木下大サーカス

晴れ午前中は三女のスイミングでテストの日だった。 今回はクロール25mのテストだったのだけど、上手に息継ぎをしているように見えて、スピードもそこそこで、すんなり25m泳げていた。 無事テストは合格できたのだけど、本人曰く息があまり吸えずに苦しかった、と言っていた。 三女はところどころ左利きっぽい部分があって、今では右で投げているが、ボールを投げるのは最初左だったし、ボールを蹴るのも左だった。 ケンケンも右ではできずに左しかできない期間があったし、スイミングの息継ぎも左でする。 箸や鉛筆は右なのだけど、側転やスノボも、もしかしたら左利きの人の向きでするかもしれないな。

お昼からはイオン高松の駐車場で開催されている「木下大サーカス」を見に行く。 チケットを取るのが少々苦労していて、妻が会社で無料入場券を2枚もらってきた。 だが、自由席は正面どころか、ステージを時計として6時が正面だとしたら1~3時、9~11時の位置なので、全然見れたものじゃないだろう。
せっかくなのだから一番いい席で見たいと思って、リングサイドA席にすることに。 一番いい席といっても、2,500円なのでそれほど高額でもない。 指定席で一番安いのは1,500円なので。
指定席はリングサイドA~C、ロイヤルブルー、ロイヤルイエローとあって、リングサイドはその名の通りステージの目の前。 Aが正面、Bが正面の両隣、CがBの更に外側、というような感じで、リングサイドCになると視点は自由席と同じになるので、あまり意味が無いと思う。
ロイヤルブルーはリングサイドではないが、正面後方の席になって、そこそこ見やすいと思う。 リングサイドイエローはロイヤルブルーの両隣。
なので、きちんと見たい人の選択肢としてはリングサイドA、B、ロイヤルブルーと言った感じだろうか。
個人的にはリングサイドAじゃないと見る意味がないと思っていたので、リングサイドAを取ろうとしていた。 無料券の有効期限が10/26、つまり今日までだった。 チケットを買わないといけないなと思ったのが、10/17。 行くことが出来るのは土日で、指定席は4日前までしか買えない、無料券は26日まで、という条件なので、行くことが出来る日は必然と26日しかなかった。
チケットはオフィシャルサイト、ローソンチケット、チケットピア、イープラス、セブンチケット、楽天チケットで購入することができる。
最初オフィシャルサイトで買おうと思って、リングサイドAを3枚で指定したのだが、席が無く3枚は購入することができなかった。 2枚は購入できたが、あれよあれよという間に売り切れて、1枚すら購入することができなくなった。 ホテルの予約サイトみたいに、中央システムがあって、そこで残席管理していて、各システムがそこに繋ぎに行って残席確認、ロック、予約、ロック解除、のような仕組みじゃないと思ったので、別のチケット販売サイトで探すことに。 ローソンチケットはアクセス集中で残席確認すら出来ずに諦めた。 チケットピアは売り切れだった。 イープラスでは買えそうだったので、急いで会員登録して購入手続きをし、無事購入することができた。 まさかサーカスのチケットがこんなに売れているとは思っていなかった。 自由席無料券=入場券なので、もう1枚の入場券は発券手数料のかからない公式サイトで購入して、3人分のリングサイドA席をゲットした。

その木下大サーカスを見る前にお昼ごはんをイオン高松の1Fレストラン街で食べる。
サーカスは13時40分開演となっていたので、20分くらい前に到着してウロウロしていたのだけど、自由席の待機列はすごい人数の行列が出来ていた。 自由席なので早い物順なので、1時間以上前から並んでいる人とかいそうだ。 指摘席列は先に入れるし、急がないでも席が決まっているので、ゾウと写真撮ったり、お菓子やジュースを買ったりと、悠々と時間を潰すことができた。
席は正面の前から3列目だったが、普通に見ることができた。 開演前にピエロがウロウロしていて、子供たちをいじったりしてくれた。

サーカスは超人たちは技がすごすぎた。 体操選手も真っ青なバランスと腕力で演技する人がいたり、イスをひたすら積み上げてその上で逆立ちしてバランスをとったり、ノリノリの音楽の中凄まじいジャグリングを見せてくれるアルゼンチン人がいたり、命綱無しで大車輪で縄跳びや目隠しや逆立ちする男たちがいたり、直径5mくらいの円の檻の中でぶつかるスレスレで3台のバイクで走り回ったり、マジックショーで突然ライオンが出てきたり、マネキンが一瞬で人に変わったり、これだけ間近で見ているのにタネが全くわからなかった…… 普通は下から抜けたりするのだと思うのだけど、下に隙間が空いていて、人が通ったらバレると思うのだけど。
後半の最初は動物ショーだったのだけど、ライオンを自由自在に操ったり、どうやってライオンをしつけてるのかもわからないし。 フィナーレは空中ブランコで、空中ブランコ自体はすごかったのだけど、いわゆる空中ブランコほどの迫力とスピード感は無かったかなと感じてしまった。
休憩20分含む、2時間ほどでサーカスは終わって、自分も子供たちも大満足していた。 サーカスって面白いなぁ。
木下大サーカス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。