drivesの発音

晴れ朝と昼に英会話を1レッスンずつ。 ネイティブキャンプを始めたばかりの頃に指名した、フィリピンの男性講師を再指名した。 その先生には「drives」の発音を指摘されていて、何度やっても結局できなかったのだ。 「ドライブス」じゃなくて「ドライvス」みたいな感じで発音するように言われて「ブ」でも「ヴ」でもなく「v」と発音しないといけないみたい。
前に何かで見たのだけど日本語は五十音どれを発音しても母音が入るのだけど、英語だと子音の単語が非常に多くて、例であげられていた単語だと「straight」。 先頭の「str」は子音なので発音はしなくて、日本語の「ストレイト」だと間違いで「strエイt」のような感じらしい。 こうやって文字で書くと意味不明で、発音しないけど発音するとかわけわからないけど、drivesのもそれと同じような感じで全然発音できない単語の一つ。 偶然にも今回の教材にも「drives」という単語が出てきて、予想通りそこを指摘された。

夜はジョギングへ。 先日のトライアスロン練習会の疲れが全然取れない感じで、今日もペースを気にせずジョギングを。 途中で、少しだけペース上げようと思ったけど、10秒しか上がらなかったのに疲労具合が一気に上がったので、ペースを戻して、淡々と走ってきた。 12.1kmを1時間07分53秒で、キロ5分36秒ペースだった。

最近、風呂に入る時、浴槽に入らなくなった。 それは日々の気温が上がってきて、単純に風呂に入るのが熱いから。 だけどせっかく買ったKindleは風呂で読むために購入したので、風呂に入らないとKindleを読む機会が激減してしまう。 風呂に入らなくて短縮した時間にKindleで本を読めばいい、という理論はあるけれど、そういうことができないのが人間だ。 短縮した時間は他のことに使ってしまう、その他のことというのが、たいていKindleで本を読むより生産性の低いというかやらないでもいいようなこと。 例えばテレビを見るとかスマホを見るとか。

そんなわけで、Kindleで英語学習の本を読んでいたのだが、それをどこで読むかが今後の課題だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。