高松に戻って仕事

曇り朝5時50分にスマホのアラームで起床。 今日は朝一の飛行機で高松に帰らなくてはならない、そしてそのまま仕事をしなくてはならない。 すぐにカプセルホテルをチェックアウト。 このカプセルホテル、キャビンタイプで1泊4,300円だったのだけど非常に快適だった。 ビジネスホテルに泊まっても、結局は寝るだけなので、どうせ寝るだけだったら大浴場もついてるカプセルホテルがいいなぁ、と思った。 そう思ったのは前回の上野に続いて2回目だ。 もっといろんなカプセルホテルに泊まってみて経験を積まなくては、今の所いい面しか見えてないけれど、悪い面も見えてくるはず。
朝の蒲田

京急線で羽田空港まで到着。 登山のザックを預け入れ荷物の手続きをして、セキュリティゲートをくぐって内側へ。 7時45分発の便なので少し時間があるので、クレジットカードで入れるラウンジで少しくつろぐ。 朝の時間に来たのは初めてなのだけど、1人2個まで取ってOKなドーナツがあったので、それとオレンジジュースとコーヒーを飲んで、朝ごはんとする。
朝ごはん

帰りの飛行機も往路と同じくモニタとWi-Fiの付いている機体で楽しかった。 高松空港直前になって、機外カメラにしてパイロットと同じ視点を楽しむ。 国道193号線の鮎滝下交差点付近に飛行機誘導の為の赤い鉄塔が立っているのだけど、それがパイロットからどのように見えるのか、機外モニタを利用して初めて確認できた。 こうやって見ると、フライトシミュレータにしか見えないな。
赤い鉄塔

高松空港に到着して、駐車場の事前精算機で料金を払い、家に到着したのが9時40分くらい。 山の荷物を片付けて10時から仕事をする。 今日から自宅で作業するのだけど、自宅は会社に比べて快適すぎた。 会社にいると、まず冷蔵庫がなかったので冷たいものが飲めない。 自宅なら冷えたお茶も氷もあるので、冷たいものがいくらでも飲める。 歯磨きや洗顔もし放題だし、「あれが必要だ」と思っても何でも家にある。 電池やケーブルも何でも家にあるので忘れ物という概念が無くなる。 来週に利用すると思うけど、図書館も会社から行くより近いし、うどん屋もスーパーも比較的近い場所にある。 これからの仕事環境が楽しみだ。

今日はさすがに体が疲れているのでジョギングは無し。 足の爪は痛いし、ふくらはぎが筋肉痛だし。 夜は三女を寝かしつけていたら21時過ぎに一緒に寝てしまったのだが、23時45分くらいに起きることができた。 木曜日発売のゲームをダウンロード購入しておいたので、24時を過ぎればプレイすることができる。 なので24時をまたいでプレイするが、眠すぎて26時位には寝てしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。