一定ペース

曇り今日は特に書くことがない…… 朝はマクドナルドに行かずに、家でパソコン作業をして、10時前に朝ごはんを食べる。 昼は三女を迎えに行って、15時過ぎに遅い昼ごはんを食べてからまた仕事。
夜はジョギングへ。 スマホ再起動したのでGPS補足できるようになっていて、今日はきちんとラップが取れた。
が、足が疲れていて速くはないけれど。
5.44, 5.46, 5.49, 5.40, 5.37, 5.40と、6kmを34分24秒で、キロ5分45秒ペースだった。 昨日より5秒遅いが、6kmで5秒しかタイムが変わらないというのも、結構すごいと思うのだけど。
家からマルナカまで600mなのだけど、歩いて行っても、毎回5秒以上の時間差は出るだろう。 安定したペースで走れるのはすごい大事。
ただ、本気で陸上に取り組んでいるランナーは、他者を意識しないといけないので、他が速く行けばついて行かなくてはならないし、他が遅すぎたら自分が前に出るべきか? ただそうなると、ペーサーで使われるだけで終わる、とか、色々駆け引きがあるので、一定ペースで走ることなんて、あまりないだろう。
市民ランナーの自分としては、人とタイムを競うことはほとんどなく、自分の中のタイムを競っているので、勝負よりもどうやったら一番速くゴールできるか、ということに重点を置く。
となると、なるべく一定のペースで走って、体力や筋力を温存する、というのが一番いい作戦であると思う。 なので、無意識に一定ペースで走れるよう体を作る必要がある。

調子がいいときは飛ばしがち、疲れている時は安定を求める、そんな感じの練習になっちゃってるけど、心のなかでは上記のようなことを考えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。