四国最東端

くもりときどき雨今日はバイクでぶらりと走ってくる。
向かうのは四国最東端の「蒲生田岬」に行ってくる。 普通に海沿いを通って行っても面白くないので、いろんな峠を抜けていこう。

まずは193号線を美馬まで走り、吉野川沿いを少し東へ。 それから「酷道」といわれるほど厳しい国道193号線を山のほうに向かって進む。
走ること数十キロ、峠を1つ越えて438号線に合流。 そこからがこの国道の本番。 さらに山のほうに走っていく。 途中で国道から県道に変わり雲早トンネルへ。 ここがこの国道のピーク。 ここで、国道からそれて、日本一のダート距離を誇る「剣スーパー林道」へ。 高知方面に行けば70kmほど林道が楽しめる。 しかし行くのは残念ながら徳島方面……
けど、楽しいダートが10km以上も走れた。

ダートを抜けて県道16号線へ。 そこからまた峠を越すため県道でもない一般の道へ。 「美杉峠」というのを越えて国道195号線へ。 ここまできたらもう少しだ。
徳島方面に走り、国道55線へ。そして県道26号線へ。 岬まであと17km。 しかし突然土砂降りの雨が降ってきた。 急いで木陰に避難してレインコートを着込む。 デジカメが濡れないように防水して、少し雨宿りして雨脚が弱くなったのを見計らって出発。 すぐに「蒲生田岬」に到着。 せっかく来たのに雨とは……

この岬は灯台があり、灯台まではすごい階段が続く。 段を数えてみたら142段もあった。 けっこうきついな、これ。

そしてついに四国の最東端に到達。 最東端は、北海道、本州、四国と3つ目。 次は九州を目指すか!
蒲生田岬 蒲生田岬

雨なので早々に退散する。 すぐ近くに温泉があったのだが、雨だしな~ 一度レインコートを脱いだら、濡れてるレインコートをもう一度着たくはないし……

国道55線まで戻り、すこし徳島方面に走った辺りで雨は止み青空がでてきた。 あの岬付近だけ雨だったのだろうか?

55号線は快適で、すぐに徳島市まで到着。 このまま鳴門の方に抜けて帰ろうか。

16時ごろにモスバーガーで遅いお昼ご飯を食べ、どうやって帰るか考えた。 このまま11号を通って帰ってもいいのだけど、車でもよく通る道だしつまらないなぁ。 どこか峠を越えて香川県に入りたい。 地図を眺めていたらすごい面白そうな道を発見! それは県道1号線。
地図上では、香川県側はめっちゃクネクネしている。 これは走るしかないな。

徳島側の国道1号線は至って普通だった。 しかし香川県側はすごかった。 まずは景色がすばらしい。 海沿いの景色がずっと遠くまで見える。 そして道。 坂がすごい緩やか。 で、直線距離が長い。 なんでこんなに緩やかで長い道なんだろうな?
馬車でも通れそうだ。

ここから先はもうなれた道。 長尾辺りで再び土砂降りの雨に降られてビショビショになって帰宅。 あー寒い。

山の中走っていたからだろうか、走行距離が335kmもいってしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。