【徳島】中尾山~赤帽子山~丸笹山

晴れ今日も登山に行く。 朝4時50分起床、5時5分出発。
昨日譲り受けたパジェロミニで出発。 やっぱり軽自動車だね。 時速70kmくらいだすと、けっこうしんどくなってくる。
ただ、ハンドルはめちゃめちゃ軽く、小回りもきくので、山では軽のほうがいいかもしれない。
ミッションには四苦八苦しながら走っていく。 何度もエンストしたが…

剣山方面に走り、しばらくして誰もいない中尾高原「平成荘」に到着。
平成荘

ここの駐車場に止めて登山の準備。 さぁ出発だ。
出だしでいきなり道を誤り、そのまま舗装された道路を10分ほど歩いていってしまった。 気づいて引き返してきたが20分のタイムロス。 車止めたところから、そのままグラススキー場に上がればよかったのに……

グラススキー場には雪がうっすらと積もっていた。
グラススキー場

グラススキー場の脇の道を歩き、スキー場の一番上まで歩いていく。 スキー場の一番上から登山道に入っていく。 もう雪は全く無いと思っていたのだが、予想外の雪にワクワクしてきた。 今週ずっと雨だったから、こちらでは雪が降っていたのかな?
登山道

中尾山まではけっこう登る人がいるのか、案内板がけっこう有り、道も整えてあった。
しばらく歩き「天望台」に到着。 誤字じゃなくて、このような感じで書いてあった。 景色ではなく、星々を眺めるのかな。 おしゃれだ。
天望台

中尾山の山頂はここから北に少し行ったところらしい。 赤テープを目印に、山頂到着。
中尾山山頂

樹木に覆われて景色はほとんど見えない。 天望台まで戻って休憩に。

さて、ここからはけっこう長い距離を歩くことになる。 まずは赤帽子山まで、コースタイムで1時間半。 そこから、丸笹山まで、1時間半。
帰りは、丸笹山~赤帽子山まで1時間20分、赤帽子山~中尾山まで1時間10分となっている。
行きも帰りもあまり時間が変わらないから、そんなに高低さのない道なのかな? そのぶん距離が長いな、これは。

休憩を終え赤帽子山に向かって歩いていく。 太い尾根の雪の道を歩く。 気持ち良いなぁ。
赤帽子山への道

上を見上げると、キラキラと輝く樹木が。 枝先は凍り付いていて、太陽の光を浴びて溶け始めている。
凍りつく樹木

しばらく歩き、剣山方面が綺麗に見える場所までやってきた。
一ノ森~剣山

あちらも少し雪が積もってそうだ。 まぁ北斜面だからなぁ。 頂上から向こうは全く積もってないかもしれない。

道は樹林帯から笹地帯に変わった。 そして登りの傾斜がきつくなってきた。
樹林帯と笹地帯の境目 笹地帯の登り

どんどん標高をあげていく。
笹地帯の登り2

上の方になったら、面白い植物が。 植物の先が凍りついていてなんとも奇妙な光景。
先端が凍りついた植物

そして、赤帽子山山頂に到着。
赤帽子山山頂

ここはメチャメチャ景色が良い!
落合峠方面 剣山~丸笹山

ここで少し休もうかと思ったが、雪もあるし、休めそうな場所がなかったので、そのまま進むか。
丸笹山に向けての道を歩いていたら、視線を感じた…… その方を見てみると、なんとニホンカモシカが!
ニホンカモシカ

先々週、一ノ森に行ったとき偶然見て超ラッキーと思っていたのだが、また遭遇するとは超ラッキー!

少し歩いて行くと、国道439号線に降りる道と合流した。 綺麗な樹林地帯が続く。
樹林地帯

夫婦池からの道と合流し、最後の上りが始まった。 これを越えたら山頂だ。
丸笹山山頂直前

そして丸笹山山頂に到着。 赤帽子山からとは角度が変わったので、次郎笈が見える。
丸笹山山頂

ポカポカで暖かかったので、スーパーのビニールを敷いて横になった。 気持ちいいなぁ。 やっぱりシートはいるなぁ。
ゆっくり休憩して、帰ることに。

まずは赤帽子山まで。 登り返しが結構つらい。 赤帽子山を越えて、中尾山を目指す。
朝はけっこう積もっていた雪も、かなり溶けてきている。 こんなに早く溶けてしまうものなのだろうか?

中尾山の天望台で休憩して、グラススキー場まで戻ってきた。 朝とは景色が全く違う。
グラススキー場

予想外の雪ととてもいい天気、静かな山を楽しめた。
標高差は少なかったが、距離が結構あったためか、右膝が痛くなってしまった。
剣山系の山では少し低い山々だったけど、また違った景色を楽しめた。

本日のコースタイム
07:35 平成荘
07:55 道を間違えて再び平成荘
08:39 天望台
08:44 中尾山
08:50~08:56 天望台
10:03~10:10 赤帽子山
11:05~11:13 1619m地点
11:54~12:45 丸笹山
13:56 赤帽子山
14:52~14:59 天望台
15:30 平成荘

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。