富士山登山

くもりときどき雨家を出発してからのこと。
家を出たのは金曜日の22時40分。 時間的にちょっと早いので、一般道で鳴門北まで行き、そこから高速に乗る。 鳴門北に着いたのがだいたい0時10分くらい。
この時間の高速はガラガラで快適に進む。 交代で運転しながら、3時30分、養老SAに到着。 4時40分、神坂PAに到着。
しかしここで2人共眠くなったため少し仮眠。 気がついたら車は動き出していた。 7時、ようやく大月インターまでたどりついた。 あとはここから一般道で進む。
8時過ぎに河口湖付近に到着したので、まずは朝ごはん。 富士急ハイランドの脇にあった喫茶店で生姜焼き定食を食べた。
コンビニで登山に必要な食料などを買い込み、5合目まで行くスバルラインに向かって走る。
スバルラインへ

スバルラインの入口で駐車場が満車の旨がかかれたパンフレットをもらった。 駐車場が満車の場合、前にある路肩などに車を止めて、無料のシャトルバスで5合目まで連れて行ってくれるらしい。 できたら、5合目まで行きたいなぁ。
スバルライン

山道をグネグネ走り、もうじき5合目というところで、ついに流れが止まった。 駐車場待ちの渋滞だ。 駐車場の台数は決まっているので、車が出てこないと、中に入れてくれないらしい。
駐車場渋滞

しばらく待って、5合目駐車場にとめることができた。 今の富士山の天気はというと……曇り時々雨というところだろうか。 厚い雲がかかり、ポツポツと雨が降っている。 風もそこそこある。
富士山 富士山5合目

3連休ということだけあって、登山ツアーのお客さんがものすごいたくさんいる。 次から次へとバスがやってきて、どんどん人を下ろしていく。
たくさんの人 登山口

外国人もたくさんくるので、和式トイレの使い方が書いてあった。 こんな風に使う外国人がいるから書いてあるのだろうな……
和式トイレの使い方

天気が悪く、景色はあいにく……
5合目より 5合目より

オレらはご来光を山頂で見ることができる時間に合わせていくので、17時くらいに出発すればいいだろう。 時刻はまだ11時。 ほとんど寝ていないので、車の中で仮眠をすることに。 たっぷり5時間ほど寝られるのだから、車内ではやっぱり寝にくいね。 けど、それでも寝ないよりは全然マシだった。

たっぷり6時間ほど高度順応した、17時30分、ついに富士山を登り始める。
風が強いので、はじめからレインコート、ザックカバーを装着した状態で。
6合目まではなだらかな道が続く。 周りを歩いている人ははしゃぎながら登っている。 ものすごい軽装で登っている人もいる。
6合目へ 6合目へ

18時01分、6合目に到着。 さて、富士山はここからが本番だ。
今日は天気が悪くあまり上が見えないが、晴れた日なら、はるかかなた上まで見え、歩いても歩いてもそれが近くにならない、精神的な苦痛を伴いながら歩かなくてはならない。 その点、今日はよかったか。
6合目

何度か休憩を入れながら19時02分、7合目最初の山小屋に到着。
7合目へ 山中湖 7合目へ 7合目までもうすぐ 7合目

ここからは岩場を歩きながらしばらく山小屋が続く。 そしてこの辺りから強い雨が降り始めてきた。 風も強くなってきたのでなかなか歩きにくい。 さらに、渋滞も発生している様子。 これは時間かかるな……
日の出館、富士一館、東栄館と7合目の山小屋をいくつも越えて、8合目の太子館に到着したのが21時17分。
やはりかなり時間がかかっているな。 相変わらず雨は降り続いている。 軍手と手袋を持ってきているのだが、どちらも防水性がないため、濡らさないよう気をつけて歩いたり、途中で付け替えたりしながら歩いていた。
7合目 気圧変化の実験

8合目も山小屋がいくつか続き、白雲荘近くになって、ようやく雨が止み景色が見えるようになってきた。
蓬莱館では、ガスコンロを出して暖かい紅茶を飲んで体を温める。 さぁ、10合目はもうすぐだ。
8合目蓬莱館 小田原・御殿場方面の景色 白雲荘

白雲荘は広い休憩できるスペースがあって、たくさんの人が休んでいた。 しかし風が強すぎで止まっているとかなり寒い。
法外な値段 展望図 気圧変化の実験

そこからもどんどん登っていき、8合目最後の山小屋「元祖室」に到着。 標高は3250mらしい。
元祖室

なんだか、山小屋ばかりで、一つ一つの区間がとても短く感じるな~ 山から見える夜景はとても綺麗。
そして、本八合目ももうすぐ。
夜景

本8合目は2つの山小屋しかなかった。 「富士山ホテル」というのと「御来光館」というの。 富士山ホテルの方で休憩をしようとしたのだが、満席だったので、そのまま先を目指す。
本八合目 御来光館

本八合目から先は真っ暗な闇に包まれている。 上を見ても明かりが全然見えない。 途中で休憩する山小屋もなく、最後の難所だな。 人もそんなに居ないし、がんばるか。

歩くこと30分ほど、9合目の社があった。
9合目

10合目は近いな。 しかし上を見上げてもまだ何も見えない。 少し歩いていると、見慣れた鳥居が出現。 これを越えたら10合目はもうちょっとじゃん。 そして9合目から歩くこと40分、ついに10合目に到着した。
10合目の山小屋は全て閉まっている。 かなりの強風でじっとしていたら寒いな…… 山頂を目指すか、ご来光を待つかで、疲れてることもあるし、ご来光を待つことにした。 しかしどこに行っても強風で寒い…… どこか風のよけられるところを……と探し回ったが、風がよけられそうな場所はない。 仕方ないので、下山口付近に陣取ってご来光を待つ。 しかし寒いなぁ…… ガスを持ってきたのだが、寒すぎてつかないし……寒冷地用じゃないからかなぁ。
高い自販機

寒い中待つこと2時間。 気がついたら天候がものすごい悪化している。 先ほどまで綺麗に見えていた夜景が、30m先も見えないほどのガスに包まれている。 ガスに包まれているため荷物はビショビショ。 ご来光を待っていた人たちは何をやってるのか見に行ったら、相変わらず待っている様子だが、ツアーの団体さんたちはガイドの案内で山頂を目指さず下山していた。 山頂行くにもあまりの強風+視界不良になってしまったので…… ここから山頂まで普通に歩いて30分。 遠いな……
しかしせっかく来たのだから3776mに立ちたい。 が、今回は諦めて下山することに。 天候が悪化することがわかっていたら、先に山頂に行っていたのになぁ。 まぁ結果論だけど……

あたりはまだ暗い4時に下山を始める。 下に行ったら天気はいいのだろうか。 少し期待しながら下山道を降りはじめる。 しかし下山道はかなりの人ごみ。 登山道が混んでるからか、下山道を登ってくる団体ツアーまでいる始末。
1時間20分ほどかけて本8合目まで下る。 しかしまだ強風&ガスで寒い…
さらに下り、7合目より少し下に行ったあたりでようやくガスが晴れた。 そして景色も見れた!
富士山より 下山道 果てしない下 駿河湾

やはり少し曇り気味だが、とりあえず見れてよかった~ そして遥か下まで見えてしまったので、距離の長さにうんざりする。 毎回下山は下が見えるのだけど、なかなか近づかないからつらいんだよねー

下山し始めて3時間40分、ようやく5合目登山口まで戻ってきた。 そして眠い。
今回は山頂には立てなかったが、一応10合目までは登った。 条件も悪かったけど、よくがんばったと思う。 山頂は次回にお預けかなぁ。

コースタイム
17:31 5合目登山口
18:01~18:08 6合目
18:26~18:35 休憩
19:02~19:05 7合目目前で休憩
19:07~19:18 7合目日の出館
19:45~19:48 7合目富士一館
20:26~20:48 7合目東栄館
21:17 8合目太子館
21:33~22:15 8合目蓬莱館
22:37~23:05 8合目白雲荘
23:15 8合目元祖室
23:38~23:54 本8合目富士山ホテル
00:15~00:28 本8合目御来光館
01:00 9合目
01:37~04:00 10合目でご来光待ち
04:00 下山開始
05:23~05:32 本8合目
07:41 5合目登山口

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。