高松市陸上競技選手権大会 2日目

晴れ8時位に起床。 今日も陸上競技会があるので、それに行かなくてはならない。 今回は保護者IDで横から撮影する予定だったのだけど、コーチIDが1枚余ったので、コーチIDで入ってメインスタンドから撮影できることになった。 お手伝いは、もともとコーチID付与されてやる予定だった他の2名の仕事なので、そちらにはあまり手を出さないでおこう。
監督からは「リレーだけ撮ってほしい」と言われていたのだけど、リレーは15時半からで集合は13時。 13時より前に開催される種目もあるので、どうせなら最初から見ようと思って、9時位に競技場に行ってしまった。

最初の種目は走幅跳。 これは今まで撮影に挑戦したことがあったけど、なかなか難しくて上手く撮影できていなかった。 今回はメインスタンドの近場から撮影できるので、三脚使って、定点で撮ることにした。 助走の最初の方は見えないけれど、踏切5mくらい前から砂場までが見える構図で。 ビデオカメラで録画しながら、別の場所からジャンプの瞬間などをカメラで写真撮影していた。
ただ、今回は課題が1つ浮き彫りになって、せっかく踏切の瞬間を録画しているのに、それを選手にフィードバックできないことだった。 保護者ID所持している人が踏切の瞬間は見ているのだけど、自分含め素人じゃ、その瞬間を見ただけで「あと○cm」とか「○cmオーバー」とかが分からない。 cm単位で調整しないといけないので、そこまで目が肥えていない……
ビデオ撮影したものをすぐに確認して、コマ送りにすればいいのだけど、ビデオカメラ本体の問題で、なかなかその瞬間のコマを表示するというのが難しく、表示させる前に次の跳躍になってしまう感じだった。
せっかくフィードバックできる環境があったのに、それができなかったのが残念。 ただ、中高生になると、目視でフィードバックしているので、自分たちの目を鍛えたほうがいいかもしれない……

その後、走高跳、中学生200mと進む。 200mでは決勝に残って、13時35分からの決勝を撮影したのだけど、なぜか上手く撮影できておらず…… 撮影開始ボタンを押してから5秒位で撮影が終了しており、それに気づかず、普通に選手が走っているところを追って、走り終わって録画ボタンを押して停止、そもそも撮れていなかったので、停止のつもりで押したボタンが撮影開始になって、そのまま電源切ったので、撮影が強制停止されて、結局スタート前の5秒、ゴール後の5秒くらいが撮れていた感じだった…… 予選ならともかく、大事な決勝が撮れなかった、しかも気付いたのは家に帰って動画編集しようとしたときだった。 選手やそれを見ようと思っていた人には申し訳ないことをしてしまった。

13時からリレーメンバーはウォーミングアップやバトン練習をして、15時半からいよいよレースが始まった。
今回1つのレースに4チームも出ているので、撮影で4チーム追うのは無理なので、6年生チームのみ追うことにしていた。 8月の大会では2,3年生チームを追ったので。 頑張れば6,5年生チームを追えそうだけど、両方追うと、両方中途半端になりそうな気がしたので…… なので、三女の走りは全く見ることができなかった。
全チーム失格にならなかったので、バトンのミスもなく、ゴールできたようで良かった。

続いて男子リレー。 こちらは1チームしか出場してなかったので、撮るのは楽だった。 2~3走のバトンがミスしそうになったが、なんとか乗り切ってゴール。 2チームが失格になるという荒れたレースだった。
こうして、高松市陸上競技選手権大会の2日間が終わった。 2日とも朝から最後までいたので、非常に疲れたが充実した2日間だった。

帰って動画編集したが、今日は本数が少なかったので、21時半くらいには終わった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。