ジョギングシューズは4足を回す

晴れ朝は英会話を1レッスンしてから仕事を。 仕事ではちょっと厄介なレイアウト修正の仕事があって、それに四苦八苦。 影響範囲が大きいのと、position:fixedとJSで実装している別のfixedが競合している感じの部分なので、非常に苦労するのは最初からわかっていた。 なので、見積もり的には3日程度で提示してあるので1日試行錯誤して潰しても問題はなかった。

夜はジョギングへ。 ペースを気にせず、9.6kmを52分18秒で、キロ5分26秒ペースだった。
ジョギングシューズは6足持っていて、そのうち1足がレース用。 1足がお蔵入りで、練習では4足を使いまわしている感じ。 4足もそれぞれ特徴があって、1足は300gを超える重さ。 1足はアディダスの28cmなのだけど、微妙にサイズがきつい。 1足は旧レース用。 新しいレース用シューズを購入したので、練習用に回した。 1足が完全に練習用だが、PUMAの28.5cmワイドで少し緩い。 そんな感じで、様々な特徴の靴を日々使いまわしている。
どの靴もけっこう走っており、重い靴が800km超え、旧レース用はもうじき800km、PUMAのワイドはもうすぐ600km、アディダスのは350kmくらい。 旧レース用シューズが一番傷みが激しく、靴底もかなり減っている。 この前、この靴で空港公園に遊びに行ったのだけど、遊具の上を歩くと滑る滑る。 ジョギングしてるとあまりわからないけど、路面でも多少滑っていたり、グリップが弱くなっていて、ロスが多くなったりしてたのだろうか?
どこまで履けるのかわからないけど、捨て時が難しいな。 靴底が剥がれたり、穴でも開いたら捨てるきっかけになるのだけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。