有明クロスカントリー ファミリーの部

晴れ今日は「有明クロスカントリー ファミリーの部」に長男と三女と出場する。 ファミリーの部は参加費無料で、公式な順位やタイムはつかない種目となっている。 10時半までに受付をすればOKなので、9時に家を出発すればいいかな、と思って8時過ぎに起床した。

円座のマックでホットコーヒーを注文して、高松西ICから高速道路でさぬき豊中ICまで。 一般道を15分くらい走って会場である観音寺中学校に到着。
受付を済ませて、レースが始まる11時20分までは中学校の鉄棒や走り幅跳びごっこをして遊んでいた。 今日は太陽がポカポカで気温も高く、非常に暖かいな。

ファミリーの部は20組くらい出ていたのかな? 昨年はスタートダッシュした子に三女がついていってしまい、スピード落とすように言っても全然落とさず、後半バテバテだったのだが、今回は「スタートダッシュしないように」と何度も言ってある。 だが、スタートの号砲と同時に飛び出す子がやはりいて、それについてはいかないものの、かなりのハイスピードでのレースの入りとなった。
三女に「速すぎる、もっとゆっくり」と言っても「速くない」と言い張ってそのまま走っていく。 400mくらい舗装路を走り、350mくらいが松原の不整地、250mくらい舗装路でゴールのようなコースなのだけど、松原の途中で三女はバテ気味だった。
だが、もう頑張ってもらうしかないので、「頑張ろう頑張ろう」と言いながら不整地を抜けて、ラストの舗装路は前に他の子が見えているので「あの子を抜かそう」と言って頑張らせて、最後の直線も全力で走ってゴール。 公式タイムはないのでスマホ計測だけど、4分50秒だった。 順位もつかないのだけど、着順では5番目で、「5」と書かれた小さな紙をもらった。 表彰などもなく、完走者全員に本物の賞状で作られた完走証が渡された。 1km5分切れたのはよかったな。 前半もうちょっとペース落とせたら、あと10秒くらいはタイム縮まったんじゃないかとは思うが、それはなかなか難しいかも。 周りの人につられるのは何度も経験したり、かなり意識して走らないと、大人でも難しいので。

レース後はお昼ごはんでも食べようと、瀬戸内海側の道路を走っていたら、偶然にも「父母ヶ浜」があった。 香川の「ウユニ塩湖」と呼ばれていて、水面に反射したインスタ映えした写真を撮るために香川県外からも多くの観光客が訪れる人気スポット。 実際はかなり努力しないとインスタ映えする写真は撮れないのだが。
せっかく来たのでちょっとだけ砂浜を歩いてきたのだけど、今日は風があり、水面が揺れていたので綺麗な写真を撮るのは難しいだろうな。 あと、干潮時刻と太陽の位置を考えないといけないので、2週間に1回くらいしか、ベストな日はなさそうだけど、たくさんの人で賑わっていた。
父母ヶ浜

詫間の方まで抜けたが、途中にご飯を食べる店はなく「ピカソ」というスーパーマーケットのお弁当をお昼ごはんにすることになってしまった。 今日も正義マンは登場せず、というか、田舎のスーパーなので全然人がいなかった。

お昼ごはんを食べたあとは「道の駅ふれあいパークみの」に併設されている公園に。 ここは夏に一度来たことがあって、子供向けの遊具が充実している、ちょっと古いけれど。
13時半~16時半くらいまで遊んで、前回は混みすぎていて乗れなかった周遊モノレールにも乗って、公園を満喫していた。
道の駅ふれあいパークみの

帰りは善通寺ICから高速道路で高松西ICまで走って帰宅。 今夜はジョギングいかず、明日から本に従ってトレーニングを頑張る。
夜は、23時位から録画したニューイヤー駅伝を見ていたのだけど、3区途中で非常に眠くなって、見るのを止めて寝ようかと思って歯磨きをしに行ったのだけど、洗面所の寒さで目が覚めて、見るのを継続した。
4区まで見ることができて、今年はどこのチームが勝つのか楽しみだ。 中継車からの映像だと、選手はそんなに速く走ってないように見えるけど、リポートバイクからの映像だと、メチャメチャ速いのがわかる。
キロ2分50秒くらいで走るなんて、信じられないな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。