのができないことが分かった。 優先されるのは字を読むこととなる。 ただ、世の中には超人がいて、ポッドキャストを5倍速で聞きながら本を読んで両方とも理解する、という人がいるのが驚きだ。 ポッドキャスト等倍速でも無理なのだけど、これもトレーニングでなんとかなるものなのだろうか。 音声→言語化→理解、文字→理解、と、脳はマルチタスクできるのかわからないけど、1箇所で理解してたら無理っぽい気がするのだが…… ただ、音を聞きながら本を読むってシチュエーションがあまり無い気はする。

今夜はトレーニングへ。 残り3日で36km走らないといけないのだけど、今日はジョギングではなく、ロードバイク。 ジョギングの今月150kmは諦めた。
ロードバイクで高松空港のコースを、いつもより負荷を強くして走ろうと思う。

いつもよりペースを上げて、上り坂区間でも力を抜きすぎず、呼吸が苦しくなるように追い込んで走ってきたのだけど、タイムはぱっとせず。
普段楽なスピードで走って、48分くらいなのだけど、今日は47分35秒だった。 たった30秒くらいしか変わってない。 信号待ちとかでのロスはあるだろうけど、それは普段も同じなので、それは特に考えずに計測しているけれど。 2年前くらいの絶好調の時期は44分とかで走っていたのkが、ちょっと信じられないくらい、今はスピードが出ない。

時間管理の方法

晴れ今日は火曜日なので、いつもの場所で集まって打ち合わせをしてきた。 今週は全員来たのだけど、最近進捗が思わしくなく、毎週話していても全然進んでいる気がしない。 いつも「今週中にはコーディングに回せると思う」で、もう1ヶ月位経っている気がする…… 個人の時間管理の問題なのだけど、その人はずっとその問題を抱えたまま、少なくとも自分が知る7年くらいはその問題を抱えている。 で、解決しようといろいろ努力しているみたいなのだけど、努力の方向が少し違う…… 例えば情報商材のようなものを購入し参考にしたり、数万円する書籍を購入したりと…… 多分情報商材も数万円の本も、それこそ1000円くらいの自己啓発の本も、内容的にはほとんど代わりはないと思う。 あとは自分の受け止め方、本を読んだだけで満足するのか、それとも何も感じないのか、もしくは全く参考にならないのか、抽象的すぎるのか、理由や原因はわからないが、7年そういう努力をして変わってないということは、全く効果がなかったということになる。
まぁ多分今後も変わらないのだろうな、と思う。 それこそ、協力なリーダーシップや厳密なタイムマネジメントをする人でも現れない限り。
モーニング

今夜のトレーニングは計画的に休み。 残り4日で36km走らなくてはならないのだけど、左足首も少し痛いし、無理するものでもない。 そもそもの目標を達成しても何かがあるわけではないので。 残り3日で36kmと、条件はさらに厳しくなるが…