ベトナム旅行 5日目 ハノイへの移動

晴れ朝8時半に出発すると、深夜に連絡があったので、その時間にチェックアウトできるよう荷物の準備をする。 4日間滞在したホテルともお別れ。 冷房をガンガンに効かせることができて、部屋も広く、ベッドの寝心地もまぁまぁで良いホテルだった。 欠点はシャワーの水圧が低いことと。

朝はフエさんの実家に行くことになっていて、ホテル前で待っていたら、フエさんがバイクに乗って登場。 やっぱりベトナムの人は普通にバイク持ってるし乗るのだな。
タクシー2台+バイクでフエさんの実家に向かう。 結婚式から2日経った実家は、すっかり片付いていた。
入ってすぐの大部屋にテーブルがあったので、そこに座っていたら、お茶を入れてくれたりベトナム名物のツバメの巣のジュースを振る舞ってくれたり。
フエさんの実家 リビング的な部屋

福岡から来た日本人も、フエさんの実家に立ち寄って、ここで最後のお別れとなった。
今回の招待客は、結構関係が複雑で、この福岡から来た人は、6人くらいのおじいさんの集団、おばあさん、母親+娘2人。 おじいさんの集団は、おばあさんの親戚関係だと思う。
で、この人達は日本人なのだが、弟の知り合いではない。 ベトナム人であるフエさん側のお客さんとして呼ばれている。 だが、直接フエさんとは関係がない。
フエさんの姉が日本に住んでいたとき、おばあさんと知り合いになって、今回呼ばれたのだそう。 おばあさんはツアーガイドの仕事をしており、英語、中国語がペラペラで、趣味でベトナム語を学ぼうと、ベトナム語で話す会みたい集まりに参加したのがきっかけらしい。
日本だと、自分の結婚式に、弟がお世話になった人とか呼ばないけれど、ベトナムでは「姉がお世話になったので是非来てください」のように招待されるのだな。
ちなみに、シュウさんと杉田さんの2名の日本人は、今は福岡に住んでいるが、こちらは弟の知り合いだ。

フエさんの両親とも挨拶をしたが、どうやらフエさんの両親は「Thank you」も通じない事がわかった。 完全にベトナム語しか理解できないっぽい。 ベトナム語でありがとうは「come on」といって、英語のように「カモン」と発音する。 何だか不思議な感じだけど、これがベトナム語だ。

先程ホテルから乗ってきたタクシーが、実家の前でずっと待っており、再びこのタクシーに乗ってカムラン空港を目指す。
40分くらい車に乗っていて、フエさんと話したのだけど、過去に2度事故ったことがあるらしい。 1度は大したことなかったけど、もう1度は、友達のバイクの後ろに乗っていた時に車に追突したらしい。 バイクから放り出されて頭を打ったと言っていた。 ベトナムの道路を見ていると、交通事故が起きないのが不思議なのだが、滞在している間に1度も交通事故、軽い接触すら見ていない。 日本人からしたら危険に見えるけど、現地の人からしたら普通のことなんだなと、改めて思った。
そして、ベトナム人の運転技術は凄まじい。 合流するところとかギリギリを攻めているので、横との車との幅が数cmしかなかったり、バイクが数cmのところをかすめていったり。 日本人とどちらが運転上手いかと聞かれたら、間違いなくベトナム人と答えるだろう。
そして、道路が煩雑すぎて、ベトナムで自動運転は無理だなと思った。 障害物を見つけて車が止まっていたら、ベトナムではいつになっても車が前に進まない。 自動運転制御のプログラムは、アメリカや日本と、ベトナムや台湾などではわけないと無理だろう…… ベトナムのプログラムは障害物があったら止まるのではなく、速度を落としてぶつかる寸前まで進む、とかしないと……
自動運転自動車同士がそうなると、ぶつかる寸前の所で両車両が止まるので、お互いの車同士で通信して、どちらを優先的に進めるか等して、一方を先に行かせて一方は待つと。 今の自動運転技術に、車同士でやり取りする機能なんてついているのかなぁ。
日本で自動運転が始まるのは、あとは法律の問題で10年くらいで行けそうだと思っていたのだけど、自動運転が成立する国はごく一部なんだな、と実感させられた。

空港には10時20分くらいに到着。 乗る予定の飛行機は11時20分発の予定だったのだが、遅延しており新しい出発時刻は13時50分。 なので、空港で3時間くらい過ごさなくてはいけなくなった。
遅延のお詫びに食事クーポンが1人1枚配られたので、これでベトナム料理が食べられる、ラッキー。
カムラン空港 ベトナムエアライン 食事クーポン

タクシーで空港に向かってくる間に、妹の体調が悪くなったらしく、医務室に運ばれていった。 屈強な警備員に両脇を抱えられて向かっていった、が1時間くらい横になったら元気になったらしい。
さっきまで元気だったのに、急に歩けなくなるくらい体調が悪くなるってのが想像できないのだが……

もらったクーポンでベトナム料理が食べられるのだが、妻と子供はベトナム料理食べたくないようなので、空港内にあったバーガーキングで欧米風の食事を摂る。
Crispy Chicken CHS DBLというハンバーガーセットが150,000ドン(750円)、Tendercrisp BBQ B/Cというハンバーガーセットが165,000ドン(825円)、Fries Lはフライドポテトで45,000ドン(225円)。
値段は日本とほぼ同じなので、ベトナム人からしたら、バーガーキングは高級レストランだ……
バーガーキング

自分はクーポンを使ってベトナム料理屋で「Bún Cá Nha Trang」というフォーを食べる。 英語で「Nha Trang fish noodle soup」と書いてあった。 ここ数日で食べたフォーと同じような感じだったが、量が少なめだった、空港だからかなぁ。
Bún Cá Nha Trang

12時50分くらいに手荷物検査を通過して飛行機を待っていたのだけど、出発時刻の13時50分になっても、乗るべき飛行機が、まだ空港に到着していなかった。
ここで、先程別れたはずの福岡の人たちも空港にやってきた。 14時半の飛行機でホーチミンに向かうらしい。 自分たちの方が先に来たのに、福岡の人たちが先に飛び立っていくとは……
自分たちの飛行機は、けっきょく14時40分くらいに離陸していった。

ハノイまでは2時間くらいのフライト。 機内ではお菓子が出たので、それを食べてあとは寝ていた。
カムラン空港 機内の様子 お菓子 お菓子 お菓子

ハノイ到着後は、フエさんが交渉してタクシーをゲット。 交渉にかなり時間がかかったのだが、ベトナム人でも交渉が難しいタクシーを、日本人が乗れるとは思えないな…… 高いお金を覚悟して乗るしか無いのだろうな。 乗り合いタクシーのようで、他には外国人の金髪の女性が1人で乗ってきた。 世界中を旅しているのだろうか? 女性1人でザックを背負っている姿は格好がいい。
ハノイで宿泊するホテルは「Icon 36」というホテル。 ニャチャンのホテルとは違って、かなり綺麗で滞在しやすそうだった。 
荷物を置いて、すぐにご飯を食べに出発する。
タクシー ホテルの部屋 ホテルの風呂

ハノイはベトナムの首都で東京のようなもの。 なので何でもある。 多国籍な料理が食べられる、子供たちはベトナム料理が口に合わず、まともな料理をあまり食べていないので、今夜はイタリアンレストランに行くことになった。 弟とフエさんがスマホで探してくれてそこに向かう。 道中、店がメチャメチャ多く、怪しい店もあったし、観光客向けのお土産屋のような店もあった。 が、ここでも値切り交渉は当たり前なので、なかなか辛い世界だ。
ハノイの町 お土産屋 路上ライブ1 路上ライブ2 湖に浮かぶお寺 ベトナムTシャツ

夕飯は「Pepperonis Hàng Trống」というお店で、ピザ、パスタ、サラダ、ビールを楽しむ。 子供たちはピザとパスタを美味しそうに食べていた。 日本で食べるのと同じような味なので、とても喜んでいた。
現地の料理を食べるチャンスを楽しみにするのは、まだ先の話かな…… 大人4人、子供3人でお腹いっぱいになるまで食べたのだけど、1,126,400ドン(5,600円)と、思っていたよりも3,000円以上安かった。
ハノイも物価が安いのね、路面の店なら安いのはわかるけど、こういうきちんとした飲食店でも安いのはありがたい。
ハノイビール イタリアン マルゲリータ

ホテルに戻った後は、シャワーを浴びたのだけど、ニャチャンのホテルよりも水圧が低かった…… ホテルは綺麗だが、水圧の問題はベトナム自体の問題なのかもしれない。
多分23時前に就寝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。