夜行バスで横浜に向かう

晴れ今日は金曜日なので、いつもの喫茶店でモーニング。 きちんと目覚まし通りの時間に起床することができ、9時前に入店してモーニングを楽しむ。
モーニング

今日は高松駅を20時半に出発するバスで横浜に向かうので、夜がかなり慌ただしかった。 電車で高松駅まで行くので、19時半には家を出発しないと行けなかったのだが、直前の19時15分くらいまで仕事の電話がかかってきていたりで、ドタバタ状態での出発になってしまった。 忘れ物はないよう、予め荷物はまとめた状態で準備しておいたので大丈夫だとは思うが……

高松駅のコンビニで夕飯代わりのおにぎりと菓子パンと飲み物を購入してバスを待つ。
バスはコトバスエクスプレスの「プレミアム3」というシートで、早割21適用で7,900円。
普通のシートと比べると1,000円高いのだが、窓際なのとカーテンがついているので、結構個室っぽい感じにはなる。 バス移動は長いので、少しでも快適な方がいいので……
バスはWi-Fiが飛んでいるので、通信量気にせずスマホが使えるのはよい。 コンセントもついているのだが、USBポートは無いので、スマホの充電をするには100V→USB-A変換アダプタのようなものが必要だ。

20時半に高松駅を出発したバスは、バス停を経由しながら22時40分くらいに鳴門IC前で休憩。 ここは公衆トイレとローソンが併設されていて買い物などができる。
ここから、早朝5時半到着予定の海老名SAまではノンストップなので、トイレとか行っておかなくてはいけない。 一応バスの中にトイレはついているのだけど、今まで使ったことがない。

ここから先、バスは消灯されてしまうので寝るしかない。 前回このバスを利用した時は、サッカーワールドカップの日本VSポーランド戦を、radikoで聞きながら、いつの間にか寝ていたと思う。
今日は特に聞くものもないので、シートを限界まで倒して寝る。
高速バス シート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。