べき乗

晴れのちくもり仕事でbit演算子を扱おうと思い、概念を勉強していた。 それで「べき乗」がでてきた。
要するに2の2乗とか、2の5乗とかのこと。
それで、計算をしていたのだが、2の2乗=4、2の3乗は8、2の10乗は1024。 これらは簡単に理解できる。
しかし2の0乗はいくつだろうか? てっきり0だと思っていた。
しかし答えは1。

数学で「0乗は1と定義する」と書かれているのだが、そんなことは忘れてしまっていた。
しかし何で1になるのかを理解するのにすごい苦労した。
2×0=0ではなく、
2×2÷2÷2=1
の考え方らしい。

数学は奥が深い。 というか、これ中学1年か2年程度の問題だよね… 数学は得意だったが、使わないとこんなにも忘れてしまうものか。

さて、べき乗も理解したし、ビット演算子について勉強するか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。