クリスマスの英会話レッスン

晴れ今日はクリスマス。 自分は夜の25時半くらいに寝たのだけど、おそらく27時位、突然三女が「パパ起きて」と言って起こしてきた。 何事かと思ったら枕元を指さして「プレゼントがある!」と。 「朝になったら開けようね」と言って再び眠りにつく。
子供たちはサンタクロースからのプレゼントに大喜びの様子だった。 サンタさんへ欲しいものを書いた手紙が無くなっていたので「パパ知らない?」と聞かれたけど「知らない」と言ったら、「サンタさんが持ってったのかなぁ」と考えていた。

子供たちは先週終業式を終えて、今日から全員が家にいる。 途中でお昼ご飯を準備してあげなくてはならなかったが、それを挟んで仕事をしていた。
とはいえ、年末が大忙しになる職種でもないので、今日そこそこの仕事をこなしたので、年末まではおとなしく過ごせそうな感じだな。

お昼休みや夜には、先週放送された、サッカークラブワールドカップを見ていた。
準決勝のアルアインVSリバープレート、鹿島アントラーズVSレアルマドリードを見る。 アルアインは開催国枠で出場していて、激戦の末、PKでリバープレートを破り決勝進出。
鹿島アントラーズは世界最強クラブと呼ばれるスペインのレアルマドリードとの対戦。 この対戦カードは2年前にもあったみたいだけど、普段あまりサッカーを見ない自分としては、すごい組み合わせだと思った。
Jリーグで勝利し、アジアチャンピオンリーグでも勝利し、アジア代表として臨んでいる鹿島アントラーズだが、相手はあのレアルマドリード。 11人中、各国の代表選手の中心メンバークラスが8人を占めるようなとてつもないメンバーが集まっている。
ゴールキーパーのクアトロは加入したばかりだが、半年前に行われたワールドカップでベルギー代表のゴールキーパーとして出場していて、日本のシュートをことごとく防ぎ、ワールドカップの最優秀選手にも選ばれている。 クロアチア代表キャプテンのモドリッチや、ブラジルのマルセロ、ドイツのクロース、フランスのベンゼマ、コロンビアのキンテロなど、普段サッカーを見ない人でも知っているような選手がゴロゴロといる。
そんなオールスターのようなチームと日本のチームが対戦できるのを見ることができるのが嬉しい。
結果、レアルマドリードは強すぎて、順当に決勝進出したのだが。

サッカーも見ていたが、自分のジョギングも。 昨日13km走ったので今日は軽めでいいかなと思いながら走っていたのだけど、出だしの1kmで反対側を走っている自転車を追いかけながらピッチ走法で走っていたら、ついペースが出すぎてしまった。 なので、そのペースを維持して走る。 ラスト2kmの地点で、20分ジャストだったのだが、2kmを9分で走って1秒削れば28分台となる。 特に目立った記録でもないけれど、28分台出したいなぁと思って、ラストはちょっとペースを揚げた。
5.15, 5.15, 4.54, 4.37, 4.30, 4.23と、6kmを28分57秒で、キロ4分49秒ペースだった。

夜は英会話のレッスンを、ベナンの「Vei先生」と行う。
今日は12月25日でクリスマスだ。 クリスマスはかなりの講師が休むらしく、自分も講師を選ぶ余地はあまりなかった。 いつも24時~25時で講師を探しているのだが、その時間帯は普通なら200人以上の講師が見つかるのだが、昨日探した時点では20人もいなかった。 で、残っている講師はどれも評価の低い講師ばかりで、その中でも一番良さそうなこの先生を選んだのだ。
24時の時点で24時半以降レッスン可能な先生探したら2人しかいなかったし、今日レッスン受けられなかった人も大勢いたことだろう。
ベナンの先生自体はとても陽気な先生だったのだが、インターネット環境が悪かった。 映像はよく乱れるし、マイクの音も喋り始めの音が聞こえない。 で、レッスン受けるのに結構苦労するくらいだった。
インターネット環境含めての先生の評価なので仕方ないが、4.65という低評価にも納得ができた。 国の発展度とインターネットの安定性が、今の所比例しているので、面白いなぁと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。