ジョギングで足が回復しない理由

曇りときどき雨夜はジョギングへ。 昨日休んでいるので今日は回復しているだろう。 練習量と疲労に対する検証は引き続き続けていて、今日はレース用のPUMAのスピードライトというシューズを使って走る。
久々の通しで4分台を目指したいなと思っている。 最後に通しで4分台を出したのは、記録を見返した限り6/20のキロ4分46秒ペースだった。 実に2ヶ月以上4分台で走れていなかったことになる。
5.00, 4.53, 5.02, 4.58, 5.09, 5.00, 4.56, 4.46, 4.39, 4.31と後半上げていくタイプのスタイルが久々に戻ってきた。 呼吸よりも足がきつかったな…… ただ冬場はこれくらいのペースは普通だったので、このオフシーズンで走力を落としてしまったっぽい。 落としてしまった原因はまだ探り中だが、月間200km目標にやっていたのは多分関係なくて、もう1~2週間試行錯誤しないと結論でないかもしれないが、シューズの問題な感じがする。 その為、ジョギング再開してからは古いシューズを履かず、それほど使い古していないシューズで試しているのだ。
シューズの寿命は500km、長持ちするやつでも700kmとか言われている。 だが、自分が7月や8月のトレーニングに使っていたシューズは960km走ったシューズと1,100km走ったシューズを使いまわしていた。 走っている時には特に違和感がなかったのだが、例えば6kmを5分20秒で走る、これは全然負荷高くないのだけど、これだけで次の日にキロ6分がギリギリだったりした。 なのでシューズがへたりすぎていて、それが原因で脚、特に太ももにダメージが蓄積されていって、常時疲れていた感じになっていたんじゃないかなと。
昨年11月から月間200km走っているので、それが7月8月だけ急に調子を落とすというのも考えにくい、暑さが原因ってのはあるかもしれないが、ペースは落ちても疲労感はここまで溜まらないんじゃないかと。
まぁそんなわけで、しばらくは走行距離が浅いシューズを使ってトレーニングしていく。 本当はレース用のシューズを使いたくないのだけど、もしこれで調子を取り戻せたら、レース用シューズと全く同じシューズを購入して、それらを練習&レースで使い回すような感じにしたほうがいいのかもしれない。
幸いにも500km達してないシューズが3足もあるので、しばらくはそれらを使い回す。 残りの3足はもう全てヘタってることになるので、3足処分するときがきたのかな…… ただ1足はジョギングじゃなくて、子供と公園行ったりする時に使いたいので残しておこうかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。