【愛媛】石鎚山(面河ルート)

晴れ午前3時50分起床、4時出発。
石鎚山の面河ルートから登山をする。 面河ルートは石鎚山の南西に位置している。 高松からだと、グルリと石鎚山を回り込む感じになるので、けっこう遠い…
高速で川内ICまで行き、そこから国道494号線で、石鎚スカイライン方面へ。
7時、ようやく登山口に到着。 さて、準備をするか。
面河渓 面河登山口

ここはキャンプ場や、散策路になっているので、しばらくは快適な道が続く。 横に流れている川はすごい綺麗。 けどものすごく冷たそうだ…
しばらく歩き、登山ポストのある登山口に到着。 ここから本格的な登山が始まる。
面河登山口

出だしからメチャメチャ急な道が続く。 グネグネと歩きながら高度を上げていく。 しかし暖かくなってきたせいか、クモの巣によく引っかかる。 不快な季節になったものだ…
霧ヶ迫という水場で少し休憩し、先を目指す。 その先もメチャメチャ急な道は続く。 歩いて行くと、だんだん景色が見えるようになってきた。
案内板 土小屋 石鎚山

1525m地点を越えて、愛媛大学小屋に到着。 中を覗いたら、綺麗に整備されていて快適そう。
愛媛大学小屋 愛媛大学小屋

さて、ここからは綺麗な景色を眺めながら歩くことができる。 まず目前にあるのは「西ノ冠岳」。 これは登る場所がわからなかった… ゴツゴツした岩がむき出してとても荒々しい山。 そのうち登らなくては。
西ノ冠岳

ここから先は笹原歩きが続く。 この景色と道を見る限り、石鎚山はもう遠くないな。
笹原歩き

笹原から振り返ると、西ノ冠岳が。
西ノ冠岳

石鎚の表登山道と合流し、山頂へ。 素晴らしい景色!
西ノ冠岳、ニノ森

とりあえず弥山はスルーして、天狗岳へ。 こっちで休憩しよう。
石鎚山山頂

こっちもけっこう人が来るので、写真撮影の邪魔にならない場所でお昼にすることに。
紅茶を飲み、おにぎりを食べ、少し昼寝。 ポカポカで気持ちいいなぁ。

しかしあまり長くは休んでいられないので、戻ることに。 弥山はまだ人にあふれていた。
人ごみ

みんな土小屋から来たんだろうな。 あそこからだったら山頂まで2時間かからなかったはず。

帰りも同じルートを下っていく。 先ほどの笹原の道、山頂からもとてもよく見える。 この気持ちいい道を愛媛大学小屋まで下る。

1525m地点を通過し、ここから急な下りが始まった。
登りもつらいけど、下りもつらいね。

黙々と歩き、登山口まで降りてきた。 あとは駐車場まで歩くだけー

帰りに綺麗な花が咲いてるのに気付いたが、何の花か調べなくてはわからない…植物図鑑がいるな…
綺麗な花

なんだかんだで、けっこう石鎚山に来ているが、ここは登るルートがたくさんあって面白いな。 まだ登ったことのないルートが5本はある。 もっともっと体力をつけないと歩けないようなルートだけど。 さすが歴史のある山だな。

本日のコースタイム
07:20 駐車場
07:40 面河登山口
08:26~08:36 霧ヶ迫前
08:50 霧ヶ迫
09:36~09:48 1525m地点
10:23~10:48 愛媛大学小屋
11:43 弥山
11:54~12:42 天狗岳
12:54 弥山
13:48~13:56 愛媛大学小屋
14:28 1525m地点
14:56~15:05 霧ヶ迫
15:45 面河登山口
16:07 駐車場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。