1kmだけ全力で走る

雨ときどき曇り今日も朝はマックへ。 来週、25年来の友人の結婚式がありスピーチを頼まれているのだが、全然原稿が進まない…… 頼まれたのは2ヶ月位前なので、たっぷり時間はあったはずなのだが、気づいたらもう目前だ…… 自分の結婚式ならミスったりしてもよいが、人の結婚式なので責任感が出てきてしまう。 ただ、自分が式をあげた際、その友人にスピーチをお願いしたので、それに応えないわけにはいかない。 マックでスピーチ例みたいな本を読んでいたのだけど、あまり参考にならなかった。 とりあえず、今週中に作り上げて、数日でブラッシュアップして、来週は声を出して練習して記憶して、という感じかなぁ。 内容が飛びそうで怖い……

仕事では4週間くらい時間をもらっていた改修がようやく終わった。 作ってみたらとても便利な機能で、実装した甲斐があったな、と感じた。
もっと早くこの機能の有用性に気づくべきだったと思う。 技術的には数年前でも余裕で実装できるような機能なので、アイデアの問題だな。

夜は雨が上がっていたのでジョギングへ。 昨日の15kmで足がちょっと疲れているので、今日は疲労回復ジョグで9.6kmを6分を目安に走ることにした。
5.59、5.53、5.58、5.51、5.51と前半はすごい設定どおりに走れたのだけど、下り勾配気味になる後半は全然ペースが掴めなかった。
下り勾配なのでちょっと落としたつもりだったのだけど、6.12、6.12と2km連続で6分を超えてしまった。 なんかこのまま走っても面白くないので、8~9km地点は全力で走ることにした。 その200mくらい前から徐々にペースを上げ始めて、8km到達の音声のタイミングで全力に切り替える。 1kmを必死に走って、3.54だった。 3.48くらいで走れると思っていたので、ちょっと残念…… ラスト600mは荒ぶった呼吸を抑えながら5.50で走って、9.6kmを54分52秒で、キロ5分44秒ペースだった。

その後は英会話のレッスン。 4日前に指名した、セルビアのイケメン「Vujan先生」とレッスン。 今日も会話教材をやって、いろいろ話すことができて楽しかった。 間違った単語・文法でもいいので、臆すること無く発言するのが、今の所いい方向に動いている。 微々たる間違いだったら先生も指摘してくるだろうけど、間違えが多すぎて指摘しきれないし、指摘しすぎると萎縮するだろうし、指摘しても理解できないだろうから、ほとんど言ってこないのだろう。 自分の今の英語レベルでは、それで良いと思っている。 もっと自由に扱えるようになったら、指摘して直していくのも大事だと思うが。
レッスンでは、「予防は治療より大事か?」というディスカッションがあったのだけど、「癌のような重大な病気になったら、治療じゃ治せないので、予防が大事」ということを言いたかったのだけど、「癌」という単語がわからなかったので「very difficult sick」という謎の単語になってしまい、「If I have very difficult sick so I can’t cure.」のような文章を作成したのだけど、多分伝わってないんじゃないかと思った……
まぁ予防は大事だ。 アップルのスティーブ・ジョブズみたいな億万長者でも癌になったら、いくらお金を払っても治せる治療が無く死んでしまった。 100億でも200億でも治る方法があるなら払っていただろう……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。