ユーザーにとってはホワイト

雨今日も早く8時10分くらいに家を出発。 保育園に送っていった後は、時間がたっぷりあるので、今日もマクドナルドでゆっくりくつろいでいた。

仕事ではLaravelを触っていたのだけど、面白すぎて久々に時間を忘れて熱中してしまっていた。 集中しているときはPodcastが邪魔になるので、今日は全く聞いてなかったな……

今日は雨だし、丸亀ハーフも含んで5日連続で走っているので、ジョギングはお休み。
もともと今日はジョギング休む予定だったので、レッスンチケットを使って、セルビアの人気先生に予約を入れていたので、英会話を3レッスンも受けた。
ガーナの「Archi T先生」、ジンバブエの「Taps先生」、セルビアの「Nekko先生」と、23時~25時の間に受講して、結構ハードだった。
セルビアの「Nekko先生」は本名らしく、「日本では猫と呼ばれてるんでしょ?」みたいな事を言っていて、猫の絵文字を送ってきた。 この先生は5,000以上の評価数で4.90点と高スコアがついている。 しかし5,000レッスンって凄いな…… 1時間に2レッスンしかできないので、頑張って1日16時間働いたとしても32レッスン。 そのペースでレッスンしても半年近くかかる計算になるが、実際はそんなに稼働できないし、休日も必要だろうし…… 日本だと「DMM」が運営しているのだけど、海外だと「BIBO」という会社名で運営しているようで、そこの会社の評判が恐ろしいほど悪い。
主に「給料が安すぎ」と書かれているのだけど、1レッスン25分なのだが、$1.4しか支払われない。 なので1時間働いても$2.8で時給300円程度だ。
だいぶ前にセルビア人の先生が言っていたのだけど、セルビア人の平均月収は$400程度らしい。 なので、$2.8でも200回くらいレッスンできれば、人並みに稼ぐことはできるし、人気先生だと一般人以上に稼いでいるのかも知れない。
日本でも和民とかすき家が大分盛り上がっていたが、ブラック企業は従業員には地獄だけど、ユーザーからしたら天国なんだよな。
DMM英会話も毎日2レッスン受けることが出来て9,980円というのは激安だ。 1レッスン辺り150円くらいなので、講師に支払う金額の方が、生徒が払う金額よりも多いという不思議な状態になっている。 ユーザーも登録するだけで月に数回しか利用しない、という人も多数いるから成り立っているであろう商売だけど、これが仮に1レッスン500円とかになったら解約するだろうな……

そんなわけで、今日も安くて楽しい英会話だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。