医龍4

晴れ今日は医龍4を見る。 先週、今週分と2週分一気に見る。
朝田の師匠、桜井先生は心臓と脳に大動脈瘤があり、心臓は朝田が手術できるのだが、同時手術で脳の手術を行える医師を探さなくてはいけない。 脳だけの手術ならできる人が何人か見つかったが、心臓と同時、と聞くとみんな怖気づいて拒否してしまう。
また、厚生労働省から病院の監査が入り、経営状態や死亡率、医師免許などを提出しろと、病院のあら捜しみたいなことをされてしまう。 が、桜井先生の患者のための医療、ということが、役所の人間にも伝わり、無事監査を乗り切る。

2週目は、伊集院の婚約者のお父さんが、肺がんステージ4と診断され、どの病院でも手術不能と言われてしまう。
お父さんは抗がん剤などの延命治療を拒否し、治療をしない人は入院できないということで、あちこちの病院に断られて行き場を失っている。 そんなお父さんを桜井病院に入院させ、献身的な看病をする。
肺がんが脾臓に飛んでステージ4と診断されていたのだが、ひょんなことから、脾臓のは癌ではなく、体内に入った異物が石灰化したものではないか、と疑い始める。
L&P病院の施設を使いお父さんの手術を行う。 脾臓のものは結局癌ではなく、そうなったら肺がんはステージ1、手術で十分に取り切ることのできるレベルだった。 手術は無事に成功。

だが、L&Pの施設を使うことの条件に、伊集院はL&Pに移籍することになっていた。
こうやって、チームドラゴンは、朝田以外みんなL&Pに行ってしまった。

このあとどうなるのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。