アルペン大回転

晴れソチオリンピック、女子スノーボードのアルペン大回転をやっていた。 帰りの車の中のラジオで、ニュース速報みたいなのが流れて「竹内選手が準々決勝を突破し準決勝に進出」という内容だった。 準決勝に進出だけど、こんなニュース速報流れるんだ、と思っていた。
家に帰ってテレビをつけると、「メダル確定」となっていた。 どうやら決勝に進んだよう。
この種目のルールは単純で、2名同時にスタートし、先にゴールしたほうの勝ち。 準々決勝くらいからはコースを入れ替えて2回滑る。 2回目のスタートは、1回目のタイム差でスタートする。 なので、最終的には、2回目早くゴールしたほうの勝ち。
そのようなルールのトーナメント戦だった。

竹内選手は惜しくも決勝で敗れてしまって、銀メダル。 柔道とかと同じように、勝てば金、負ければ銀なので、銀メダルでも悔しいだろうな。 一方三位決定戦は勝てばメダル、負ければ入賞止まりなので、やる気が違うだろう。
女子の三位決定戦の1回目は、0.01秒差の激戦だった。 トッププロになると、やはりコンマ何秒の世界なのだろうか。

しかし今回のメダル、ソチオリンピック女子では初メダルだったみたい。 けっこうメダルとっているイメージだったが、まだ取っていなかったのか。

オリンピックも今週で終了か。 2週間のスポーツの祭典、とても面白かった。 オリンピック期間だけ、普段は興味ない種目も興味が出てくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。