愛南トライアスロン前日

曇りのち雨今日は明日のトライアスロンの為に、愛媛県の最南端の町「愛南町」まで移動する。 いつも通りの時間に出発して、まずは三女を保育園に送っていく。 そのまま帰宅せずに、高松西ICに向かって高速道路に乗って愛南町を目指す。
ひたすらと高松道を西に走っていき愛媛県へ。 松山自動車道をひたすらと走り、大洲まで到着した。 松山道はここまでで、ここから先は大洲有料道路があって、宇和島区間は無料化された高速道路がある。 宇和島を過ぎると一般道で愛南町を目指すような感じ。

トライアスロンの競技説明会は17時からなので、そんなに早く到着する必要はない。 そのため、大洲で軽く観光でもして行こうと思っている。
見ようと思っているのは「大洲城」。 他にも見どころはあるかもしれないけど、事前にここ以外調べてなかったので……
大洲では、スポーツショップのアルペンで、PBの安いコンプレッションウェアを購入した。 未だにトライスーツを所持していないので、レース中に着ようと思っている。
ゼッケンを前後につけたTシャツを着て、その上にウェットスーツを着るパターンで望んでいたのだけど、どうしても不快になるので、スイム後に、Tシャツを着るようにしたい。 裸でウェットスーツ着た場合は、ウェットスーツを脱ぐ時に裸にならないといけないので、大体のレースがNGになっているのではないかと思う。 高松大会でも、「更衣室で着替えるように」と言われる。 なので、どうしてもタイムロスになってしまうので、そうならないようにコンプレションウェアをずっと着用することにして、ウェットスーツ脱いでも裸にならないような感じでいければと思っている。 1,700円くらいだったので、使い捨てになるかもしれないが……

それから大洲城へ。 大洲城の横には市民会館があって、そこの有料駐車場を利用することに。 料金は1時間150円で、以降30分毎に80円。 他にも駐車場あるのか不明だったので、ここに駐車して大洲城見学に行く。 大洲城の天守閣は復元なのだけど、以外に歴史が浅く、復元の動きが始まったのが1994年、完成したのが2004年で、まだ14年しか経っていないらしい。 明治時代になり、各地の城が取り壊されていく中、大洲城は老朽化の為に取り壊される。 だが4本の「櫓」は取り壊されずに、現在まで修復を経て残されており、国の重要文化財にしていされているとのことだった。
大洲城下町 大洲城

見学が終わり、古い町並みを散策しながらお昼ご飯を食べる店を探す。 店が全然無くて2軒しか見つけられなかった。 1件は市民会館の前にあったカフェっぽい店なのだけど、城下町には似合わないようなハンバーグとかカレーとかがメニューだったのでやめる。
大洲城の内堀跡の辺りにあった「白石 うどん店」というところでお昼ご飯を食べる。 わざわざ大洲まで来たのにうどんだけど。 愛媛なので、ということで「じゃこ天うどん」にした。 讃岐うどんとは違って、手延べうどんだったので柔らかい食感だった。
じゃこ天うどん

それから愛南町のトライアスロン会場まで移動する。 15時半くらいには到着して、先に受付を済ませる。 説明会は17時からなので、それまでにバイクコースを1周、軽く試走しようと思って、自転車の準備をしていたら、いきなり強い雨が降ってきた。 組み立て中のロードバイクを急いでバラして車に戻す。 車内で待機していたが、そのまま雨は止まずに、結局試走は出来なかった。 過去に二度出場している大会なのでコースの様子は知っているつもりなのだけど、直前で一度走っておきたかったなぁ。
17時からの説明会を終えて、ホテルにチェックインすることに。
ホテルは昨年からお世話になっている「ホテルサンパール」に2泊宿泊する。 このホテルのフロントマンと2年前に知り合いになって、それからいろいろと良くしてもらっている。
ホテルの部屋

19時位からは夕飯を食べに出かける。 大会前日だけど、軽くお酒を飲んでしまおうかなぁ。 「やきとりねね」という、これも2年前から通っている焼き鳥屋へ向かう。 毎年お世話になっているHさんがカウンターで飲んでて、1年ぶりの再会を喜ぶ。 軽く飲んで食べるつもりだったのだが、つい飲みすぎてしまった。 途中からS君とM君も合流した。 S君は昨年も会って「お盆に高松行くので連絡するわ」と言っていたのだけど、連絡来ず高松にも来なかったみたい。 M君は初対面だけど、いちばん年下のいじられキャラらしくて、無理やりビールや焼酎を飲まされていた。 愛南町は田舎なのでコミュニティが小さく、同世代だと大体の人が顔見知りらしい。 そして小さなコミュニティ特有の、人間関係がギクシャクすると一気に広がって良くないらしい。 そんなで昨年から今年にかけて、いろいろとトラブルがあって、店に来る顔ぶれもだいぶ変わってしまったみたい。
焼き鳥屋の大将には適当に食べ物を出してもらったのだけど、小さな骨付鳥みたいなやつの唐揚げのようなものが美味しかった。 甘辛い衣みたいなのが付いていて、箸ではなく手づかみで食べないといけないらしい。
それと、焼鳥の皮がメチャメチャ美味しかった。 皮って、あまり美味しくない感じがずっとしていたのだけど、ここの皮はメチャメチャ美味しかった!

時間をよく憶えてないけど、23時位から「ファミーユ」という毎年行くスナックに移動する。 ママにも「毎年来る人」のような感じで憶えてもらえたらしい。 Hさんは週3とか週4で店に来ているらしい。 店は大盛況で、毎年見かける人もいたし、全然変わっていなかった。
帰りはHさんの車で代行運転だったのだけど、こちらは代行と言っても会社の制服着ているわけではなく私服だし、ほぼ個人のような感じで運営していた。 会社というか友達のような感じで、次々と店を往復して人を運んでいっていた。
ホテルに戻ったのは24時くらい。 結構飲みすぎてしまったので、酔いも回っており、部屋に戻ったら風呂に入らず、朝8時に目覚ましをセットして就寝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。