ハリー・ポッターで好きなキャラクター

曇りネイティブキャンプが面白すぎて、朝も昼も夜もレッスンを入れまくっている。
朝マクドナルドに行かないですぐに帰ってくれば8時台には帰ってこられるので、仕事までに2か3レッスン入れることができる。 読書の時間を犠牲にしてでも入れてしまおうかと思うほど面白い。 だが、4月に三女が小学校に入学してからは、その時間をトレーニングにも使いたいので、英会話レッスンしまくるのもどうかな、と思ってしまう。

夜はジョギングへ。 昨日休んでしまったので、今日は12.1kmコースを。 ペースは5分切れるくらいでいいかなと思って走っていく。 出だしが結構遅く、5.25、5.16と2kmまでを走る。 ここから5.03、5.01と走り、そこからは5分切って走れたのだけど、月曜の疲れが残っているな。 やはり自己ベストペースは相当な負荷だったみたいだ。
今日はキロ5分切るのも精一杯で、12.1kmを59分49秒で、キロ4分57秒ペースだった。

24時半からは、ガーナの「Archi T先生」と「Who Wants to Be a Billionaire?」というアメリカの宝くじに関するデイリーニュースを学ぶ。 今日はパソコンで受講したので、やはりパソコンは素晴らしかった。 スマホとは全然違うな。
アメリカの宝くじは超高額で有名だが、当選確率もものすごく低い。 選挙なので確率とはちょっと違うけれど、アメリカで大統領になるより、宝くじで当選する方が、確率的には低い。 日本の宝くじの話題にもなったが、還元率が50%とものすごい低いし、当選しても5億くらいしかもらえないので、自分は買うことはないと伝えた。

25時からは、レッスンチケットで予約したセルビアの「Yovana先生」と2度目のレッスン。 今日はベッドの上っぽい場所で授業を行っていた。 ハリーポッターに関する教材をやったのだけど、ハリーポッターはスーパーでアルバイトしていた頃なので2002年くらいまでしか読んでないと思う。 5作目くらいまで読んだような記憶があるが、内容はほとんど覚えていない。 「どのキャラクターが一番好きか?」という質問に困った。 知っているキャラクターが「ハリー・ポッター」「ロン」「ハーマイオニー」「スネイプ」くらいしかいない。 森の番人みたいな人がいたはずだけど、名前を忘れてしまった。 なので「ロン」と答えた。 先生は「ハーマイオニー」と答えた。
「ドラえもんで誰が好き?」というような会話で「のび太」「しずかちゃん」と答えるようなレベルだった、お互い。
ハリー・ポッターは児童向け文学だけど、英語の原文を読める日はくるのだろうか…… かなりの分厚さがあるので、意味を調べながら読んでいたら、1冊読むのに1年位かかりそう。
一方日本語版なら1冊1週間もあれば読めるだろうから、やはり母国語というのはすごい。

ネイティブキャンプは、8レッスン行って、フィリピン、ナイジェリア、セルビア、南アフリカ、アルバニアの19~55歳の先生たちとレッスンすることができた。
レッスン回数無制限で、レッスンを入れまくっていると、必然的に自分側のレッスンの質が落ちそうな気がするけれど、教材も簡単なやつばかりを選択しているし、今のところはとても楽しく学ぶことが出来ている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。