剣岳 点の記

晴れのちくもり7月くらいに録画しておいた「剣岳 点の記」を見た。
時は明治40年。 日本軍の測量部が完璧な日本地図を作るために各所に三角点を設置していたのだが、立山連峰の剣岳付近だけ地図が空白のまま。 剣岳は人類未踏の山で、そこに三角点を設置し測量するのが目的。
同時に、日本山岳会も剣岳山頂を目指していた。 ヨーロッパから取り寄せた素晴らしい性能の装備を持ち、山頂を目指す。

どちらが先に剣岳に登れるか、を描いたような映画だった。

オレ自身、山を登るので、この映画はとても楽しめた。
主役じゃないけど、香川照之、カッコいいね。 彼自身も役柄も。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。