DMM英会話を4レッスン

晴れ年末年始の休みも今日が最終日。 あっという間に6連休が終わってしまった感じがするなぁ。
朝は9時半からジンバブエの「Ashie先生」と英会話レッスンなので、休み最終日だけど頑張って早起きをした。
評価数が3,300を超えるベテランの先生だが、評価は4.85と普通くらい。 この先生もアフリカの先生なのに、テンションは低めの先生だった。 通信環境は非常に安定しており、レッスン自体はとてもスムーズだった。 先日も書いたけれど、通信が安定しているのが最低条件なので、先生のテンションが低くても、あまり問題ではない。
ハイテンションの先生とレッスンするのも楽しいが、間違ってる部分を指摘してくれないハイテンション先生よりも、テンションは低いが指摘してくれる方がいいかな。
ただ、英会話始めたばかりの頃、メチャメチャ指摘されまくって気分が落ち込んだことがあったのだが、直後にハイテンション先生のレッスンを入れて、英会話上達よりも、レッスンを楽しむというアプローチで気分を盛り上げたこともあった。 なので、一概にどちらが良くてどちらがダメとは言わないので、場合に応じて使い分ければいいのだとは思う。

英会話は月単位の契約で、今日が契約最終日となっている。 何もしなければ自動更新されるのだけど、プランを変更することにした。 1日1レッスンだったのを、1日2レッスンに変更。 月額金額自体は5,980円→9,980円に上がるが。 契約変更のタイミングで、その日から1ヶ月の有効期限となるので、先程1レッスン受けたが、あと2レッスン受けられることになった。 その分の予約は夜レッスンできるよう、予約を入れておいた。

今日は最終日なのだが、特に行く場所も無い。 妻は寝室で嘔吐下痢で死んでいるし。
昨日ホームセンターで購入した「コロピカどろだんご制作キット」を使って、泥団子を作ったのだけど、最初に水を含ませる部分がとても大変で、そこは自分がやることになった。 後の工程は子供たちでもやることができたのだけど、見本のように完全な球面にするのは出来ず、少しいびつな球体になってしまったが、表面はピカピカで、団子はカチカチで、ずっしりと重量感もあるので、なかなか面白い。
泥団子

昼過ぎから出かけて、ホームセンターとダイソーで、凧、紙飛行機を作る厚紙、フリスビーを購入して、香東川の河川敷の芝生広場で遊んできた。
西村ジョイで購入した600円の凧は、弱い風でもきちんと上げることができたが、ダイソーで購入した100円の凧は全く上げることができなかった。 これは技術の問題なのか、それとも品質の問題なのか…… 紙飛行機を作って飛ばしたり、フリスビーで遊んだり、何気に2時間以上遊んでいた。

足に疲労があるのと、子供たちと風呂に入ってしまったので、ジョギングは無し。

夜は怒涛の英会話ラッシュ。
22時からはガーナの「Archi T先生」と瞬間英作文を学ぶ。 初めて瞬間英作文の教材をやるらしく、先生は手際が悪かった。 今回で5回目の指名で、前回指名したのが12/21なので2週間ぶりの指名となった。 あまり聞き取れなかったのだけど「~~long time~~」と言っていたので、「前回指名してからけっこう時間空いたね」みたいな事言われたのだと思う。 「Yes, two weeks.」と言ったら話が続いたので、多分あっていたと思う。
瞬間英作文の教材自体は「What is (are)~?」というタイトルで、中1程度の内容なのでそれほど難しくないのだけど、先生から「今から日本語をコピペで送るので英語に直して」と言われた問題のなかで、メチャメチャ難しいのがあった。 それは単に単語を知らないから難しかっただけなのだけど、「あの人たちは何ですか。修道士です。」を英語にするというもの。
What are those people. They are 修道士.
という感じなのだけど「修道士」という単語がわからずに苦労した。 自分は無宗教なので「修道士」という単語自体、日常的には使うことはまず無い。 使うとしたらRPGで出てくるくらいだろう…… 現時点で認識している「修道士」の意味は、教会というか日本にあるのか知らないけれど、教会に勤めるシスターのようなイメージがある。
なので「Got’s studnet」と訳したと思う。 イスラム教、仏教、キリスト教と言いたかったのだけど単語がわからず「Islamic, ブッディズム(その時点ではスペル不明)」はわかったのだけど「キリスト教」の英語がわからなかった。 後々調べたら「Christianity」という綴で、カタカナで表現すると「クリスチィアナティ」となるのだろうか。
で、肝心の「修道士」だが「Monks(複数形)」というらしい。 読み方はそのまま「モンクス」、単数だと「モンク」となる。 モンクってめっちゃ知ってる。
ファイナルファンタジーの職業であるし。 ただ、自分の中のモンクっていうと、スキンヘッドで上半身ムキムキで、パンチ・キックの使い手で、全然修道士という感じがしない。 むしろ少林寺の修行僧のイメージが非常に強い。 今回で覚えたが、これは連想から導き出すのは無理だと思った。

23時からはアルバニアの「Ardi B先生」を4度目の指名で発音トレーニング。
「ei, ai, oi」のトレーニングをして時間が余ったので、フリートークを。 「何か話をして」と言われたのだが、質問はあるにはあるのだが、それを英語で伝えるすべがなく困っていたら先生が「休みは何してたの?」とかふってくれて、とりあえず話すことはできた。
「休み最終日を楽しんで」と言われたのだが「日本ではもう23時半だよ、あとは寝るだけ」と伝えて、レッスンは終わった。

さらに23時半からはレッスンチケットを使って、再びガーナの「Archi T先生」と瞬間英作文を学ぶ。
あまり英作文の教材とは関係がないのだけど「あなたは学生ですか?」を英語にすると「Are you a student?」となる。 この「a」をよく忘れてしまう、が、なぜaがつくのだろうか……
今回も色々単語を覚えた。 「私は会社員です」を英語に変える際、「会社員」がわからなかったので、「I am a employee.」と言ったのだけど、「I am a office worker.」でいいらしい。

1日に4レッスンもやってしまったので、非常に大変だったし、学びが多すぎて多分忘れてしまう。
明日からは1日2レッスンなので、朝晩で頑張ろうか。 夜に2レッスン入れるのはなかなか厳しそうな感じがするし、朝の先生と夜の先生は、顔ぶれが違うので、どうせなら色々な先生を試してみたい感じもする。 1レッスンはリピートで、1レッスンは新規のような使い方もできるので、考えながら使っていこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。