福知山マラソン前 最後のジョギング

晴れ今日は朝9時半から英会話のレッスン。 前に指名したことがあるフィリピンの「Alex Leo先生」と、発音教材を行う。
「p」「b」のレッスンを行った。 「p」の発音の単語を探すセクションでは「hiccup」という謎の単語が出てきた。 翻訳かけたら「しゃっくり」だった。 先生が説明してくれたのだけど、ホコリっぽい部屋に入った時に出る、喉がどうのこうの、と言っていたけど、それはしゃっくりじゃなくてくしゃみのような気がする。 もしかしたら、この先生がホコリっぽい部屋に入ったらしゃっくりが出る体質なのかもしれないけれど。
くしゃみの話で「太陽を見るとくしゃみが出る」という人がいたけれど、「太陽を見たから」なのか「上を向いたから」なのかがわからない。 自分の体質だと、くしゃみ出そうなときに上を向くと、くしゃみが出るので。 そのあたりは個人差がかなりありそうだから、先程の先生の説明も間違っているかどうかがわからないんだよね。

夜はジョギングへ。 福知山マラソン前、最後のジョギング。 ここ2日間はトレーニングではなく調整なので、今日もトレーニングではなく調整。
最後の調整なので、ゆっくり体を隅から隅まで伸ばすような感じで走ってきた。
走ったというか、ペースがかなり遅いので早歩きくらいの速度だけど。 6kmを40分53秒で、キロ6分49秒ペースだった。
後は福知山マラソン本番に望むだけ。 しっかりと練習してきたつもりだけど、シーズン最初のフルマラソンは、いつも距離に慣れてなくて厳しい戦いになっているので、そうならないように祈る……

深夜の時間帯には、炭水化物を蓄えるために、普段食べない夜食を無理やり食べた。 卵かけご飯だけど、茶碗1杯ちょっとのご飯を食べたので、多少炭水化物が蓄えられているだろう。 しかしカーボーローディングやウォーターローディングはオススメされているが、本当に効果あるのだろうか? 科学的な検証じゃなくて、多分やった人の体感とか、成功したときの体験が強く印象に残るバイアスとかかかってるだろうから、実際のところがわからない…… だが、効果があると言われているので、信じて実行する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。