久々ロードバイクトレーニングで撃沈

雨のち曇り今日は、妻たちは三女の友達の家に遊びに行ってしまったので、家でゆっくりとパソコン作業をする。 当初の予定では朝8時に起きて3時間くらいやってトレーニングにでも行こうと思っていたのだけど、起きたのは朝9時で、パソコン作業が3時間やってもまったく一段落せず、一段落しないまま15時半を迎えてしまった。 このままやっていてもいつになっても一段落しないので、諦めて一旦ここで切り上げた。 図書館で借りている今日返却の本があったので、それらを返却しに行って、確定申告の書類を印刷して帰宅。

すぐにトレーニングの準備をする。 今日は久しぶりにロードバイクに乗ろうと思っている。 最後に乗ったのがいつだったか忘れたくらい乗っていない、多分9月か10月くらいだと思うのだけど、これだけの期間乗っていないとタイヤの空気が抜けているので入れ直して出発。
2週間前にジョギングで走った42kmコースを自転車で走ろうと思い、自転車なので42kmでも、遅くても2時間くらいかなと思っている。 出発が16時過ぎになってしまったのだけど、2時間くらいなら暗くなる前には帰ってこれるだろう。

だが、走り出して1kmもせずに自転車を全然こげないことに気付いた。 最初の1kmは微妙に上り勾配なので、いつも時速25kmくらいしか出ないのだけど、今日は時速22kmくらいしか出ない。 1km過ぎてから平坦になり3~5kmくらいは時速30kmくらい出せるはずなのだが、そこでも時速25kmくらいしか出ない。 まだ4kmくらいしか走ってないのに太もももパンパンで死にそう。
これは42km無理かなぁと思いながら走っているが、このコースで短縮して帰ってしまうと15kmくらいしか走ることができない。 なので、ゆっくりでもいいやって思い直して、とりあえず42km行くことに。
しかし、これが地獄の42kmだった…… 高松空の滑走路西端には、200mで20mくらい上る急な上り坂があるのだけど、そこで足が終わって、それまでにも結構上り坂があるのだけど、10kmくらいしか走ってないのにもうやばかった。 柏原渓谷に向けての道も上りが多く足がさらに死んで、県道をそれて柏原家国に向かっていく道もひたすら緩やかな上り坂で、もう時速11kmくらいしか出ない状態になっていた。
柏原渓谷を抜けて峠までの7kmは地獄のような道のりだった…… さらに日も沈んでしまい、辺りは真っ暗に。 ライトは持ってきているので、ライトを付けて走るが山の中なので暗い。
地獄の峠を越えて、ようやくこれから下りだと思ったのに、いきなり雨が降ってきた。 これがかなりやばかった。 ただでさえ暗くて細い山道なので慎重に運転しなくてはならないのに、路面も濡れてしまったし雨で前も見えにくい。 ブレーキも全然効かない気がして、怖すぎてスピードが全然出せなかった…… 手袋やウィンドブレーカーを着用しているけどかなり寒い。

なんとか国道193号線まで戻ってきて、残り11kmくらい。 雨は山間部のみ降っていたらしく、こちらは路面すら濡れていなかった…… 雨が降っていないのは良かったが、体は冷え切ってしまった……
高松空港下の岡交差点のファミリーマートに立ち寄って、ホットコーヒーとファミチキで体を温めるが寒くて震えが止まらない…… もう家はすぐなのだが、42kmコースを走るのではなく、ここからは最短ルートで帰ってしまった。
結局走れたのは41.2km。 ファミリーマートで5分くらい休憩したけど、時間は2時間29分17秒もかかって、平均時速は16.6kmだった。 とてもロードバイクとは思えないようなスピードだ……
そんなで、久々のロードバイクトレーニングはボロボロだった。

家に帰って風呂に直行するが、両足のつま先の感覚が無くて、シャワーで温めたのだけど、血が通ったせいか、つま先が激痛に見舞われて、痛みが収まったと思ったら、20分くらいはずっと痺れたような感じだった……
悲惨なトレーニングの1日となってしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。