雨のこどもの国

雨今日はトライアスロンの練習会に行こうと思っていたのだけど、雨の為不参加に。 練習会で海で泳ぎたかったのだけど……この時期けっこう涼しい日が続いており、これくらいの気温と海の水温に耐えられるか、というのをやっておきたかった。 2週間後に開催される「すさきオープンウォータースイミング2017」に参加するのだが、10月末の水温がとても不安だ。 さらに距離も5kmと長く、2時間半近く海の中にいないといけないので耐えられるのかどうかが……

だが、雨になってしまったので仕方がない。 今日は長男と三女とこどもの国に行く。 ハローズで飲み物とお菓子を買ってから、お昼ごはんを食べに「ぼっこ屋」へ。 今日は寒いのでかけうどんと、ハムエッグの天ぷらを食べる。
かけうどん

こどもの国はしょっちゅう来ているし、今日は雨なので室内でしか遊べないから、あまり楽しめなかった感じはする。 12時過ぎから15時半くらいまで滞在してから帰る。
帰りに円座のラムーに寄って、夕飯の材料を買う。 まだ時間があるので、帰宅後は親子でクッキングを楽しもうと思っている。 ただ混ぜるとかじゃ面白く無いと思うので、こねるものを作ろうと思って、ハンバーグにした。 ただ、夕飯はハンバーグメインではなく、1人1個の一品としてなので、肉も1パックしか買っていない。
家に帰って、タマネギのみじん切りをして、肉に塩コショウ、卵黄、パン粉を混ぜたところでオレの仕事は終了。 よく捏ねるのと1人1つの造形は子供たちに作らせた。 「肉が冷たい」と騒いでいたが、楽しそうにハンバーグ作りをしていた。
けっこう時間があったので、他にもいろいろ作って、ジャガイモを電子レンジで蒸したり、焼き茄子をオーブントースターで作ったり、ナスの塩漬けを作ったり、鍋の素の残りでミニ白菜スープを作ったり、鯉の餌で買った麸の味噌汁を作ったりで、夕飯は盛りだくさんになった。

子供たちの作ったハンバーグはフライパンで炒めたのだけど、全然固められてなかったのが逆によく、とても柔らかくて美味しかった。
夜は録画した「陸王」という足袋屋+マラソンみたいなドラマを見る。 半沢直樹の作者と同じ人が原作らしく、物語も物々しい雰囲気で進んでいっていた。 銀行員は悪者っぽく描画されているけど、結構面白いな。
その後は映画を。 昨日「クリード チャンプを継ぐ男」という映画を見ていたが、半分くらいで眠くなって諦めてしまった。 今日はその途中から。
これはロッキーシリーズの番外編みたいな扱いの映画。 主人公は1話、2話で死闘を繰り広げ、3話ではトレーナーになり、4話では壮絶なシーンを演出した「アポロ・クリード」の息子。
ロッキーももちろん登場しているのだけど、もう70歳くらい? かなりの高齢で、病気を患ってしまっているし、全盛期のロッキーの姿はどこにもない。 ロッキーが主人公のトレーナーになって、現チャンピオンに挑戦する、という話だった。
が、番外編なので、あまり面白くなかった…… ストーリーもチンピラみたいなエピソードと、荒れ果てた町がロッキー1を彷彿させるけど、今の時代にはあまり合わないような感じがしたし(デトロイトとかはわからないけれど)、肝心の試合のシーンもどのロッキーシリーズよりも劣っていた…… ロッキーシリーズと別物で見れば違うのかもしれないけど、どうしても同じ目線で見てしまう。 ロッキーのテーマのトレーニングシーンも無かったし、試合中の感動シーンもなかったし…… まぁそんなで期待はずれな映画だった。 が、Yahoo映画を見ると、「ロッキーファンは絶賛」とか書かれていた。 登場人物は過去作と相関図かけるような人もいるので、知らないより知ってる人の方が楽しめるのは間違いが無いが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。